四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤井九段がNHK杯に登場

第1図 18日に放送されたNHK杯トーナメントの藤井-有吉戦より。藤井九段の四間飛車に有吉九段は8四歩型のまま△7二飛と回り、5五~8二と角を展開する工夫した作戦に出る。第1図は△4三金と後手が上がったところだが、このまま玉を固めさせるような藤井九段ではなかった。

  第1図以下の指し手
 ▲8六歩 △7三角 ▲8八飛 △8二飛
 ▲5六銀 △5一角 ▲6五銀 △7二飛
 ▲8五歩 △同 歩 ▲同 飛 △8四歩
 ▲8八飛 (第2図)
参考1図 ▲8六歩と突いて次の▲8八飛を見せるのが機敏な一手。本譜は△7三角と受けたが、ここで△7五歩はどうだろうか。
 △7五歩▲同歩に△同飛なら▲7八飛、あるいは▲7六歩△7四飛と収めて▲8八飛で良いだろう。飛車交換を見せる前者、△7三桂を強要する後者、いずれも居飛車は8二の角が負担になっている。
 △7五歩▲同歩△6四銀には▲8五歩と突く。△同歩は▲8四歩の垂らしが厳しく先手良し。△7五銀▲8四歩△7六歩には▲9五角がぴったりで、以下△7三角(▲8三歩成なら△9五角がある)にも▲8八飛と回っておく(参考1図)。
参考2図 参考1図から△8二飛に▲8三歩成は△9五角▲8二と△7七歩成で面倒なことになるので、焦らず▲7四歩△5一角(△8四角は▲同角△同銀▲8三歩△同飛▲7二角)▲9六歩と指すのが良い。角にヒモをつけて次こそ▲8三歩成が厳しく、かと言って△8四銀と歩を払うのも▲同角△同角(△同飛は▲同飛△同角に▲8二飛△6二角打▲8五歩がある)▲8三歩△同飛▲7五銀で後手は受けに窮する(参考2図)。
 以上のような変化を踏まえての△7三角と思われるが、本譜は▲8八飛以下先手は利かすだけ利かせて結局8筋の歩を切ることに成功、第2図となってはひとまず満足である。
第2図
  第2図以下の指し手
       △7五歩 ▲同 歩 △同 飛
 ▲5六銀 △7二飛 ▲6五歩 △3三桂
 (第3図)

 △7五歩では△5五歩と銀を捕獲しに行く手が気になる。解説では▲8二歩と打つ手に触れていたが、確かに△7三桂なら▲7四銀△8五桂▲同銀△同歩▲同飛で歩切れの後手は受けが難しい。しかし△6四歩▲8一歩成△6五歩と進み、そこで▲9五角なら△6六歩、▲6五歩なら△7五歩で難しいように思える。
第3図 実戦は7筋の歩を交換して来たので▲5六銀と引いて一安心、第3図からも先手は巧みに手を作る。

  第3図以下の指し手
 ▲8五歩 △同 歩 ▲同 飛 △8四歩
 ▲7三歩 △同 角 ▲7五飛 △2一玉
 (第4図)

 一度切った歩を再び合わせるのは不思議な感触だが、△8四歩に▲7三歩が軽妙な一手。普通は△同飛▲8四飛△7七飛成でダメとしたものだが、この場合は▲8二飛成が王手となる。
第4図 よって△7三同角はやむを得ないが、▲7五飛と回って一歩を犠牲に好形を築き、間接的に玉のわき腹が空いているのを咎めた形となった。それを気にしてか後手は△2一玉と引いたが…。

  第4図以下の指し手
 ▲3五歩 △3二金 ▲3四歩 △同 金
 ▲7三飛成△同 飛 ▲5二角 (第5図)

 先手は追撃の手を緩めない。▲3五歩が急所で、△同歩は▲3四歩が痛烈。△同金なら▲7三飛成~▲4三角で両取りがかかってしまう。
第5図 △3二金と固めた手にもやはり▲3四歩の取り込みから▲7三飛成と豪快に切り、▲5二角と打って第5図。この金取りが後手は非常に受けにくい。
 本譜はここから△2四飛と粘るも、もう一つの狙いである▲7四歩△同飛▲6三角成が厳しい。以下先手の快勝に終わった。
 序盤から積極的に動いて優位を築いた藤井九段、その指し回しは全ての振り飛車党のお手本である。敗れたとはいえ有吉九段も七十歳とは思えない若々しい姿を見せ、火の玉流健在を将棋ファンにアピールしていた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/109-5eedcb6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。