四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 持久戦(2)

第1図 いよいよ今回で後手鷺宮定跡に対する攻防も最終回、前回に引き続き角交換後に持久戦模様となる変化を研究する。前回では第1図より後手は△2二玉~△3二玉と端攻めを受けたが、先手に玉頭を絡められて攻められ非勢を招いた。そこで受け方を工夫してみることにする。

  第1図以下の指し手その2
 ▲1八香 △2三玉 ▲6九飛 △7八角
 ▲1九飛 △6七角成▲1五歩 △同 歩
 ▲同 香 △同 香 ▲同 飛 △1三香
 (第2図)
第2図 △2三玉は顔面受けとでも言うべき一手で、▲6九飛に△7八角~6七角成ともたれておくのが工夫の手順だ。あまりゆっくりしていると左辺からの攻めが間に合ってしまうため、先手も初志貫徹ですぐさま端攻めに出る。以下第2図となって、2三玉型のため飛車が殺されてしまったようだが…。

  第2図以下の指し手
 ▲1四歩 △同 香 ▲1二角 △同 玉
 ▲1四飛 △1三歩 ▲1九飛 △2二玉
 ▲2五歩 (第3図)
第3図 ▲1四歩△同香▲1二角が用意の切り返し。△1三玉は▲1四飛以下詰んでしまうため△1二同玉の一手だが、そこで▲1四飛△1三歩▲1九飛と引いておくのが落ち着いた一手。持ち駒の二枚香を駆使すれば必ず端は破れる。
 △2二玉は▲1七香なら△3二玉から早逃げをしてしまおうという意味だが、これには▲2五歩が好手。第3図以下△2五同歩なら▲2四香、△2五同桂も▲同桂△同歩にやはり▲2四香で、飛車成りを実現して振り飛車良しとなる。第1図で▲1八香に△2三玉と工夫の受けを見せるのも居飛車思わしい展開とはならないようだ。
 やはり▲6五歩△7七角成▲同銀には△7九角と打つ方が居飛車は戦えそうである。これに対する振り飛車の正解手は▲6六銀、以下は後手番ということもあり居飛車に苦労も多いが、両者最善を尽くせばいい勝負、と結論づけて本研究にも一区切りつけることにする。
スポンサーサイト

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 持久戦(1)

第1図 今回より第1図で後手が△7九角と打たず、持久戦模様になる変化の研究に移る。実戦でも居飛車が角打ちを見送ることが意外に多く、筆者も何度か経験のある形である。

  第1図以下の指し手
       △4四歩 ▲4七金 △8二飛
 ▲3六歩 △4二金直▲2六歩 △4三金右
 ▲3七桂 △2四歩 ▲2七銀 △3三桂
 ▲3八金 △7三桂 (第2図)

 △4四歩に対して、先手は角打ちを消して▲4七金と上がる。
第2図
 以下はお互いに玉形の整備が続く。第2図の△7三桂はもっと早く跳ねてくるかもしれないが、その際△6五桂▲同飛△7八角の筋は▲9八角で受かる。ただし▲9八香と上がる、もしくは▲9六歩と突いた場合(自戦記を参照)は攻めが成立してしまうので充分注意されたい。
 第2図から先手はどのように動くべきか。

  第2図以下の指し手1
 ▲1八香 △2二玉 ▲6九飛 △3二金
 ▲1九飛 △6五桂 ▲6六銀 △6四歩
 (第3図)
第3図
 ▲1八香以下、地下鉄飛車の構想で端に狙いをつけるのが打開策だ。居飛車も△2二玉~△3二金と備えるが、やや薄い印象は否めない。
 △6四歩と桂にヒモをつけた第3図では後手にも△8六歩や△8八角の狙いがあるが、先手が先制攻撃を仕掛ける。

