四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の手順より変化される

 筆者の実戦より。先手四間飛車対後手の居飛車穴熊となり、△4二銀と引いて松尾流を狙ったところを▲5五歩と仕掛ける定跡形となり、局面は進んで第1図。
 『将棋定跡最先端 振り飛車編』のP73参考B図より▲5二歩△4八飛▲5一歩成△7一金と進んだ局面とほぼ同一局面(先後の差があり美濃囲いの端歩が突いてある)である。▲5三歩成を防いでいったん△3一金と引けば引き続き本通りの展開が予想されるところだが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △5八と ▲5三歩成△同 金
 ▲同角成 △同 銀 ▲3二飛成△4二銀
 (第2図)

 ここで後手は△5八とと引いてきた。当然こちらは狙いの▲5三歩成を敢行する。△同金▲同角成△同銀▲3二飛成と穴熊の二枚の金を奪ってしてやったり、と思いきやそこで△4二銀と引かれて第2図。
第2図 ここでどうも穴熊玉に迫る良い手が見当たらず、本譜は秒に追われて▲4四銀と出てしまい、△6六角の両取りを食らってしまった。
 しかしここで具体的にどう指せばいいのだろうか。▲4一金と張り付く手には△7五角が攻防となる。定跡形からの変化に弱い筆者であるが、その弱点が露呈した一局。第2図でどうすればよいのか、読者諸兄の御意見を伺いたいところではある。



スポンサーサイト
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。