四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手四間飛車対後手6五歩早仕掛け △7七角成~△2ニ角(2)

第1図 前々回では第1図から△6五同桂と取る変化を研究したが結論は四間飛車良し。前回では△7七角成▲同桂△2ニ角▲5五歩△同角▲6七飛にそこで△6五桂と取る変化を調べてみたが、難解ながらも先手が充分に指せる将棋となった。今回は最後の△6五桂に替えて、△6六歩▲5七飛を決めて第2図のように△8六飛と走る変化を研究してみたい。

  第2図以下の指し手
 ▲4五桂 △8八飛成 ▲6三歩 (第3図)
第2図 この形での従来の定跡は▲5六銀だが、先手番の際は一手の得を活かして▲4五桂と跳ねることができる。これに対して△4四銀と逃げるのも自然な一手ながら、▲5三歩と打てるのが5筋を突き捨てた効果だ。ここでは△5一金と逃げるよりないが(歩を打たれて取るくらいならはじめから▲4五桂を放置すべきである)、▲5四銀と出る手が何かの時に△4五銀と抜かれる筋も防いでおり味が良い。以下△8八飛成くらいだが、▲6三歩△7一銀▲6五桂がで振り飛車が優勢となる(参考図)。これだけくさびを打ち込まれては居飛車陣も持ちこたえられそうにない。
参考図 参考図は左香を除いて先手の全ての駒がさばけており、まさに振り飛車の理想的展開と言える。
 よって後手も▲4五桂には銀を逃げずに△8八飛成と手抜く。ここで▲5三桂成と単純に取り、△同銀に▲5五飛△同歩▲5四歩と攻めるのもありそうだが、飛車を渡すと△7九飛などと打たれた時に何か受けなければいけないのが不満だ。ここはすぐに形を決めずに、▲6三歩と手筋を放って第3図となる。△5一銀と逃げるようではあまりにも利かされすぎだが、金と銀のどちらで取るべきか。
第3図  第3図以下の指し手1
       △6三同銀▲5三桂成△同金直
 ▲6二銀 △5ニ金引▲5五飛 △同 歩
 ▲7三銀成△6七歩成▲5九歩 (第4図)

 形からいけば△6三同銀と取るのが自然だが、そこで▲5三桂成とされてみると金で取らざるを得ないのがつらいところ。△同金左と取るのは▲5五飛△同歩▲5四歩くらいで、5ニの金が離れ駒になる展開となり居飛車がまずい。そこで△同金直だが今度は▲6二銀が好手となる。
第4図 ここで△6五桂は▲5五飛△同歩▲5三銀成△同金▲6五桂で完全なやぶへび。やむなく△5ニ金引だが角を取っての▲7三銀成で先手の銀得となった。△6七歩成にあわてず▲5九歩と受けておくのが、△5八とを防ぐだけでなく二枚飛車の攻めにもあらかじめ備えた好手で、第4図は四間飛車が優勢である。以下△6四歩には▲4五角がぴったりだ。

  第3図以下の指し手2
       △6三同金▲5三桂成△同銀
 ▲7ニ角 △6二金 ▲5四銀 △4四銀 
 (第5図)
第5図 今度は△6三同金と取ってみる。▲5三桂成に△同銀と形よく取れるのが主張だが、代わりに
▲7ニ角が生じた。△6二金に▲5四銀が気持ちのいい進出で、△7ニ金なら▲5五飛と角を取り返せる。従来はこれで先手良しとされており、確かに決まったかに思えるが△4四銀が粘り強い手で第5図となる。
 ここで▲5一銀の強襲も相当ながらさすがに無理気味か。▲6三角成△同金▲同銀成で指せそうだが、いずれ先手は飛車を切る展開になるため、攻めあぐねると反撃がきつそうだ。個人的にははっきり優勢とまでは断言できない形勢と思う。

