四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬、角、竜の三段切り

第1図 前日に続いて片上-中村亮戦を見ていきたい。第1図は次に△6五歩を見せられて居飛車が忙しい局面だが、ここから強引とも受け取れる動きを見せる。

  第1図以下の指し手
 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 角 △同 銀
 ▲同 飛 △4六歩 ▲同 歩 △3三桂
 ▲2二飛成(第2図)

 先手は▲2四歩△同歩▲同角を決行するが、採算があっての攻めとは思えない。△同銀▲同飛に△4六歩と後手は突く。
第2図 これを手抜いて▲2一飛成はないのだろうか。△4七歩成とされても6九銀型が幸いして△5八とを▲同銀と取れる形だが、本譜はと金を作られるのを嫌ってか▲4六同歩。ただし後手にも△3三桂と味良く逃げられてしまった。

  第2図以下の指し手
      △4八角 ▲3五歩 △3七角成
 ▲3四歩 △4六馬 ▲3三歩成△7九馬
 (第3図)

 △4八角に▲3五歩とお互いに桂馬を取りに行くが、後手の方が先んじている。
第3図 一直線に手は進み、▲3三歩成の瞬間に△7九馬が豪快な一手だ。

  第3図以下の指し手
 ▲7九同銀△4九飛成▲6八銀直△8六歩
 ▲同 歩 △6六角 (第4図)

 第3図で▲4三とと飛車を取るのは△6九馬とはがされ、次に△8六歩が厳しい。▲7八銀と受けても△同馬▲同金にやはり△8六歩が△6六角の筋を見て痛烈だ。△6九馬に▲2九竜と自陣に引くのが一番頑張れそうだが、後手陣に迫る手がなくなりこれでは勝てないとしたものだ。
第4図 やむを得ない▲7九同銀に△4九飛成が銀取りとなるのが大きい。▲6八銀直の受けに△8六歩▲同歩と突き捨ててから△6六角と、今度は角捨ての強襲が出た。

  第4図以下の指し手
 ▲8八銀打△7七角成▲同銀右 △8七歩
 ▲同 銀 △7九竜 ▲3五角 △7七竜
 ▲同 桂 △8八歩 ▲同 玉 △6七金
 (第5図)

 ▲6六同金は△8七桂と打たれて寄り筋に入ってしまうため、先手はこの角を取れない。
第5図 ▲8八銀打の粘りにも△7七角成と切り落とし、△8七歩が痛打。▲同銀△7九竜に▲3五角と攻防に利かせて望みを託すが、△7七竜▲同桂に△8八歩が手筋の一手で決め手。▲同玉と逃がす感触が悪そうだが、△6七金と打った第5図では角の利きが消えた瞬間に先手玉は詰んでしまうため▲6二角成と攻めることができない。
 以下は数手で先手玉に必死がかかって中村四段の勝ち。前期次点の片上四段にとっては手痛い二敗目となってしまった。
参考図 二日に渡って本局を見てきたが、△4一飛~△5一角型からうまくペースを掴み、終盤も大駒の三段切りを見せた中村四段の快勝譜と言って良いだろう。対する居飛車は▲4八銀と引いて5九~5八~6九と組み替えた形は確かに固いが、攻め味がなくなっており疑問の構想だったのではないだろうか。
 17日の近将カップでも中村四段は同じような駒組みを見せたが、対戦相手の野月七段は参考図のように5筋の位を取る形でこれに対抗、勝利を収めている。有力な対策となるかもしれず、今後の研究課題であろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/113-24b51e2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。