  第3図以下の指し手
 ▲1五歩 △同 歩 ▲同 香 △同 香
 ▲同 飛 △1四歩 ▲1九飛 △8八角
 ▲6五銀 △同 歩 ▲2五歩 △同 歩
 ▲2四歩 (第4図)
第4図
 ▲1五歩△同歩▲同香に△1三歩も考えられるが、▲2五歩△同歩▲2四歩と垂らしておいて、次に▲1三香成△同香▲1四歩△同香▲同飛△1三歩に▲2三香、あるいは▲6五銀~▲2三桂のような攻めを見せて振り飛車が指せる。
 本譜も香交換後にいったん▲1九飛と引くことになるが、やはり▲2五歩△同歩▲2四歩が厳しい。第4図では左辺に遊び駒も多く、居飛車は支えきれそうもない。
 次回では第2図に戻って、端攻めを違う形で受ける手順を調べてみたい。本研究も次で最終回の予定である。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(7)

第1図 今回も▲6六銀に対して△8二飛と寄る手を研究する。第1図は8筋交換を防いで▲7七角と打ったところ。前回はここで△4四歩と突いたが、先手に攻勢に出られてしまい居飛車思わしい展開とはならなかった。そこで△4四銀と上がって次の▲6九飛△4六角成▲5七銀に備えてみる。

  第1図以下の指し手その2
       △4四銀 ▲5五歩 △7五歩
 ▲同 銀 △5五銀 ▲6四歩 △同 銀
 ▲同 銀 (第2図)
第2図 △4四銀にも振り飛車は▲5五歩と攻める。△7五歩は杉本-植山戦(1994年・C級2組順位戦)で植山六段が見せた手筋の一着で、▲同歩なら△8六歩▲同歩△5五歩▲同銀△7六歩で居飛車が良い。
 よって▲7五同銀と取るのは仕方ないところ。△5五銀に対して▲6四歩△同銀▲同銀とぶつけて第2図。△6八角成が見えているが…。

  第2図以下の指し手
       △6四同銀▲同 飛 △4六角成
 ▲6九飛 △4四銀 ▲4七金 △7三馬
 ▲1五歩 (第3図)
第3図
 第2図で△6八角成は▲同金△6四銀▲1一角成△2二銀に▲8四香と、前々回で紹介した筋がある。△8四同飛は▲2二馬~▲6六角の王手飛車で先手良し。ただし△7二飛▲1二馬△7六飛のような展開は考えられる。
 実戦の進行は銀交換を果たして振り飛車に不満はない。以下△4六角成と馬を作られたものの、▲1一角成を防いで△4四銀と打たざるを得ないのがつらい。第3図の▲1五歩が急所で、△同歩なら▲1三歩△同香▲1四歩△同香▲2五銀がある。飛車角も軽い形で先手良しだ。
第4図  第1図以下の指し手その3
       △4四銀 ▲5五歩 △同 歩
 ▲同 銀 △6八角成▲同 金 △3三銀
 ▲4五歩 (第4図)

 第1図に戻って、△4四銀▲5五歩に単に△同歩も考えられる。△6八角成を決めてから△3三銀と引き、▲4五歩と突いて第4図。居飛車が先手の言いなりになっているようだが、△8六歩▲同歩△8八歩の狙いもありいい勝負か。ただし居飛車陣は薄く、実戦的に後手を持って勝つのは大変か。
 △7九角▲6六銀に△8二飛と回り、▲7七角に△4四銀と打つのが居飛車は最善のようだ。第2図で△6八角成の変化や、第4図のような展開なら後手も充分戦えると思う。
 次回は居飛車が△7九角と打たない変化を調べてみることにする。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(6)

第1図 第1図から△6八角成と飛車を取る手、△4四歩と振り飛車の攻めに備える手をそれぞれ調べてきたが、いずれも居飛車にとって芳しい結果は得られなかった。
 そこで今回からは△8二飛と活用する手を調べてみたい。次の△8六歩を防いで▲7七角と打つのは必然となり、第2図を迎える。
 先手は次に狙いがある。すなわち第2図で△7三桂などと跳ねると、すかさず▲6九飛△4六角成に▲5七銀と角筋を通しつつ引かれて、馬と香車の両取りがかかってしまう。実戦でもうっかりしやすい手順である。
第2図 △6八角成を決めることなくこの筋を防ぐには7七の角筋を止めるしかない。△3三桂ではいかにも薄いので、△4四歩か△4四銀の二通りだ。まずは前者から見て行く。

