四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜王いわく「やんなっちゃった」

第1図 18日に行なわれた日本シリーズの藤井-渡辺戦より。竜王に渡辺明ブログで「やんなっちゃった」と言わしめた藤井九段の作戦勝ちから振り飛車がペースを掴み、局面は第1図を迎える。▲3四桂は上手く防がれたが…。

  第1図以下の指し手
 ▲4六角 △5五歩 ▲同 歩 △8一飛
 ▲5六金 △5一飛 ▲4五金 △5三銀
 ▲3四金 (第2図)

 ▲7三歩成△同銀▲7一角成は今一つ成果が上がらない。先手はここで▲4六角と引いた。
第2図 △5五歩の受けにもじっと▲同歩。次の▲5四歩が厳しいため△8一飛と当たりを避けるが、そこで▲5六金が当然ながら盤上の駒を活用して味の良い一手だ。△5一飛▲4五金と進み、後は7六の銀を6七~5六と活用できれば言うことなしだが、後手も△5三銀と上がり△4四銀~△5五銀を見せてその暇を与えない。とはいえ▲3四金と馬を殺して先手は優位を維持している。

  第2図以下の指し手
       △4四銀 ▲3三金 △同金右
 ▲7三角 △3一飛 ▲4五歩 △5三銀
 (第3図)
第3図
 △4四銀に▲3三金△同金右▲7三角は△5五銀を防いでこの一手。△3一飛に続いて▲4五歩△5三銀と銀も撤退させた第3図は振り飛車好調だが、本譜ではここで▲5四歩と突いたのがJT将棋日本シリーズの先崎八段の講評によると「欲張りすぎの手で、いわゆる指しすぎ」とのこと。銀得を果たして自然な手に見えるが、以下後手にと金を作られ難しくしてしまった。
 実戦はこの後、飛車金交換になるもののせっかく作ったと金を消してしまうという敗着が渡辺竜王に出て結果は藤井九段の勝ち。
 駒得に目がくらんだ手がいずれも悪手、というのが何やら示唆的な印象を受けるが、第3図で先手は▲5四歩の代わりにどう指すべきか。欲張った手が指し過ぎになるのだから、理屈からいけば正着は落ち着いた手ということになる。前に述べたように▲6七銀と盤上の駒を活用するか、▲8四角成として馬を自陣に利かせるか。▲7三歩成や▲7五馬など次の狙いがある後者が本命だと筆者は思う。
 巧みな作戦勝ちから上手く打開を図り、第1図からの金の活用と、藤井九段が持ち味を発揮した一局。敗れた渡辺竜王も来期出場権を確保するべく、挑戦者も決まった初防衛戦で本局の敗戦を払拭して頂きたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/111-d55d546a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。