四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れないことはするもんじゃない

 筆者の実戦より。今回は気分を変えるというか、頭の中に六段との激戦及び六段との激戦再び『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P80結果図を先後逆にした形から△2四歩と突く手を居飛車側を持ってみたくて穴熊にすることを想定において指していたので対四間美濃棒銀は封印。しかし第1図以下、「慣れないことはするもんじゃない」ということをまざまざと思い知らされる羽目になる。

第1図  第1図以下の指し手
        △4五同歩?▲同 桂 △7七角成
 ▲同 銀 △4四銀?  ▲7一角 △7二飛
 ▲4四角成△同 金  ▲5三桂成△5五角
 (第2図)

 △4五同歩ではおそらく△4二角が最善。『四間飛車を指しこなす本2』の4八飛戦法は既に▲5八金と上がっているので使えない。本譜角交換後の△4四銀も悪手で6二に引いて辛抱すべき。▲6四歩△同歩▲同飛には△5五角がある。実戦は駒得ながら成桂を作られてしまった。遅まきながら△5五角と打ったが……。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲6四歩 △同 歩 ▲4六歩 △7三飛
 ▲6二銀 △8三飛 ▲4七金 △4五歩
 ▲5六金 △4六角 ▲同 金 △同 歩
 ▲6一角 △8二飛 ▲5二成桂(第3図)

 6筋を突き捨て角の退路をなくしてから▲4六歩が好手。△7三飛▲6二銀△8三飛と持駒の銀を使わせたものの▲4七金も冷静。しかし△4五歩に▲5六金は結果的に一手パスとなりどうだったか。第3図では一見すると後手玉ピンチに見えるが……。第3図

  第3図以下の指し手
        △6二飛 ▲同成桂 △4七歩成
 ▲同 銀 △3七銀 ▲5二成桂△4八歩
 ▲同 金 △2八角 ▲4九玉  △5二金
 ▲同角成 △4二金 ▲8二飛  △5五桂
 (第4図)

 △6二飛▲同成桂で手番が回ってきたが、攻めてみても手が続かず△5二金と結局手を戻すようでは変調か。第4図の△5五桂は悪手で、ここで▲4二馬△同銀▲5三金なら寄り筋だっただろう。第4図
 しかし実戦は単に▲5三金と打ってきたため、△5二金▲同飛成△2三玉で急に自玉の安全度が増した。序盤で突いた△2四歩がここになって活きるとは望外の展開である。以下▲4三金△同金▲同竜△3三金▲4一竜△3二銀▲3一竜△2二角▲8一竜△4八銀成▲同飛△3七角成と進み、この瞬間先手玉が詰めろでないため恐いが3七の馬が守りにも利いておりここでは逆転模様か。本譜は▲3八金と受けてきたため、△4七桂成▲同金△1九馬▲3一銀に△4一香が攻防の一手となった。▲1五桂△1四玉▲2二銀不成の形が後手玉が意外に寄らない(1九の香車を取ったので1六に抜ける筋がある)。
 
 こうしてなんとか逆転勝ちをおさめたわけだが、やはり慣れないことはするものではないと痛感した一局。しかしこの仕掛けは果たして成立するのか?今度第1図を四間飛車側をもって指してみたい。
スポンサーサイト
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。