四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

穴の開いてしまった穴熊

第1図 引き続きA級順位戦の三浦-鈴木大戦より。第1図で▲4四歩以下攻めるのはどうもうまくいかないと前日の記事で筆者は述べたが、三浦八段もその手は選ばなかった。

  第1図以下の指し手
 ▲8六歩 △2四歩 ▲1三桂成△同 香
 ▲8五歩 △4五歩 ▲2二角成△同 飛
 ▲1五歩 △3三角 (第2図)

 いかに後手の端歩が9五まで伸びていないとはいえ、ここで▲8六歩はまさかという一手。中盤早々穴熊に穴が開いてしまった。
第2図 後手は△9七桂成とはせず単に△2四歩から桂馬の交換に持ち込む。▲2二角成△同飛に▲4五銀は△4四歩と打たれて、▲4四同銀は△同銀▲同飛に△5五角でもちろんダメ、▲5六銀と引くしかないが△2五歩くらいで不利だろう。▲1五歩はひねった一手だが、やはり△3三角と打つのが急所。言うまでもなく詰めろである。

  第2図以下の指し手
 ▲6六桂 △5五歩 ▲4五銀 △4四歩
 ▲3六銀 △6五歩 ▲7四桂 △同 金
 ▲1四歩 △5六歩 (第3図)
参考図 第2図で▲6六角と合わせるのが普通だが、この場合は△5五歩と突かれていけない。▲同銀は△5四歩で銀が死に、以下▲4五飛△4二飛▲4四歩△5二銀▲4六銀と銀を助けても今度は△5三桂で飛車を殺される。▲5五同角も△同角▲同銀に再度△3三角と打てば良い。そこで▲6六角(▲7七角)なら△5四歩で前述の変化に戻る。
 戻って△5五歩には▲4五銀がまだしもだが、△4四歩▲3六銀△5四銀で振り飛車が指せる(参考図)。次に何でも△6五銀と出れば良く、▲5五角なら△5二飛がぴったりだ。先手は3六銀の形がひどい。
第3図 本譜は第2図で▲6六桂と防いだが、△5五歩▲4五銀△4四歩▲3六銀とやはり銀を僻地に追いやられ、△6五桂で桂馬も殺されてしまった。▲7四桂△同金と形を乱してから▲1四歩と駒損の回復を図るも、△5六歩と急所を突かれて第3図。振り飛車好調である。

  第3図以下の指し手
 ▲5五角 △8一玉 ▲1三歩成△5二飛
 ▲5六歩 △6三桂 ▲2三と △5五桂
 ▲3三と △6七桂成▲4三と △5六飛
 (第4図)
第4図 先手も▲5五角と反撃するが、強く△8一玉と逃げておいて後続はない。▲1三歩成に△5二飛も幸便で、▲5六歩△6三桂とあくまで好位置の角を狙う。▲2三とに対して△5五桂と見切ったのが決め所と見ての好手か。以下の取り合いは後手が銀損するも、急所に成桂を作って飛車をさばき、5五の角を取り払いかつこちらからの△5五角が厳しい。
 実戦も第4図以下▲6八歩△7八歩▲6九金に△5五角と据えて、穴熊玉を激しく攻め立てて鈴木大介八段の快勝。先手は最後まで3六銀と4九金が取り残されていた。
 本譜は三浦八段が▲4七銀型のまま穴熊に素早く組んで△3五歩~△3二飛のような四間飛車側の動きを封じ、しかるのちに速攻をかけるという趣向を凝らしたものの、結果的には不発に終わり不本意な一局となってしまった。それにしても第1図での▲8六歩は驚きだが、穴熊に風穴が開いて△8七桂の筋がちらつくようではさすがにまずかったようだ。
 一方、序盤はおおらかで細かいことを気にしない印象のある鈴木大介八段だったが、本局の右四間対策は見事の一言に尽きる。駒組みを省略しての端桂からの仕掛けはよくある筋だけに、筆者としても頭の中に焼きつけておきたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/103-0e3a18e0