四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手新鷺宮定跡 対 後手四間飛車 ▲3一馬

 前回の研究では第1図から▲3二歩と垂らす手を調べてみたが、歩切れを突いて△3九角成と飛車を取られてうまくいかなかった。そこで今回は▲3一馬と飛車を取りに行く変化を研究してみたい。
第1図  第1図以下の指し手2
 ▲3一馬 △1九角成▲4二馬 △同 金
 (第2図)

 ▲3一馬に対して飛車を逃げていては▲2二馬と銀取りに引かれてしまう。よって△1九角成はこの一手だ。
 先手も▲4二馬と飛車角交換を果たして第2図。ここから先手はどのように攻めるか。

  第2図以下の指し手その1
 ▲2一飛 △3二金 ▲4一飛成△3四香
 (第3図)
第2図
 まずは平凡に▲2一飛と銀取りに打ってみる。対して△3二銀と引くのは▲1一飛成が香取りとなって後手つまらないので△3二金と受ける。そこで▲3四歩と攻めるのは△同銀と取られ、▲4一飛成には△2三銀と戻しておいて再び3四に打つ一歩がない。また▲4一飛成のところ▲2四飛成と成り返るのは、力強く△2三金と上がられて竜が自陣に押し戻されてしまう。
 そこで▲3四歩を含みに単に▲4一飛成と竜を作っておく。これに対して△5五歩もありそうだが、ここは得した香車を△3四香と打って相手の手を殺すのが分かりやすい。
第3図 第3図となっては先手に有効な手段がなく振り飛車良し。第2図で▲2一飛はうまくいかないようだ。

  第2図以下の指し手その2
 ▲3四歩 △2五桂 ▲3五飛 △4四角
 ▲4五飛 △4三歩 (第4図)

 第2図から先に▲3四歩と打つ手はどうか。△同銀は▲2二飛と打たれてまずいので△2五桂と逃げる一手。ここでも飛車打ちを含みにして先手は単に▲3五飛と走る。
第4図 対して△3二銀と引く手も味が良い。▲2三歩と垂らされる手が気になるが、強く△同銀と取って▲3三歩成には△4四角がある。本手順は先に△4四角と打っておき、▲4五飛に△4三歩と受けておいて第4図。依然として香得を維持している上に桂馬が2五に跳ねてさばけており、居飛車の4五の飛車も目標にできそうな振り飛車の指せる局面である。
 第1図から▲3一馬もやはり振り飛車良しとなった。次回は▲3五飛と走る手を研究してみる。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/116-7b6ffc15