FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負担になってしまった角合わせ

 今回は女流名人位戦第8回戦の石橋-千葉戦を取り上げる。初手▲5六歩から角交換型の中飛車となり第1図、先手が5筋の歩を交換して▲5九飛と引いたところである。ここからまだまだ序盤の駒組みが続くと思われたが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △2四角 ▲4六角 △3三角
 ▲7七桂 △6四銀 ▲5四歩 △4二金
 ▲7五歩 △8四飛 (第2図)

 6八の金を狙って△2四角が面白い一手。対する▲4六角の合わせがごきげん・DE・ブログにもあるように疑問手で、△3三角と引かれてみると先手の角だけ負担となる展開となってしまった。「もうあきまへん」と称されている△6四銀以下▲5四歩△4二金▲7五歩(△同銀は▲6五桂)△8四飛と進んで第2図を迎える。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲7四歩 △同 飛 ▲5七角 △5六歩
 ▲3九角 △2四角 ▲5八金上△5五銀右
 ▲5三歩成△同 銀 ▲8六歩 △3三桂
 ▲8五歩 △4五桂 (第3図)

 先手はとにかく手を作らなくてはいけないが、7筋を突き捨てて▲5七角にも△5六歩▲3九角△2四角と再度角を覗かれ、飛車の縦の利きを止めて▲5八金上と金取りを受けるようではつらい。△5五銀右で完全に中央を制圧される形となってしまった。
第3図 ▲5三歩成△同銀▲8六歩は必死の手作りだが、△3三桂~△4五桂と活用されてしまい駒損が確定してしまった。数手後に△5七歩成が実現して以下は後手の完勝、石橋女流四段は手痛い二敗目を喫するとともに、次の最終局も矢内女流四段との直接対決を制されてしまい清水女流名人への挑戦権を逃す残念な結果となってしまった。

 怪しげな△2四角にお付き合いした▲4六角が敗着とも言える一手になってしまうとは…序盤の恐ろしさを再認識させられた一局。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。