FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

コーヤン流四間飛車

第1図 13日に行なわれたC級1組順位戦の中田功-山崎戦より。華麗なさばきの三間飛車で有名な中田功六段だが本局は四間飛車を採用、対する山崎六段は飛車先不突きの袖飛車から左美濃模様に構えて第1図。
 実戦でよく現れそうな局面だが、ここから先手は▲9八香△2三玉▲9六歩△3二銀▲9七角と端角に構える趣向を見せた。△9四歩にも悠々▲2六歩と突いて、△9五歩▲同歩△同香には▲8六角を用意しているので後手からの急な仕掛けはない。四間飛車でもコーヤン流の特徴を発揮、といったところか。
第2図 実戦はお互いに銀冠に組み上げる展開となった。後手は8筋の歩を伸ばして端角を牽制、第2図でいよいよ戦端を開く。

  第2図以下の指し手
       △9五歩 ▲同 歩 △8二飛
 ▲7七桂 △6四銀 ▲6五歩 △5三銀
 ▲4五桂 △4四銀 ▲5六銀 (第3図)

 △9五歩▲同歩にすぐ△同香は▲7九角△9六歩▲6八角くらいで居飛車良くならない。じっと△8二飛と寄っておくのが落ち着いた一手である。
第3図 ▲7五歩には今度こそ△9五香があるので▲7七桂と活用するが、△6四銀がまたもやうまい。▲6五桂と跳ねると△7五歩と逆に後手から突かれてやはり△9五香を狙われる。角筋が遮断されると△9五香に対して二枚替えの筋が消えるのが先手にとってのネックだ。
 本譜は▲6五歩△5三銀▲4五桂△4四銀と一見して気持ちのいい手順だが、後続がなく▲5六銀で一段落。山崎六段はここでも落ち着いていた。第3図での次の一手を考えて頂きたい。ヒントはこれまでの筆者の拙い解説の中にも隠されている。
【“コーヤン流四間飛車”の続きを読む】
スポンサーサイト