四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手新鷺宮定跡 対 後手四間飛車 ▲3五飛

 前々回は第1図から▲3二歩と垂らす手を、前回は▲2一馬と寄る手をそれぞれ検討してみたが、いずれも居飛車がうまくいかなかった。今回は▲3五飛と歩を取る手を調べてみたい。一見すると平凡で、『四間飛車破り【急戦編】』にも「△3四歩で後が続かない」と述べられているが、調べてみるとそれほど簡単ではない。

第1図  第1図以下の指し手3
 ▲3五飛 △3四歩 ▲3九飛 △1九角成
 ▲3二歩 (第2図)

 ▲3五飛に対して△3四歩はこの一手。▲3九飛と引くのもこの形では定番だ。今度こそ▲3二歩と垂らすのが狙いで、前々回で紹介した△3九角成~△2六飛の筋は持ち駒にもう一歩あるため▲2八歩と受けておいて何でもない。
 後手は△1九角成と駒得を果たす。そこで▲3二歩と垂らして第2図。先手にとっては手の広い局面だが…。
第2図  第2図以下の指し手
       △5五歩 ▲3七桂 △2八馬
 ▲5五歩 △3九馬 ▲同 銀 (第3図)

 3筋に歩を垂らした瞬間だけに、第2図で△3五香も考えられる。▲7九飛△3八香成で銀が取れてさらに駒得を拡大できるが、△4八成香▲同金の後に後続手段がなく意外にも難しい。
 △5五歩の方が筋が良く、▲同歩なら△同馬▲6六銀に△5四馬と引いておいて、▲2二馬に△3二馬を見せて後手が良い。▲6六銀と上がらせたことによって△4六歩も生じている。
第3図 気になるのは△5五歩の瞬間に▲3七桂だ。△2八馬に▲5五歩を手を戻され、△3九馬▲同銀となった第3図は歩切れということもあり後手も容易ではない。△3五歩と桂頭を狙いたいが、▲2二馬と引かれて△3二銀なら▲3四歩と逆に桂の頭に打たれてしまうのが悩みだ。▲2二馬に△3六歩▲2三馬△3七歩成▲3三馬△4九飛▲5四歩…のような一直線の変化に持ち込むと、自陣に取り残された飛車が働くどころか攻めの目標になってしまっている。
 必ずしも振り飛車悪いというわけではないと思うが、もっと具体的に有利にできないだろうか。第1図まで戻って再び考えてみる。
再掲第1図
  再掲第1図以下の指し手4
 ▲3五飛 △3四歩 ▲3九飛 △5五歩
 ▲同 歩 △同角成 ▲6六銀 △1九馬
 ▲3二歩 △4六歩 (第4図)

 ▲3五飛△3四歩▲3九飛にここで△5五歩と打つのが最善手と思う。手抜いて▲3二歩なら△5六歩と取り込み、▲同銀に重く△5五歩▲6五銀と追ってから△4六歩と突く。次に△4七歩成~△3九角成があるので手抜けず▲4六同歩だが、△3九角成▲同銀△4六飛と走って次の飛車成りが受けづらい(参考1図)。
参考1図 3筋に飛車を回られた時に▲3七歩のような受けが二歩のため利かず、居飛車は二枚飛車の攻めをまともに受ける形となりそうだ。
 そこで▲5五同歩△同角成の進行は仕方がない。次の香取りと△5六歩を同時に受けるには▲6六銀しかないが、そこで△1九馬と手順と香車を拾ってみれば、▲3九飛に対して単に△1九馬よりもはるかに得をしているのが分かる。先手は▲3二歩くらいだがそこで△4六歩と突いた第4図では、飛車の活用が見込めて振り飛車が指しやすい。香を取る前に△5五歩と打ち、6六銀型にしておいた成果がはっきりと表れている。
第4図 以上三回に渡って先手の新鷺宮定跡を研究してきた。『四間飛車の急所3』『四間飛車破り【急戦編】』などの定跡書で振り飛車良しと明言されている第1図だが、詰みまで研究されている形ではないため難しいところも多いようだ。
 新鷺宮定跡の場合、他の急戦でよくあるようなお互いに飛車を成り合う華々しい展開にはならない。金銀も自陣を動かず、手持ちの角か馬を主力に歩で手を作っていく、どちらかといえば地味な将棋となる。だからこそ飛車が攻めに参加するようなことがあれば、それは形勢を左右する大きな要素となる。今回の参考1図や第4図を見ればお分かり頂けるだろう。

 以上のようなことを頭の片隅に置けば、先後どちらを持った場合でも新鷺宮定跡を指しこなす際の助けとなるはずである。ただし筆者としては、この形は四間飛車が有利という考えは数年前から変わっていない。
スポンサーサイト

先手新鷺宮定跡 対 後手四間飛車 ▲3一馬

 前回の研究では第1図から▲3二歩と垂らす手を調べてみたが、歩切れを突いて△3九角成と飛車を取られてうまくいかなかった。そこで今回は▲3一馬と飛車を取りに行く変化を研究してみたい。
第1図  第1図以下の指し手2
 ▲3一馬 △1九角成▲4二馬 △同 金
 (第2図)

