四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

手の遅れた穴熊

 27日のC級1組順位戦第五回戦、千葉-飯島戦より。得意の四間飛車に振った千葉五段に飯島五段は居飛穴で対抗…と思いきや本局の出だしは▲7六歩△8四歩▲5六歩△8五歩▲7七角△5四歩に▲8八飛。急戦調の将棋になりやすい向い飛車だがこの将棋は持久戦となり、先手の▲6五歩に対して居飛車が即座に△6四歩と反発、互いに6筋に戦力を集中させて第1図を迎える。
 後手の手が遅れているのは△2四角と序盤に上がり、▲2五歩と突かれてさらに手損しているため。5一角も違和感のある形で(とはいえ△4二角と引いていたら千葉五段も▲6五歩と突かないかもしれない)、今後の戦いにどう影響するか。ともあれ最初から四間に振った将棋と思って見ていきたい。

第1図  第1図以下の指し手
       △3三角 ▲5九角 △6五歩
 ▲5七銀 △4五歩 ▲7七桂 △5五歩
 ▲4五歩 △5六歩 ▲同 銀 (第2図)

 第1図から単純に△6五銀で良ければ居飛車も話は早い。▲同銀△同飛はまずいので▲5七銀と引き、△6六歩にも強く▲同銀△同銀▲同角と進めば、△5八銀は打たれるものの後手は歩切れで後続手段がなく面白くなさそう。手順中▲6六同銀に△7六銀も▲5九角と引かれては戦果を上げているとは言えない。以上のような読みをふまえての△3三角だろうか。
第2図 ▲5九角に△6五歩▲5七銀△4五歩と後手は攻めの矛先を変える。▲7七桂の受けに単に△4六歩と取り込み、▲同銀なら△6六歩、▲同金なら△5五歩もあったと思うが、実戦は△5五歩以下第2図へと進んだ。

  第2図以下の指し手
       △5二飛 ▲3七角 △5五銀
 ▲同 銀 △同 角 ▲同 角 △同 飛
 ▲5六歩 (第3図)

 第2図で重く△5五歩はどうか。その瞬間▲2六角は△5二飛▲6七銀△5六歩でやぶへび。
第3図 よって▲6七銀の一手に△5三銀と後手も引き、5四銀型の好形を目指す。振り飛車側によく生じる手順だが、そこで▲7五歩と桂頭を突かれて居飛車としてはつまらない展開か。
 本譜は△5二飛▲3七角△5五銀と5五の地点で居飛穴らしくシンプルに駒の交換を果たしたが、▲5六歩に飛車の行き場所が難しい。

  第3図以下の指し手
       △4五飛 ▲4六歩 △2五飛
 ▲2六歩 △2四飛 ▲6五桂 △5八角
 ▲6六飛 (第4図)
第4図 △5二飛や△5四飛は▲6三角、△5三飛には▲6五桂がある。△5一飛▲6二角に△6四角と切り返しても2六に成れる形なので効果が薄い。
 引く手はダメと見て△4五飛に▲6三角の両取りが見えるが、飛車切りを警戒して▲4六歩と手堅く打つ。△2五飛▲2六歩△2四飛と僻地に追いやって▲6五桂と跳ねれば、△5八銀の筋もそれほど怖くない。△5八角▲6六飛と進んだ第4図で△7七銀なら飛車を殺せるが、そこで▲5三桂成が絶好の一手となってしまう。実戦は△6五桂▲同飛△3五歩に▲6二飛成と成り込み、先手はっきり優勢となった。

 以下後手も決め手を与えない粘り強い指し回しを見せ、互いに自陣竜、自陣馬を引き合う熱戦に。長手数の将棋となったが結果は千葉五段の勝ち。終盤は差が詰まった気配もあるが、逆転までには至らなかったようだ。
 序盤は結果的に後手が手損をした格好となっており、最初から四間飛車だったと仮定しても第1図のようになるなら不満のない進行である。とはいえ文中で触れた通り居飛車の攻め筋が他にもいくつか考えられ、駒組みの遅れが即敗因に結びついたというわけでもなさそうだ。
 一敗対決を制した千葉五段はこれで四勝目。降級点を消すだけではなく、さらに上の目標に向かっての活躍を期待したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/117-6d6177f7