四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間対左6四銀』考察その4

 今回は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』第8章の「▲7八飛に△4二金上」の変化を研究する。

基本図 同著では基本図以下△7六歩▲同銀△8六歩▲同歩△7二飛▲7四歩△同飛▲6五歩△7七角成▲同飛△5三銀引▲7五歩△7一飛▲7八飛△7七歩▲同桂△8九角▲8八飛△5六角成▲8二角△8七歩▲6八飛△8九馬▲8七銀△7八歩▲7一角成△同銀▲8三飛△9二角▲8五飛成で「先手充分」というのが結論(第1図)。
 ここに至るまでの変化は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』を参照して頂きたい。では早速この手順について検討してみたいと思う。

第1図 第1図に至るまでの手順中、▲8三飛に対して△9八馬と香車を取る手が昔から個人的には気になっていた。飛車を取られたくないと思えば▲8一飛成△8七馬▲7一飛成▲7七馬の変化に飛び込むしかないが、これでは自信がない。しかし△9八馬に▲同銀と取り、△8二香で飛車は死ぬものの以下▲同飛成△同銀に▲7八飛と歩を払った局面は振り飛車が指せるか(第2図)。
 9八にいる銀が一時的にひどい形だが、後手の8二の銀もうかつに動けない(▲7二角の筋をちらつかせる)。居飛車歩切れということもあり手を作るのは難しそうだ。第2図

 続いて基本図より△7六歩▲同銀△7五歩▲6七銀△7三銀引の亜急戦(準急戦)はどうか。これに対しては▲7六歩と反発し、以下△7四銀▲9五角△7六歩▲同銀△8六歩▲同角△7五歩▲同銀△同銀▲同飛△6六角▲7六飛△8八角成▲7一銀△8七馬▲4二角成△同玉▲7九飛という手順が『新・振り飛車党宣言!〈1〉最先端の四間飛車』P35に紹介されている。以下「どのように飛車を取っても馬が遊ぶ形で、振り飛車良し」とのこと(第3図)。△4二金直と上がっているので▲4二角成と切れるのが大きい。第3図

 戻って△8六歩のところ△9四歩▲5九角△8六歩▲同歩△7五歩の変化はどうか。▲同銀△同銀▲同飛△6六角▲7六飛(▲7七飛は△同角成▲同角△3三銀で自信なし)△8八角成▲7一銀△9八馬に▲7七飛と引くのが『新スーパー四間飛車1』及び『世紀末四間飛車―先手必勝編』で紹介されている好手で振り飛車が指せる。また『世紀末四間飛車―先手必勝編』には途中△6六角に▲8五飛と回る手が「世紀末流」として紹介されており、△8五同飛・△8四歩いずれも振り飛車良しと述べられている。

第4図 基本図以下からいくつかの変化を調べてみたが、居飛車が明確に良しとなる手順は発見できなかった。個人的には以前自戦記でも紹介した、第1図までの途中△8九馬に代えて△7四歩の変化が気になる。居飛車にもまだまだ隠された好手が潜んでいる可能性はあるが、現時点でのnusonoの結論は「基本図は振り飛車が指せる」ということにしておきたい。

 4回に渡ってお送りしてきた『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間対左6四銀』考察も今回が最終回です。明日からは自戦記に戻ると思いますが、今月に入って一局も将棋を指していないという現状なのでどうなることやら……。
スポンサーサイト

『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間対左6四銀』考察その3

 引き続き『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』第7章の「▲7六同銀に△7五歩」の変化を研究する。基本図から▲7六歩に代えて▲5七金と立ってみる。

基本図 同著では以下△7四銀▲5九角△7二飛▲3六歩△6四歩▲9八香△5三銀▲4五歩△4二金直▲2六歩△9四歩▲9六歩△6二飛▲6八飛△8二飛▲6九飛△8六歩▲同歩△6五歩▲3七角△8六飛▲9一角成△6六歩▲5八銀△8八飛成▲9二馬△6三金▲6五香△7三金(第1図)と進み「竜の威力が強く後手充分」とされている。
 ここに至るまでの変化は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』を参照して頂きたい。では早速他の定跡書と照らし合わせてみる。

