四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四間飛車 in C級1組第四回戦

第1図 先日のC級1組順位戦よりもう一局、淡路-石川戦より。石川六段の四間飛車に対してベテラン淡路九段は端玉(串カツ囲い)で迎え撃ち、お互いにがっちり組み合う展開となった。第1図はダイヤモンド美濃から銀冠に組み替えた後手が△4三飛と浮いたところ、ここから中盤の戦いが始まる。

  第1図以下の指し手
 ▲2四歩 △同 歩 ▲2六飛 △4二角
 ▲5五歩 △4六歩 ▲同 歩 △6五歩
 ▲7七銀 △5五歩 (第2図)
第2図 ▲2四歩△同歩にいったん▲2六飛と浮くのはこの形の常套手段。対する△4二角も振り飛車の手筋だ。▲5五歩に対して単に△6五歩もありそうだが、本譜は4筋の突き捨てを入れた。これが今後の戦いにどう影響するか。

  第2図以下の指し手
 ▲4五歩 △5六歩 ▲4六角 △5七歩成
 ▲同 角 △5三飛 ▲5八歩 △5四飛
 (第3図)

 ▲4五歩△5六歩と互いに伸ばし合うが、後手の歩の方が薄い5筋を突いて厳しい。
第3図 ▲4六角は結果的には一手パスした計算となってしまったが代わる手も難しいか。もったいないようだが△5七歩成と成り捨てて、△5三飛と回るのが一瞬形が悪くなるものの振り飛車らしい軽手だ。
 ▲6八銀や▲6八金では形が悪いので▲5八歩と受けたが、△5四飛と浮いた第3図では軽い形を築いた振り飛車が指せそうだ。以下▲2八飛に△3五歩▲同角△6四角を決行し、▲2四飛から飛車交換となるも△3七角成で先に桂得。その馬を6四に引きつける振り飛車の必勝パターンとでも言うべき指し回しで石川六段が勝利を収めた。

 石川六段はこれで四連勝。順位が一つ上の長沼六段、さらに一つ上の岡崎六段とともに「中堅六段トリオ」がいずれも負け無しと頑張りを見せてC級1組を盛り上げている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/105-f2b898e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。