FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

四間飛車 in C級1組第四回戦(2)

第1図 C級1組順位戦よりさらにもう一局、塚田-窪田戦を取り上げてみたい。窪田五段の四間飛車に対して塚田八段は左美濃を採用、▲4六銀と上がっての仕掛けは昔から得意としている形だ。

  第1図以下の指し手
       △3二銀 ▲3五歩 △4五歩
 ▲3三角成△同 銀 ▲5五銀 △3五歩
 ▲6四銀 △6三歩 ▲5五銀 △5四歩
 ▲6六銀 △6四角 (第2図)

 第1図で△3二銀と引き、▲3五歩に△4五歩と反発するのは振り飛車の常套手段である。
第2図 ▲3三角成に△同桂は▲5五銀~▲6四銀と一歩持たれて桂頭に不安が残る。本譜の△3三同銀に▲3四歩は△4六歩▲3三歩成△同桂で面白くないため、▲5五銀と出て△3五歩▲6四銀とやはり一歩かすめ取る展開となったが、銀を追い返しての△6四角が後手期待の一着だ。

  第2図以下の指し手
 ▲5五歩 △4四銀 ▲2四歩 △5五銀
 ▲5三歩 △5一金引▲2三歩成△6六銀
 ▲2六飛 △5五銀 ▲3二と △同 飛
 ▲2一飛成△3三飛 (第3図)
第3図 ▲3七歩と受けるわけにもいかず、▲5五歩はこの一手。△4四銀~△5五銀とさばいて振り飛車好調のようだが、その瞬間に▲5三歩が巧みな歩使いだ。△同金では形が乱れると見てか△5一金引だが、後手陣にくさびを打ち込むことに成功した。
 続いて▲2三歩成も強手で、銀を取られても自分だけ飛車をさばく形となり指せると見ている。△5五銀と逃げたことによって角筋が重くなるのも後手としては悩みどころだ。
 ▲2一飛成に△3三飛とかわして第3図。ここで先手に味の良い一手がある。筋の良い方なら一目かもしれないが、是非考えて頂きたい。

【“四間飛車 in C級1組第四回戦(2)”の続きを読む】
スポンサーサイト