四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸の王様

第1図 筆者には先手三間飛車に棒銀を使うという悪癖がある。今回もよせばいいのに同じ愚行を犯し、悪手をきっちりとがめられて第1図(便宜上先後逆)。自玉は風前の灯に見えるが…。

  第1図以下の指し手
 ▲8六桂 △6三金 ▲6九香 △6六成桂
 ▲6八香 △7六成桂▲7七歩 △8六成桂
 ▲同 歩 (第2図)

 ▲8六桂がまやかしの一手。受けてばかりではなく脅かすべきところは脅かす。
第2図 対して持ち駒の金を投入して受けたのは疑問手だろう。▲6九香から盤上の攻め駒を一掃して第2図となった。一応香得の上に駒の働き(特に飛車)は差があるが、玉の半径4マス以内に金気がないという珍形なのでまだまだ予断を許さない形勢である。

  第2図以下の指し手
       △8四角 ▲6六歩 △5七歩
 ▲5九歩 △4七歩 ▲3八飛 △3七歩
 ▲2八飛 △7五角 ▲7六歩 △8六角
 ▲7七銀 (第3図)

第3図 △8四角は味のよい活用だが香車のおかげで▲6六歩と遮断することができた。以下垂れ歩は全て丁寧に面倒を見る。相手も焦れてきたのか△7五角と悪手を指してしまった。第3図は角が死んでおり、振り飛車の指し切りは明らかである。
 以下徹底して受けに回ればいいのになぜか攻めに行って制勝。アンデルセン童話「裸の王様」は服を着ていたつもりの王様が実は裸だったという話だが、将棋の裸の王様は逆に裸に見えても実は服どころか堅固な鎧をまとっているに等しいこともある、などと述べるのは格好つけすぎか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/10-8491b468
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。