四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

△3三銀型四間飛車、居飛穴を翻弄

第1図 20日に行なわれたC級2組順位戦第四回戦より、片上-中村亮戦を取り上げる。竜王戦では後手四間飛車を連採した片上四段だが、本局は中村亮介四段の四間飛車に対して居飛車側を持つことになった。第1図は四間飛車対居飛穴でよくある序盤の形だが、ここから珍しい進行を見せる。

  第1図以下の指し手
       △4一飛 ▲9九玉 △5一角
 ▲8八銀 △6三金 ▲6八角 △5四歩
 ▲4八銀 △3三銀 (第2図)
第2図 △4一飛~△5一角が独特の駒組み。先手は▲8八銀と穴熊のハッチを閉めた後、▲6八角~▲4八銀と角筋を通して次の▲2四歩を見せる。対して△8二玉▲2四歩△同歩▲同角△3三桂▲6八角△2五歩のように受け流す順もありそうだが、そこで▲3六歩と桂頭攻めを含みにされて振り飛車つまらない展開か。△3三銀と上がった第2図は一目悪形だが、これで居飛車からもすぐに攻める手はない。
 実戦はここから▲5九銀△8二玉▲7九金△8四歩▲5八銀△8三銀▲3六歩△7二金と進んで第3図を迎える。
第3図 片上四段はここで▲3七桂と跳ねたのだが、▲3五歩と突く手はないだろうか。次に▲3四歩△同銀▲2四歩があるので△3五同歩が第一感。▲同角に△3四歩では先手の主張が通ってしまうので(とはいえそれでも一歩手にして次にどうするか、が筆者には見えない)△3四銀▲6八角に△3五歩と抑え込みに行く。そこで▲2四歩と突き、△同角なら▲3六歩と強引に角交換を狙って手にできそうだ。△同歩にも▲2二歩が△3三桂に▲2四飛があってうまそうだが、△2五歩と突かれて▲2一歩成△同飛となった形は「桂得だが歩切れかつ飛車先を逆襲されて不利」という典型的なパターンだ(参考1図)。
参考1図 以上のような変化を想定しての▲3七桂ということなのだろうか。居飛穴党の意見も是非伺いたい。筆者なりに結論を導き出したところで実戦の進行に戻る。

  第3図以下の指し手
 ▲3七桂 △4五歩 ▲6九銀 △4三飛
 ▲1六歩 △7三角 ▲2七飛 △8五歩
 ▲7七金 △6二金引▲1八香 △8四角
 (第4図)

 ▲3七桂に△4五歩と突いておけば、▲3五歩△同歩▲2六飛の筋に△6二角で対応できる。
第4図 ▲6九銀と固めた手はともかく、次の▲1六歩はあまり必然性を感じない端歩。△7三角▲2七飛に△8五歩と伸び伸びした形を振り飛車に築かれてしまった。▲8六歩と先に突いておいて、銀冠穴熊を目指す方が優ったのではないだろうか。
 ▲2四歩△同歩▲同角は△6五歩で無理筋となる。▲7八銀とさらに固めないのは後で5八と、のような形になるのを警戒した意味だろうか。▲1八香は苦心の手待ちだが、△8四角と出られて次の△6五歩が厳しくいよいよ居飛車が忙しくなってしまった。
 長くなってきたので第4図以降は明日掲載する予定である。ここまでは中村四段がうまく指している印象を受ける。△3三銀型侮るべからず、といったところか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/112-bc1fd869