FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

対居飛車穴熊(▲2六角・3七桂型) △6五歩(3)

 前々回前回に続いて先手居飛車穴熊(▲2六角・3七桂型)対後手四間飛車の将棋を調べてみる。これまでは第1図より△6五歩に対して▲同歩と取る手を研究してみたが、先手がこれを手抜くとどのような展開となるのであろうか。

第1図  第1図以下の指し手
       △6五歩 ▲7五歩 △同 歩
 ▲2四歩 △同 歩 ▲3五歩 △4三飛
 ▲3四歩 △4二角 (第2図)

 ▲7五歩△同歩▲2四歩は先日のNHK杯の深浦-川上戦でも登場した攻め筋。これを△2四同角では▲5三角成以下の強襲を浴びてしまうので△2四同歩を検討してみる。▲3五歩に△4三飛▲3四歩△4二角と受けるのは、形は少し違えど田中魁-石川戦や、『新・振り飛車党宣言!1』P212の石川-中村亮戦に現れている。
第2図 この二つの実戦例と第2図との一番の違いは、後手が△8五歩と突いていないこと。この手は高美濃ゆえに傷になる可能性も高く、必ずしもプラスの一手とは言えない。
 田中魁-石川戦、石川-中村亮戦とも第2図より先手は▲2二歩△1三桂▲2一歩成と攻めている。石川六段はそこで△8五歩型を活かして△8六歩と突いたが、この形では△3六歩が有力と思われる。以下▲1一と△3七歩成▲同角△2五桂▲5九角△3六歩と進めれば石川-中村亮戦と同一の進行で、△8五歩と▲7七金の交換が入っていない局面となる(第3図)。
第3図 ▲7七金型の場合はここで▲6八飛(石川六段が実戦で指した手)が有力となるが、この場合は▲7八飛と転戦すべきか。いずれにせよ第3図自体はいい勝負のように思える。
 個人的に気になるのは、第2図より▲7四歩と打たれる筋である。これを△同金・△8五桂いずれもそこで▲3五角と出て、△3六歩にも構わず▲2四角でどうか。△2三飛は▲4二角成△2八飛成▲5三馬と銀を一枚損してしまうので論外として、△3七歩成▲4二角成△同飛(△同銀と取るべきか)▲2一飛成の展開はどうも後手自信が持てない。

 第2図での▲7四歩にどう対処すべきか、続く▲3五角に対する対策はあるのか。今後の研究課題であるとともに、読者諸兄の御意見を是非ともうかがってみたいところだ。
スポンサーサイト