四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

後手藤井システムの苦悩

 B級2組順位戦の三局目は小野-泉戦を見て行きたい。後手の泉七段が藤井システムを採用したのに対して、小野八段も▲3六歩を突かず真っ向から居飛車穴熊を目指して第1図。
 この形には疎い筆者なりに調べてみたところ、同一局面が三局発見された。有名どころでは森下-羽生戦(2004年3月12日・竜王戦)があり、先手の森下九段は▲8六歩と突いている。その他の二局も▲5五歩、▲3六歩と着手はそれぞればらばらで、本局もここでの小野八段の指し手が注目されるところだ。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6八角 △6五歩 ▲9八玉 △4三銀
 ▲8八銀 △6六歩 ▲同 銀 △2二飛
 ▲8六歩 △6二玉 (第2図)

 ▲6八角は一見すると危険なようだが、部分的にはこの形での有力手の一つ。△6五歩には▲9八玉と角筋を避けておく。
 ここで△6四銀ならば、先後は逆だが『注釈 康光戦記』P83~に載っている藤井-佐藤康戦(2002年8月6日・第50期王座戦挑戦者決定戦)のように激しい展開になることも考えられる。
第2図 本譜の△4三銀は堅実な一手だが、前述した藤井-佐藤康戦は先後逆のため△4三銀(▲6七銀)と上がった状態で振り飛車が手番を握っており、▲4六銀△4五歩▲1四歩以下先手の猛攻、後手の死守といった展開になった。
 △4三銀に▲8八銀と上がる手が入れば居飛車も一安心といったところだろう。△6六歩▲同銀と取り込むものの、後手から急に攻める手はなく△2二飛~△6二玉と自陣の整備に回った。
 第2図以下駒組みは進んで第3図。銀冠の堅陣に加えて攻め駒の働きも申し分なく、先手の模様が明らかに良いと思う。
第3図  第3図以下の指し手
       △3五歩 ▲5六金 △3四金
 ▲4四歩 △同 銀 ▲3五歩 △4五歩
 ▲7三角成△同 玉 ▲3四歩 (第4図)

 △3五歩と後手から動いて来たが、▲5六金が攻めに厚みを加える好手で△3六歩には▲4四歩~▲4五桂を用意している。△3四金にも▲4四歩が軽い突き出し。△同銀と取らせて▲3五歩と一転して強襲に出る。△同銀、△同金いずれも▲同角~▲4一飛成を実現すれば、駒損ながら玉形に差がありすぎるため先手良しとなる。
第4図 ▲3五歩に△4五歩は苦心の一手だが、▲7三角成△同玉▲3四歩と二枚替えを果たしてやはり先手良し。5六金、3七桂も使えそうで攻めが切れる心配はまったくと言っていいほどないだろう。後手の動きを完全に逆用した形となった。
 実戦もここから二十手ほどで先手の快勝に終わった。共に一勝三敗同士の深刻な対決を制して、小野八段は嬉しい二勝目。一方の泉七段は今期初戦こそ白星で飾ったものの、これで四連敗と苦しい星取りに。

 三日前に続いて後手藤井システムの将棋を見てきたわけであるが、やはり苦労しているという印象を受ける。一度は仕掛けたものの第2図のように自陣に手が戻る展開となっては後手も不本意ではないだろうか。玉砕覚悟で△6四銀と上がれば藤井システムとしても本望かもしれないが、おそらく以下の強襲は無理攻めなのであろう。
 第3図は一見すると右玉のような形だが、2二の飛車が働かず、3三銀・4三金も凝り形である。6筋の交換も完全に傷になってしまっており、作戦失敗と思わざるを得ない。
 後手藤井システムの苦悩。それを解消するには戦法の採用そのものをやめるしかないのでは、などと悲観的に感じてしまうのは筆者だけであろうか。
スポンサーサイト
次のページ