四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプルロケット砲、炸裂の巻

 引き続きC級2組順位戦第四回戦より、所司-室岡戦を見ていきたい。室岡七段の藤井システム模様に対して、所司七段は▲5五角と出る手で対抗。途中までは第14期竜王戦七番勝負の第1局羽生-藤井戦と同一の進行を見せたが、後手が変化して第1図を迎える。次に△3五歩と突かれては面白くないと見たか、ここで先手から討って出た。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 角 △2二飛
 ▲4二角成△2八飛成▲5二馬 △同 銀
 ▲1七角 (第2図)

 居飛車の方から動くとすれば▲2四歩しかないところ。△同歩▲同角△2二飛に▲2五歩と打つつもりなら仕掛けるわけもなく、▲4二角成は騎虎の勢いだ。飛車金交換の駒損になり一見して無理筋だが、彼我の玉形の差と第2図の▲1七角に先手は期待した。
第2図  第2図以下の指し手
       △1七同竜▲同 桂 △2九飛
 ▲2五飛 △同 飛 ▲同 桂 △2二飛
 ▲3一飛 △2五飛 ▲3四飛成△2九飛成
 ▲4四竜 (第3図)

 △1七同竜▲同桂に△2九飛は攻めというより自陣に利かせた飛車打ちだが、▲2五飛と合わせるのが手筋の一手。当然これは後手も読み筋で、△同飛成▲同桂に今度は△2二飛と自陣飛車を放つ。とにかく飛車打ちを消して相手の攻めさえ封じれば駒得が活きるという大局観だ。
第3図 対して▲2六歩と桂取りを受けるようでは△3七角くらいで完封されてしまう。▲3一飛に△4三角と受けに徹するのは▲2三歩があるので△2五飛と桂馬を取り、▲3四飛成を許して銀を取られたとはいえ後手陣は意外としっかりしている。ここから振り飛車の反撃が始まった。

  第3図以下の指し手
       △9五歩 ▲同 歩 △9七歩
 ▲同 香 △9五桂 ▲8六銀 △9七桂成
 ▲同 銀 △9二香打▲4五竜 △1九竜
 ▲2二歩 △9三香打(第4図)
第4図 △9五歩と振り飛車側から端攻めをするのがうまい。△8五桂に対して後手は歩切れなので▲9六香とかわす手もありそうだが、△2二角と打たれ▲4五竜に△6六角と出る手があり支えきれないか。
 ▲8六銀打と使わせて△9七桂成▲同銀に、取ったばかりの香車を9二に打ち据える。▲4五竜に△9五香を急ぐのは豊富な持ち歩を使われて端を逆襲される可能性があり危険、何より先手に早い攻めはない。焦らず△1九竜と補充し、さらに△9三香打とトリプルロケット砲を完成させて第4図。以下△9八香成を実現し、△9九角と打つ手が厳しく室岡七段の勝ちとなった。
 
 自身の活躍もさることながら、数多くの著書や弟子の育成で名高い所司七段。第1図での▲2四歩以降は比較的一本道で先手にこれといった悪手も見当たらなかったが、とすると仕掛けそのものがやはり無理だったということだろうか。
 対する室岡七段は四間飛車の採用率が高く、筆者の注目している棋士の一人である。今期三連勝で迎えた本局も見事な指し回しを見せたが、特に第3図からの囲いの金銀四枚を相手にしない端攻めはお手本とすべきであろう。香車三枚を並べてなおかつ快勝という、振り飛車党にとっては思わずニヤリとさせられる好局であった。

 追記:第2図から第3図に至るまでの途中、△2二飛と打つ手で後手が優勢らしい。『近代将棋12月号』より。
スポンサーサイト

コメント

私の好きな戦法^^

トリプルロケットは、私が対居飛穴で良くやる戦法です^^。
決まれば相手を受けなしに追い込めるので、すごく気持ちがいいです。
目標は4段ロケットです^^。 (*^▽^*) ハハハ!

  • 2005/09/27(火) 08:24:50 |
  • URL |
  • 江戸川と金 #cQ8/aP3U
  • [ 編集]

Re:私の好きな戦法^^

 前のコメントでも端攻めの話をしたことがありましたね。
 この将棋は対左美濃ですが気持ちよく決まり、並べていて爽快な気分になりました。

  • 2005/09/28(水) 03:12:53 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/115-644f3077
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。