四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手新鷺宮定跡 対 後手四間飛車 ▲3二歩

 今回より後手四間飛車に対して先手が左4六銀型の急戦を志向し、▲3四歩△同銀に飛車先を突き捨ててから▲3八飛と回る変化を解説してみたい。なお居飛車の作戦の呼称は便宜上「新鷺宮定跡」で今後は統一する。
 数年前は四間飛車に対してこの急戦を用いる者が多く、以前に自戦記でも述べた通り筆者も実戦と研究を重ねた。その結果は昔のホームページにも掲載しており、今回は新しい手順も交えての再掲載という形を採らせて頂く。変化そのものは最近はあまり指されていない形ではあるが、その内容は振り飛車にとって現在でも充分通用するものと自負している。

第1図 最近では、『四間飛車の急所3』『四間飛車破り【急戦編】』両定跡書でも新鷺宮定跡は詳しく解説されている。そのいずれもが第1図となり振り飛車良しと結論づけられているが、居飛車側の手も広く具体的な良さを求めるのはまだまだこれからである。

  第1図以下の指し手1
 ▲3二歩 △3九角成▲同 銀 △2六飛
 ▲3八銀 △2八飛成▲4八金 △4六歩
 ▲同 歩 △4七歩 ▲4九金 △1九竜
 (第2図)
参考図 ▲3二歩は△同飛なら▲同馬△同銀に▲2二飛を見せている。また放置して△1九角成とすれば▲2二馬△3四銀▲1二馬とこちらも香車を取ることができる。しかしこの瞬間に居飛車は歩切れとなったため、そこを突いて△3九角成と飛車を取り、△2六飛とここに打つのが好手だ。
 同じようでも△2七飛と打つのは▲1二馬の余地を与えて損である。△同銀は▲2八香で飛車を殺されてしまうので、以下△2九飛成▲2三馬△3九竜▲3三馬と取り合いになるが、4二に残された飛車が働いてるとは言えず振り飛車としては好んで飛び込む変化ではないだろう(参考図)。
第2図 △2六飛と打っておけば▲1二馬△同銀▲2八香と打たれても△3六飛とかわすことができる。かといってここで▲1八角と受けるようではあまりにつらい。本譜の▲3八銀△2八飛成▲4八金は苦心の受けだが、4筋に味をつけてから△1九竜と香車を拾った第2図では次に△3六歩~△2五桂が厳しい狙いとなり後手が有利である。
 第1図から▲3二歩は手筋の攻めだがうまくいかないようだ。次回では▲3一馬と寄る変化を調べてみることにする。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/100-68e4c563