FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

島-野月戦をさらに検討してみる

参考1図 懲りずに島-野月戦の終盤を今回も考えてみる。まずは前日の記事の訂正だが、銀さんのコメントによる指摘通り参考2図から▲9四銀以下の五手詰めがあり、よって参考1図以下△9八歩成▲7八玉に△5七金は▲6一飛成で不成立であろう。筆者の述べた変化には見事な大穴が開いていたわけである。
 △9八歩成▲7八玉に攻めの手はうまくいきそうにない。さりとて△9七香成と上部を開拓する手も▲9六歩の手筋でダメそうだ。そもそも▲6一飛成△9五玉のような展開でも先手の入玉を阻止しない限り、後手に待っているのは点数不足の負けである。
参考4図 そこで△9八歩成を決めず、参考4図のように△8五桂と打ってみるのはどうか。▲6一飛成なら△7七銀以下の詰みがある。▲6七金と受けるのも△6六歩が詰めろとなり後手勝ち。▲8五同角はそこで△9七歩成を決めてから△8五玉と取り、先手の入玉さえ阻止できれば後手にも充分チャンスはある。
 難しいのは参考4図で玉の早逃げをする手だ。と言っても▲7九玉は△7七銀▲6九玉△5七香の追撃がいずれも詰めろで負け。▲7八玉と逃げ、△7七銀や△5七銀に▲6七玉を用意してどうか。銀を渡すと▲9三銀があり後手も悩ましい。

 自分の将棋も含めて終盤の変化をこれだけしつこく検討するというのも久しぶりの経験だが、定跡研究にはない味わいがあり面白い。△5七金の変化が潰れた時はやはり先手勝ち筋なのかと思ったが、参考4図の△8五桂を発見したことにより、前日の記事の第1図より△8五玉と逃げておけば難しい将棋との認識に改めて至った。今回は穴がないといいのだが…。
スポンサーサイト