 以上三回に渡って先手四間飛車に対する後手の6五歩早仕掛けを研究してみた。いずれも▲3七桂の一手は充分に活きて指せそうだが、実戦的には難解な終盤となりそうだ。居飛車党としては後手番での急戦の損なイメージ、薄い玉、振り飛車に攻められる展開ということもあり指す気はしないかもしれないが、四間飛車党としては対策を立てておくに越したことはないだろう。
 筆者としては△6五歩(▲4五歩)早仕掛けのこの変化は居飛車の飛車に成り込まれるため、互角以上の戦いでも実戦的に勝ちづらい感触がある。
スポンサーサイト

先手四間飛車対後手6五歩早仕掛け △7七角成~△2ニ角(1)

第1図 今回も後手の△6五歩早仕掛けを研究する。前回は第1図で△6五同桂と取ってみたが、▲3七桂と跳ねてある形が活きて四間飛車良しとなった。今回は別の手、すなわち△7七角成を調べてみる。▲同桂と取った局面が再び分岐点で、第2図の△2二角の他にも△6五桂が考えられる。
 しかしこれには▲同桂と取って、以下△4四銀は▲6三歩△同金▲6四歩△同金▲7三角、△6四銀は▲7七角△4四角▲同角△同歩▲7七角(▲8五桂もある)でいずれも四間飛車が有利。この手順は振り飛車が後手番の際にも応用可能だ。
第2図 本譜は△2二角と打って第2図。ここで▲6七飛が受けの形だが…。

  第2図以下の指し手
 ▲5五歩 △同 角 ▲6七飛 △6五桂
 ▲同 桂 △6四銀 ▲5三歩 △5一金
 ▲6三歩 △同 銀 ▲7三桂成(第3図)

 3七桂型のためいつでも▲4五桂の攻めがあるので、単に▲6七飛ではなく▲5五歩△同角を入れて5筋の歩を切っておくのが良いだろう。▲6七飛に△6五桂と取ったが、ここで△6六歩▲5七飛△8六飛は次回研究する。
参考図  △6四銀に▲5三歩と打てるのもこの形の利点である。△5一金と逃げる手では△6三金も上部を厚くして有力ながら、そこでじっと▲2六桂が力をためる好手(参考図)。以下△9九角成は▲3四桂△4一金▲5ニ角、△6六銀は▲同飛△同角▲3四桂、△6六歩▲5七飛△6五銀は▲5五飛△同歩▲3四桂、でいずれも攻めが続く形である。▲3四桂を防いで△3三銀も考えられるが、3七桂型が活きてすぐに▲4五桂があるのも先手番ならではだ。
 本譜の△5一金には▲6三歩△同銀▲7三桂成(第3図)の攻めが決まったようだが…。
第3図  第3図以下の指し手
       △6六歩 ▲6三成桂△6七歩成
 ▲5二銀 △同金直 ▲同歩成 △同 金
 ▲同成桂 △同 飛 (第4図)

 △6六歩が当然の切り返し。ここで飛車ではなく▲6三成桂と銀の方を取るのが急所だ。余儀ない△6七歩成に拠点を活かして▲5二銀と打ち込む。全て清算して△5ニ同飛となった局面は、手順は違うが先後逆で▲3七桂の一手が入っていない形でのプロの将棋にも現れている(2002年 阿久津-小倉戦)。
第4図 実戦は▲6三角(△4七角)以下四間飛車の勝ち。藤井九段・渡辺竜王の両著にもこの形は紹介されており、両者の意見を統合すると難解な終盤と言うよりなさそうだ。ただしこの展開ならば、▲3七桂と跳ねてある一手は活きるのではないだろうか。
 これはあくまで仮想手順だが、第4図から▲5三歩と打ってみる。△同銀は▲6三金、△同飛は▲4五桂があるので△8ニ飛とでも逃げるのだろうが、そこで筋悪だが▲5ニ金と打てば後手玉は詰めろである。▲2四桂以下、3七桂型が活きて最後は▲4五歩や▲2五桂でぴったり詰むのを確認して頂きたい。
仮想図 △9九角成と馬を作れば▲4五歩に△5五玉を用意して詰めろは逃れるが、▲2四桂△同歩(玉を逃げるのは詰み)▲4一角△3三玉▲2三金△4四玉に▲5六金で必死となってしまう(仮想図)。
 これは作った手順で実際には▲5三歩△8ニ飛▲5ニ金に△2ニ玉が手筋の早逃げだが、そこで▲2六桂が厳しい(△2五銀が打てない)。 遡って第4図は今後の研究課題ではあるが、3七桂型が活きることはあっても咎められて先手が悪いという、四間飛車対急戦の将棋にありがちな指した手がむしろマイナスになるパターンに陥ることは無さそうである。

