FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金銀八枚を手にする

 筆者の実戦より。先手四間飛車対後手の居飛車穴熊から、△4二銀と松尾流を狙う手に対して▲5五歩と仕掛け、以下定跡通り進んで第1図。先後の差こどあれ『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P96の結果図から▲6五歩(△4五歩)と打った局面と類似している。ここでは居飛車に様々な手が考えられるところだが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △7三桂 ▲4五歩 △6五飛
 ▲4四歩 △5三金 ▲6五飛 △同 桂
 ▲4五桂 (第2図)

 ここでの△7三桂は実戦経験豊富な筆者も初めて指された手。対して振り飛車は▲4五歩と急所を攻める。△6五飛のぶつけに対して▲4四歩と強く取り込む。△5三金では△6四飛が優ると思う。本譜は手順に▲6五飛と取り△同桂に▲4五桂と両取りに跳ねたところでは優勢を意識していたが…。
第2図 第2図以下の指し手
       △4六歩 ▲同 銀 △4四角
 ▲5三桂成△6六角 ▲4二成桂△同 金
 ▲6二飛 (第3図)

 △4六歩の叩きには▲同金の方が優ったか。本譜は▲同銀に△4四角と逃げられてしまった。ここで強気に▲5三成桂と取り、△6六角に▲4二成桂と金銀をはがす手順を筆者は選択した。△4二同金に▲6二飛と打ち下ろして第3図、居飛車は金取りを受けてくるものとばかり思っていたが…。
第3図 第3図以下の指し手
       △6九飛 ▲4二飛成△7五角
 ▲2二竜 △同 玉 ▲4三金 △3九角成
 ▲3七玉 (第4図)

 金取りを受けない△6九飛には驚いた。▲4二飛成に△7五角が後手の狙いの一手だが、▲2二竜と切って△同玉に▲4三金と張り付いた。しかし6六の角の利きもあり詰めろになっておらず、恐らく悪手であろう。しかし直後に後手にも△3九角成の敗着が出る。▲3七玉と逃げられてみると先手玉は安全な上に自玉を詰めろにしてしまっている。
第4図
 以下は十手ほどで先手の勝ちとなった。戻って▲4三金には△3一桂とも受けておけばこちらが悪かったであろう。金銀八枚を手にしても穴熊攻略は難しいとは…改めて穴熊の恐ろしさを再認識させられた一局。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。