 ▲3一馬に対して飛車を逃げていては▲2二馬と銀取りに引かれてしまう。よって△1九角成はこの一手だ。
 先手も▲4二馬と飛車角交換を果たして第2図。ここから先手はどのように攻めるか。

  第2図以下の指し手その1
 ▲2一飛 △3二金 ▲4一飛成△3四香
 (第3図)
第2図
 まずは平凡に▲2一飛と銀取りに打ってみる。対して△3二銀と引くのは▲1一飛成が香取りとなって後手つまらないので△3二金と受ける。そこで▲3四歩と攻めるのは△同銀と取られ、▲4一飛成には△2三銀と戻しておいて再び3四に打つ一歩がない。また▲4一飛成のところ▲2四飛成と成り返るのは、力強く△2三金と上がられて竜が自陣に押し戻されてしまう。
 そこで▲3四歩を含みに単に▲4一飛成と竜を作っておく。これに対して△5五歩もありそうだが、ここは得した香車を△3四香と打って相手の手を殺すのが分かりやすい。
第3図 第3図となっては先手に有効な手段がなく振り飛車良し。第2図で▲2一飛はうまくいかないようだ。

  第2図以下の指し手その2
 ▲3四歩 △2五桂 ▲3五飛 △4四角
 ▲4五飛 △4三歩 (第4図)

 第2図から先に▲3四歩と打つ手はどうか。△同銀は▲2二飛と打たれてまずいので△2五桂と逃げる一手。ここでも飛車打ちを含みにして先手は単に▲3五飛と走る。
第4図 対して△3二銀と引く手も味が良い。▲2三歩と垂らされる手が気になるが、強く△同銀と取って▲3三歩成には△4四角がある。本手順は先に△4四角と打っておき、▲4五飛に△4三歩と受けておいて第4図。依然として香得を維持している上に桂馬が2五に跳ねてさばけており、居飛車の4五の飛車も目標にできそうな振り飛車の指せる局面である。
 第1図から▲3一馬もやはり振り飛車良しとなった。次回は▲3五飛と走る手を研究してみる。



先手新鷺宮定跡 対 後手四間飛車 ▲3二歩

 今回より後手四間飛車に対して先手が左4六銀型の急戦を志向し、▲3四歩△同銀に飛車先を突き捨ててから▲3八飛と回る変化を解説してみたい。なお居飛車の作戦の呼称は便宜上「新鷺宮定跡」で今後は統一する。
 数年前は四間飛車に対してこの急戦を用いる者が多く、以前に自戦記でも述べた通り筆者も実戦と研究を重ねた。その結果は昔のホームページにも掲載しており、今回は新しい手順も交えての再掲載という形を採らせて頂く。変化そのものは最近はあまり指されていない形ではあるが、その内容は振り飛車にとって現在でも充分通用するものと自負している。

第1図 最近では、『四間飛車の急所3』『四間飛車破り【急戦編】』両定跡書でも新鷺宮定跡は詳しく解説されている。そのいずれもが第1図となり振り飛車良しと結論づけられているが、居飛車側の手も広く具体的な良さを求めるのはまだまだこれからである。

  第1図以下の指し手1
 ▲3二歩 △3九角成▲同 銀 △2六飛
 ▲3八銀 △2八飛成▲4八金 △4六歩
 ▲同 歩 △4七歩 ▲4九金 △1九竜
 (第2図)
参考図 ▲3二歩は△同飛なら▲同馬△同銀に▲2二飛を見せている。また放置して△1九角成とすれば▲2二馬△3四銀▲1二馬とこちらも香車を取ることができる。しかしこの瞬間に居飛車は歩切れとなったため、そこを突いて△3九角成と飛車を取り、△2六飛とここに打つのが好手だ。
 同じようでも△2七飛と打つのは▲1二馬の余地を与えて損である。△同銀は▲2八香で飛車を殺されてしまうので、以下△2九飛成▲2三馬△3九竜▲3三馬と取り合いになるが、4二に残された飛車が働いてるとは言えず振り飛車としては好んで飛び込む変化ではないだろう(参考図)。
第2図 △2六飛と打っておけば▲1二馬△同銀▲2八香と打たれても△3六飛とかわすことができる。かといってここで▲1八角と受けるようではあまりにつらい。本譜の▲3八銀△2八飛成▲4八金は苦心の受けだが、4筋に味をつけてから△1九竜と香車を拾った第2図では次に△3六歩~△2五桂が厳しい狙いとなり後手が有利である。
 第1図から▲3二歩は手筋の攻めだがうまくいかないようだ。次回では▲3一馬と寄る変化を調べてみることにする。


研究中の戦形を再び指す

第1図 今回も先手四間飛車対後手鷺宮定跡の実戦より。とは言っても角交換後に△7九角と打たずに駒組を進める、次回研究で紹介予定の形である。
 藤井九段の『四間飛車の急所2』には3筋か5筋の位を居飛車は取るべきと書かれていたが、筆者が先手ということもあり位を保ちつつ銀冠に組むことができている。振り飛車満足のように見える第1図、しかし先手陣には意外な欠陥があった。後手の立場に立って咎める手を考えて頂きたい。
【“研究中の戦形を再び指す”の続きを読む】