FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

鬼より怖い二枚飛車よりも…

 C級2組順位戦第9回戦の高野-中村亮戦より。四間飛車対棒銀というともに十八番の戦形となり第1図、後手は△1四歩と△6四歩を両方突いているために△1二香が間に合っておらず、『四間飛車の急所3』をはじめとする定跡書に載っているような△5一角と引いての定跡形に持ち込むことができない。はたしてどう対処するのか。

第1図  第1図以下の指し手
       △5三金 ▲3八飛 △3五歩
 ▲同 銀 △1五角 ▲1六歩 △2六角
 ▲3六歩 △3七歩 ▲同 桂 △3五角
 ▲同 歩 △同 飛 (第2図)

 △5三金は窪田流と呼ばれる指し方。▲3八飛には△3五歩▲同銀△1五角と幽霊角を用いる。▲1六歩△2六角▲3六歩で角が死んでしまったが、△3七歩▲同桂△3五角と切り、▲同歩△同飛とさばいた第2図は後手も指せそうに見えるが…。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲4五桂 △3八飛成▲5三桂成△2八飛
 ▲6九金打△3三竜 ▲4二角 △3二竜
 (第3図)

 ▲4五桂が二枚飛車の攻めを恐れない強手。△3八飛成に▲5三桂成と金を取って駒割はほぼ互角。△2八飛には▲6九金打とがっちり受けて崩れない。一気の攻略は無理と見たか後手も△3三竜と引くが、そこで▲4二角がノータイムの着手。△3二竜と逃げる手に対して先手の後続手段は?
第3図  第3図以下の指し手
 ▲4五歩 △3四銀 ▲4四歩 △4一歩
 ▲4三歩成△同 銀 ▲同成桂 △同 竜
 ▲6四角成△2九飛成▲1一角成(第4図)

 ▲4五歩が角筋を活かした急所の一手。△3四銀と予め当たりをかわし、▲4四歩に△4一歩で角がピンチのようだが、▲4三歩成以下成桂と銀を交換して▲6四角成とこちらに成り返る手がぴったりとなった。△2九飛成に▲1一角成と自陣の角もさばいた第4図では、駒得ということもあり先手優勢と言えよう。
第4図 実戦は第4図以下△3三桂に▲9五歩が急所の端攻めとなり、十数手で後手があっけなく投了をするという形となり先手の快勝となった。この結果高野五段、中村亮四段ともに四勝四敗という五分の星に。

 振り飛車に対する棒銀は筆者の得意戦法でもあるが、舟囲いの中でも玉が薄いとされる形から▲4五桂の強手を放ち、二枚飛車の攻めを受けても居飛車が指せるという大局観は驚きであった。定跡とは異なる展開とはいえ、大いに参考になった一局。
スポンサーサイト