FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年度社団戦記 その4 (3局目)今回は次の一手形式で

 社団戦初日、4局目の将棋より。
 お相手が年配の方だったので「居飛穴はない」と決め打ちをして後手四間飛車を採用したところ、その読みは的中したが山田定跡を採用されて大いに動揺する。しかも端角の動きは▲9七角~▲7九角ではなく、途中で▲8六角と途中下車する古いタイプだ。もちろん細かい定跡など覚えていない。
第1図
 ただし居飛車側が仕掛けを見送ったため、持久戦模様となって迎えた第1図は振り飛車が充分に指せそうである。桂交換を果たし、先に馬を作った上に相手は歩切れ、玉の堅さも違う。
 おまけに手番も握っているこの局面で、筆者がどう指したかをお考えいただきたい。
 もちろん最善手とは限らないが、2017年の社団戦で印象に残っている着手の一つだ。気楽な気持ちでお考えいただければ幸いである。解答は続きを読むをクリックしてご覧ください。
【“2017年度社団戦記 その4 (3局目)今回は次の一手形式で”の続きを読む】
スポンサーサイト
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。