FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

銀冠教入信ノススメ

 前回の雑文で振り飛車の囲いについて触れたが、もし好きな囲いは何かという質問を受けたら、筆者は銀冠とノータイムで答える。
 この場合の好きとは、単に見目形が好ましいという意味ではない。戦いやすく勝ちやすいという、実用面を重視した好きである。確かに改めて振り返ってみると、銀冠に組めた時の勝率は比較的高い気がする。
 是非とも意識して銀冠を多用したいところではあるが、美濃からそこまで囲いを発展させるためにはかなりの手数が必要である。ゆえに急戦相手にはまず無理。唯一の例外は4五歩早仕掛けに対して△8六歩を▲同角と取り、その後に二次的駒組みが始まる場合くらいのものだが、飛車を切り端を絡める攻め筋が編み出されてからはそのような展開は絶滅寸前である。
 となると銀冠の相手はやはり持久戦、それも思い当たるのは対右四間飛車と対居飛車穴熊くらいか。どちらも難敵である。
 筆者はかつて対右四間を苦手としていた。それを徐々に克服し、五分の相手と五分に渡り合えるようになった頃には、相手が端玉・穴熊いずれの場合も銀冠に組んでじっくり戦うようになった。居角のままで飛車を3筋に回る、などという洗練された対策がなかった時代の話である。勝率は悪くなく、特に玉の下に飛車が回りこむ形は粘りが利き、一種の勝ちパターンとも言えた。
 またある時、対抗形のみならず相振り飛車でも銀冠に組むのは有力だと気づいた。『相振り革命3』が発刊されるだいぶ前の話である。もちろん玉頭からいきなり攻められる心配がないという条件付きではあるが、先日の自戦記にも筆者の嗜好がよく表れていると思う。
 居飛車側の立場で見ても、振り飛車側が銀冠へ発展するのを牽制するという発想が生まれてきている。特に居飛車穴熊においては、一昔前は相手が普通に駒組みを進めるのは歓迎という雰囲気だったが、現在ではそうもいかない。渡辺竜王の『四間飛車破り 居飛車穴熊編』にも、直接的表現ではないが銀冠に組ませたくない、と読み取れる描写が散見される。
 美濃囲いや高美濃に比べて、一局一局における登場回数は恐らく少ないであろう銀冠。しかしそれを巡る水面下の攻防を含めても、個々の将棋に与える影響は少なくない。鰯の頭も信心からというくらいだから、かんむる者は救われるという教えがあってもそれほど的外れではないだろう。筆者の主観抜きに考えても、銀冠を意識して序盤を戦うことは、対抗形や相振り飛車の将棋に何がしかの影響を与えるはずである。
スポンサーサイト