FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

みすみす角を成らせるのは何故?

 C級2組順位戦の藤倉-長岡戦を見て行きたい。相振り飛車の将棋となり第1図、後手は穴熊に囲っている。先手の銀は4五~5四~4三と進出していったものだが、ここで後手に不可解な一手が出る。

第1図  第1図以下の指し手
       △5五銀 ▲4二角成△3六歩
 ▲同 銀 △6六銀 ▲6五桂 △5六歩
 ▲5三桂成

 第1図から△5五銀と出るのはみすみす先手の角を成らせてしまうだけに悪手ではないだろうか。以下△3六歩▲同銀△6六銀と攻め合いを挑むも、▲6五桂と桂馬まで活用されてしまった。△5六歩に▲5三成桂と成り込んだ第2図では駒得が確定している先手が断然有利と思える。
第2図 第2図以下は穴熊の攻めを先手がいなす形で長岡四段が勝利を収めた。既に降級点こそ決まっているものの長岡四段はこれで二勝目。一方の藤倉四段はこれで五勝四敗となった。

 先手の角を4二に成らせてしまう△5五銀の一手は今もって不可解な銀出である。いかなる理由があってこの手を選択したのか筆者には分からない。確かに他の手が難しそうな局面ではあるが…ともあれ疑問の残った一局となった。


スポンサーサイト