四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

四間飛車 in C級1組第四回戦(2)

第1図 C級1組順位戦よりさらにもう一局、塚田-窪田戦を取り上げてみたい。窪田五段の四間飛車に対して塚田八段は左美濃を採用、▲4六銀と上がっての仕掛けは昔から得意としている形だ。

  第1図以下の指し手
       △3二銀 ▲3五歩 △4五歩
 ▲3三角成△同 銀 ▲5五銀 △3五歩
 ▲6四銀 △6三歩 ▲5五銀 △5四歩
 ▲6六銀 △6四角 (第2図)

 第1図で△3二銀と引き、▲3五歩に△4五歩と反発するのは振り飛車の常套手段である。
第2図 ▲3三角成に△同桂は▲5五銀~▲6四銀と一歩持たれて桂頭に不安が残る。本譜の△3三同銀に▲3四歩は△4六歩▲3三歩成△同桂で面白くないため、▲5五銀と出て△3五歩▲6四銀とやはり一歩かすめ取る展開となったが、銀を追い返しての△6四角が後手期待の一着だ。

  第2図以下の指し手
 ▲5五歩 △4四銀 ▲2四歩 △5五銀
 ▲5三歩 △5一金引▲2三歩成△6六銀
 ▲2六飛 △5五銀 ▲3二と △同 飛
 ▲2一飛成△3三飛 (第3図)
第3図 ▲3七歩と受けるわけにもいかず、▲5五歩はこの一手。△4四銀~△5五銀とさばいて振り飛車好調のようだが、その瞬間に▲5三歩が巧みな歩使いだ。△同金では形が乱れると見てか△5一金引だが、後手陣にくさびを打ち込むことに成功した。
 続いて▲2三歩成も強手で、銀を取られても自分だけ飛車をさばく形となり指せると見ている。△5五銀と逃げたことによって角筋が重くなるのも後手としては悩みどころだ。
 ▲2一飛成に△3三飛とかわして第3図。ここで先手に味の良い一手がある。筋の良い方なら一目かもしれないが、是非考えて頂きたい。


正解図 盤上の駒を活用する▲3七桂がいかにもプロ筋の一着。5三の拠点を取り払う手を牽制しているのも大きい。
 △4四銀と引いて▲5六桂△5五角には▲4四角△9九角成…といった怖い展開には持ち込まず、いったん▲6六角で先手良しとなる。正解図から実戦では△4四銀打と窪田五段らしく手厚い受けが出たが、貴重な持ち駒をここに使うようではつらそうだ。▲1一竜と取られて逆に駒損となり、以下も熱戦が展開されたが塚田八段の勝ちとなった。
 筆者は対左美濃に限らず銀を3二(7八)のままで待機するためこのような展開になることはあまりないが、本局を見るとやはり藤井システムの優秀性が感じられる。もし△8四歩と突いてあれば…といった仮定の話は無意味かもしれないが、やはり玉頭攻めのない形での天守閣美濃は固い。
 実戦例のありそうな形の第1図、本譜の手順も前例があるのだろうか。不勉強ゆえ調べていないが、結果は実らずとはいえ窪田五段の指し回しも参考になる一局。
スポンサーサイト

コメント

ご掲載に際し挨拶をば

貴siteでは初めまして。TBを差し上げ様と思いましたが、巧く行きませんのでcommentのみで。拙局掲載分へ直linkを張りました。是非ご参考あれ。今後も陰乍ら応援させて頂きます。
PS 公式戦で▲4六銀迄の同一局は07局ありますが、私も含め四間飛車全滅(微苦笑)。本日のC2順位戦▲片上四段VS中村四段はご覧でしょうか。大いにそそられておいでやも。

  • 2005/09/20(火) 21:50:21 |
  • URL |
  • 窪田義行 #ERJ5qGkw
  • [ 編集]

Re:ご掲載に際し挨拶をば

ご報告有難うございます。早速拝見させて頂きました。拙稿で取り上げた直後の場面で塚田八段に決め手があったとは驚きです。以下棋譜を並べていてもつれたという印象はあったのですが、一時は逆転していたのですね。非常に参考になりました。
こちらの手持ちの棋譜からも同一局をいくつか確認しました(過去の窪田先生の将棋も見つかりました)。四間飛車全滅は厳しいですね。先後逆にして▲2六歩が入っていれば、左美濃の玉頭を突いてあるのが大きく逆に居飛車全滅のようですが、こういうのを釈迦に説法と言うのでしょう。
片上-中村亮戦は中村四段の独創的な駒組み、終盤での豪快な馬・角・龍切りと、大いにそそられております。筆者の手に負えるかどうかわかりませんが、是非記事にしたいと思います。
プロの応援があればこれほど心強いことはありません。今後とも宜しくお願い致します。

  • 2005/09/21(水) 07:34:15 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/107-ede1d4c5