四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

清水上アマ、ついに予選突破

 前日行なわれた第3回朝日杯将棋オープン戦の清水上アマ-松本六段戦より。先手となった清水上アマの中飛車に対して後手は角道を空けないまま速攻を仕掛け、局面は第1図を迎える。ここでは後手優勢かとの声が高かったそうなのだが……。

第1図
  第1図以下の指し手
 ▲7六金 △4八銀 ▲6六金 △5九銀成
 ▲同 金 △8六飛 ▲6七金引△7九飛
 ▲6九金引△9九飛成▲5三歩 (第2図)

 持ち駒の金を投資して角を殺したのが実戦的な一着。以下△4八銀で飛車は取られるものの、駒損を回復することができた。△8六飛に▲6七金引、△7九飛にも▲6九金引と引いて先手玉は遠い。△9九飛成と香車を拾ったものの、▲5三歩と嫌味な歩を垂らして第2図。

第2図 ここで△5六香が最終的な敗着ではないかと思うのだが、読者の皆さんはどうお考えだろうか。▲4九金と寄られてあまり効果的ではない上に、5三の歩がなくなればいつでも▲5七歩で取られてしまう(実際に▲5二歩成がのちに実現した)。以下△8七歩▲8九歩の局面は「すでに後手容易な局面ではないか」と速報で語られている。以下たったの5手で先手勝ちとなってしまった。

 これで清水上氏はアマとして初の予選突破を達成。すばらしい偉業であると思う。面識の多少ある(mixi上でもマイミクになって頂いた)筆者としても嬉しい。
スポンサーサイト
次のページ