  第2図以下の指し手その1
       △4四歩 ▲5五歩 △8六歩
 ▲同 歩 △4二金直 (第3図)

 △4四歩には先手も▲5五歩と仕掛ける。上部の薄い居飛車はこれを△同歩と取りづらく、かと言って△4三金と上がるわけにもいかない。
第3図 そこで8筋の突き捨てを入れてから△4二金直と構える。単純に▲5四歩△同銀▲5五銀なら、後に△8六飛と走る手が生じて居飛車も戦えそうだ。先手にも攻めの工夫が求められる。

  第3図以下の指し手
 ▲4五歩 △同 歩 ▲5四歩 △同 銀  
 ▲5五銀 △6八角成▲同 金 △5五銀
 ▲同 角 △8六飛 ▲1一角成(第4図)

 ▲4五歩△同歩とこじ開けてから、▲5四歩~▲5五銀を敢行するのがこの際の手順だ。
第4図 ▲5五銀の瞬間に△6八角成▲同金を入れるのも、▲7八飛と角を殺される筋を避けて当然。結局5五で銀交換となったが、以下振り飛車は自然に指して第4図。8筋突き捨ての効果で飛車はさばかれたものの、先に香得しつつ急所に馬を作った先手の優勢は明らかだ。△2二銀には当然▲同馬~▲7七角で良い。
 そもそもこの手順は前回紹介した、第1図で△4四歩と突く変化に比べて居飛車が手損している計算になる。前回では先手が5筋の歩を交換してから再度▲5五歩とあわせたためだが、陣形の整備の遅れがそのまま形勢不利に直結してしまったようだ。

 次回では第2図で△4四銀と上がる変化に移る。いよいよ本研究も大詰めである。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(5)

第1図 前々回と前回では第1図から△6八角成と飛車を取って攻める順を研究してみたが、振り飛車の反撃を受けて形勢は思わしくなかった。そこで今回は別の手を調べてみる。

  第1図以下の指し手2
       △4四歩 ▲5五歩 △同 歩
 ▲同 銀 △6八角成▲同 金 △5四歩
 ▲6六銀 (第2図)

 △4四歩と突いて、予め振り飛車の攻めに備える手は考えられるところだ。
第2図 先手は▲5五歩と突く。単なる一歩交換が狙いのようだが、△5五同銀▲同銀に手拍子で△5四歩と打つとすかさず▲7八飛がある。5五の銀で4六歩にヒモがつき、角が死んでいるのを確かめて欲しい。
 そこで▲5五同銀の瞬間に△6八角成を決め、△5四歩▲6六銀と収めて第2図。ここから居飛車はどのように戦うべきか。

  第2図以下の指し手
       △8二飛 ▲7七角 △4三金
 ▲5五歩 △同 歩 ▲4五歩 △同 歩
 ▲5五銀 (第3図)
第3図
 手持ちの飛車を打つ場所がない後手は、盤上の飛車を△8二飛と活用する。▲7七角は受け一方ではなく攻めにも働くのは言うまでもない。△4三金と上部に備えるが、それでも▲5五歩と再度合わせる。△同歩の一手にさらに▲4五歩。次に▲4四歩~▲5五銀となってはまずいのでこれも取るしかない。そこで▲5五銀と出て第3図。

  第3図以下の指し手
       △5四歩 ▲同 銀 △同 銀
 ▲1一角成△2二銀 ▲8四香 (第4図)
第4図
 次に▲4四歩~▲5四角の強襲を受けてはまずい。△5四歩と受けるしかないが、そこで▲同銀から▲1一角成と攻め立てる。△2二銀と受けられて後続手段がないようでも、そこで▲8四香が痛烈。△同飛なら▲2二馬△同玉▲6六角の王手飛車取りだ。以下飛車を取って駒の損得自体はないものの、玉形の差と先手の角が攻防に利くため振り飛車が良い。
 また第4図で△7二飛にはいったん▲1二馬と逃げておき、これも次に▲8一香成や▲6一角の狙いがある振り飛車の指せる将棋となる。
 第1図で△4四歩も居飛車がうまくいかないようだ。次回ではさらに別の手を調べてみることにしたい。
次のページ