四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヤン流四間飛車

第1図 13日に行なわれたC級1組順位戦の中田功-山崎戦より。華麗なさばきの三間飛車で有名な中田功六段だが本局は四間飛車を採用、対する山崎六段は飛車先不突きの袖飛車から左美濃模様に構えて第1図。
 実戦でよく現れそうな局面だが、ここから先手は▲9八香△2三玉▲9六歩△3二銀▲9七角と端角に構える趣向を見せた。△9四歩にも悠々▲2六歩と突いて、△9五歩▲同歩△同香には▲8六角を用意しているので後手からの急な仕掛けはない。四間飛車でもコーヤン流の特徴を発揮、といったところか。
第2図 実戦はお互いに銀冠に組み上げる展開となった。後手は8筋の歩を伸ばして端角を牽制、第2図でいよいよ戦端を開く。

  第2図以下の指し手
       △9五歩 ▲同 歩 △8二飛
 ▲7七桂 △6四銀 ▲6五歩 △5三銀
 ▲4五桂 △4四銀 ▲5六銀 (第3図)

 △9五歩▲同歩にすぐ△同香は▲7九角△9六歩▲6八角くらいで居飛車良くならない。じっと△8二飛と寄っておくのが落ち着いた一手である。
第3図 ▲7五歩には今度こそ△9五香があるので▲7七桂と活用するが、△6四銀がまたもやうまい。▲6五桂と跳ねると△7五歩と逆に後手から突かれてやはり△9五香を狙われる。角筋が遮断されると△9五香に対して二枚替えの筋が消えるのが先手にとってのネックだ。
 本譜は▲6五歩△5三銀▲4五桂△4四銀と一見して気持ちのいい手順だが、後続がなく▲5六銀で一段落。山崎六段はここでも落ち着いていた。第3図での次の一手を考えて頂きたい。ヒントはこれまでの筆者の拙い解説の中にも隠されている。

正解図 第3図から△4一金が角筋を避ける手筋の一手。△5二金と寄るのが5筋の守りにも利かせて普通だが、こちらのほうが玉に近いと見たか。正解図から▲5三桂成には△9五香があり大丈夫、▲6四歩も△9五香▲7九角△8六歩が厳しい。

  正解図以下の指し手
 ▲4八金左△9五香 ▲7九角 △9六歩
 ▲6四歩 △同 歩 ▲6八飛 △3一角
 ▲6三歩 △3五歩 ▲同 歩 △7五歩
 (第4図)
第4図 ▲4八金左は開き直りにも似た一手だが、ついに後手は△9五香を実現。▲7九角に△8六歩も相当に見えるが、形勢良しと見たか△9六歩と慌てない。先手も▲6四歩以下何とか手を作ろうとするものの、落ち着いて対処され△7五歩と急所を突かれてしまった。
 第4図から▲6五桂と歩頭に自ら跳ねる勝負手を放つも、△同歩▲同飛△7三桂▲6九飛△6四歩では駒損だけが残った格好か。以下先手も自陣に銀を埋めるなどして粘り強く戦ったが、居飛車の着実な指し回しの前に144手までで土俵を割った。
 四間飛車でも自身の特色である軽快な指し回しを見せた中田功六段だったが、結実せず今期はこれで未だ勝ち星なし。対する山崎六段は終始落ち着いた指し回しでコーヤン流の動きを巧みに封じ込め、対照的に四連勝。明暗のはっきり分かれる結果となったが、筆者としては双方の指し手ともに参考になる好局であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/104-c7981be4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。