FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンツを脱ぐどころか…

第1図 既に半月ほど前の対局であるが、B2順位戦の畠山成-泉戦を取り上げてみる。泉七段の四間飛車対策というと急戦や5筋位取りなどが多いが、本局は後手番ということもあってか居飛穴を採用。第1図は6筋の歩を交換した居飛車に対して振り飛車が反発というよくある展開だが、先手番にも関わらず銀冠に組めていないのがやや物足りないか。ここから△5五同歩▲同銀△8六歩と進めて▲同角は△7五歩、▲同歩なら△5四歩という展開も考えられるが、実戦は△6四歩▲同歩△同銀▲5四歩△8六歩▲同歩△5四金▲5三歩と進んで第2図。
第2図 この手順自体もよくあるものだが、第2図での▲5三歩があまり見かけない一手。普通は▲5八飛だが、歩を取らせることによって居飛車の駒を後退させようとする狙いか。
 しかし素直に△5三同金と取られ、▲1四歩△同歩▲1三歩△同香▲2五桂にじっと△5四歩と打たれてみると、四間飛車側も端攻めだけでは手にしづらいか。以下後手は6五銀・6六歩型を築き上げ、振り飛車の飛車角が居飛穴側に抑え込まれるというある意味珍しい展開に。
 そして終盤戦も独特の結末が待ち受けていた。
【“パンツを脱ぐどころか…”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。