 いささか曖昧な結論ではあるが、第1図で△7七角成~△2ニ角~△6五桂は難解な形勢としたい。個人的には居飛車が好んで指す将棋ではないように思う。次回は△6五桂に替えて△6六歩▲5七飛△8六飛を研究する。

先手四間飛車対後手6五歩早仕掛け △6五同桂

 後手四間飛車に対して先手が急戦を仕掛ける形は、従来の定跡書で数多く解説されてきた。しかしこれが先後逆となると途端に見当たらなくなる。中でも先後の差が大きい△6五歩早仕掛けに今回は焦点を当ててみたい。
第1図 四間飛車が先手の場合、居飛車が△4二金直も入れて駒組みを進めると第1図のようになる。▲3七桂の一手が入っているのがどのように影響するだろうか。

  第1図以下の指し手
       △8六歩 ▲同 歩 △6六歩
 ▲同 銀 △6五歩 ▲同 銀 (第2図)

 先手番と同じように△8六歩と居飛車は仕掛ける。対して▲同角と取るのは、△6六歩▲同銀△6七歩…の変化で△1五歩と攻められた場合、▲3七桂型なので端が薄い。
第2図 図面等詳しい解説は省略するが、指した手がマイナスになるようでは先手の利を活かしているとは言えない。
 そこで▲8六同歩と取り、△6六歩▲同銀△6五歩と進む。ここで▲5七銀と引く手よりも強く▲6五同銀が優るのは四間飛車が後手の場合と同じだ。そしてやはり、この第2図が居飛車にとっても分岐点となる。

  第2図以下の指し手1
       △6五同桂▲2ニ角成△同 玉
 ▲6五飛 △8七角 ▲8五飛 △同 飛
 ▲同 歩 △7六角成▲2六桂 (第3図)
参考図
 まずは△6五同桂の変化から調べてみる。四間飛車側から角を交換して▲6五飛と桂馬を取るのは先後逆の場合と同じだ。△8七角では△3二玉と玉形を整える手もあるが、これに対しては後手四間飛車と同じ要領で良い。すなわち▲4五桂△4四銀▲6四角△7三銀打▲4二角成△同玉▲7七桂(参考図)。
 ▲3七桂型となっているため▲4五桂と「打つ」のではなく「跳ねる」ことができる。▲7七桂はその瞬間持ち駒が角だけで居飛車に思わしい手がないのを見越した好手だが、温存した桂馬を単に▲8五桂でも振り飛車が良いだろう。
第3図 本譜の△8七角には▲8五飛とぶつけてしまうのが分かりやすい。▲2六桂とすぐに打つ手ももちろん有力だが、△7六角成の余地を与えるだけ明確さに欠ける。飛車交換後に△7六角成(△6九飛でも同じく▲2六桂で良い)▲2六桂と進んで第3図。部分的には定跡形だが、▲3七桂の一手が入っているため△3三銀、△3三金いずれの受けにもすぐ▲4五桂と跳ねることができる。以下△3三銀▲4五桂△4四銀右▲3三桂成△同銀▲8一飛△5一銀▲6二歩△6九飛▲4八金直のような進行が一例だが、先手良しは明らかだ。

 第2図の▲6五同銀に△同桂と取る手は、どのような変化になっても▲3七桂と跳ねている形を活かすことができて四間飛車有利となった。次回では居飛車の別の手段を研究してみる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。