第1図 『新・振り飛車党宣言!〈1〉最先端の四間飛車』P29~では前述の手順中▲2六歩に代えて▲4七金と戻し、以下△8二飛▲2六歩△8六歩▲同歩△6五歩▲同歩△9九角成▲7七角△同馬▲同飛で「陣形の差で振り飛車勝ちやすい」と述べられている。ただし▲4七金に△6二飛の対応については述べられていない。
 また『四間飛車破り【急戦編】』では類似形(▲2六歩に代えて▲7七角と戻した局面)から△8六歩▲同歩△7三桂が有力視されている。以下▲7六歩△同銀▲5九角△6三金▲7六銀△6六角▲7五歩△6五銀▲6七銀△9九角成で「居飛車やれる」とのこと(第2図)。第2図
 第2図以下の詳しい変化は『四間飛車破り【急戦編】』P261~を参照のこと。
 どうやら振り飛車には工夫が必要のようだ。そこで基本図に戻り、△4二金直▲9八香の交換を入れてから▲5九金△7四銀▲5九角△7二飛に▲7九飛と引く手が『新スーパー四間飛車1』P42で紹介されている。ただし以下△6四歩▲7七桂△8二飛▲8九飛△5三銀▲3六歩△9四歩▲9六歩△7三桂▲3七角(第3図)と進み、結論は「千日手模様」。
 先手番なのに千日手模様では面白くないが、基本図以下の手順としてはこれが最善か。第3図
 
 同著では△4二金直▲9八香の交換が入った形で△7二飛に▲3六歩△6四歩▲4七銀△6五歩▲3五歩△6六歩▲同銀△6五歩▲7七銀△3五歩▲3八飛と玉頭を狙う変化も記載されているが、△4一玉と当たりをさけるのが好手で「どちらかといえば後手持ちの局面」と述べられている。
 結局のところ『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』の「△6二飛」という新手が好手で、振り飛車としては第3図のように千日手にするのが精一杯のようだ。とりあえずこれをnusonoの結論としたい。前日とあわせて基本図の△7三銀引は居飛車有力。△6二飛に対する何かいい対策があれば是非教えて頂きたい。

 次回は第8章「▲7八飛に△4二金上」の変化を検討してみたい。

『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間対左6四銀』考察その2

 今日は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』第7章の「▲7六同銀に△7五歩」の変化を検討してみたい。▲6七銀に△7三銀引と亜急戦(準急戦)を目指したのが基本図。

基本図 同著では基本図以下、▲7六歩△7四銀▲9五角△7六歩▲同銀△9四歩▲5九角△8六歩▲同歩△7五歩▲同銀△同銀▲同飛△6六角▲7七飛△7六歩▲同飛△9九角成▲7一銀△7二香▲8二銀不成△7六香▲8一銀不成△8九馬▲7二銀成△5三銀▲4五桂△4二銀▲6四歩△7九馬▲6三歩成△同金で「香得でわずかに後手が指せる」という結論となっている(第1図)。
 ここに至るまでの変化は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』を参照して頂きたい。では早速だが他の定跡書と照らし合わせてみる。第1図

 『新・振り飛車党宣言!〈1〉最先端の四間飛車』P33では△4二金直と▲9八香の交換が入った形で、▲8二銀不成のところ▲8二銀成として以下△7五香(途中で△9八馬と香車を取る手にいったん▲7五飛と逃げている)▲7二成銀△5三銀▲6四歩△同歩▲6三歩で「次に▲6一飛が厳しく振り飛車良し」とされている。しかし先程の手順のように▲6四歩を手抜きで△8九馬だと先手が大変か。
 この変化は居飛車良し、と結論づけるのはしかしまだ早い。△9九角成に▲7七角とぶつける手が有力だからだ。
第2図
 『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』では△7七同馬なら▲同桂で香損でも一局の将棋。△9八馬が有力で以下▲7五飛△3三銀▲7一銀に△7二香で「後手充分」と検討が打ち切られている。しかし『世紀末四間飛車―先手必勝編』では類似系(△4二金直が入った形)で以下▲3三角成△同桂▲8一銀不成(第2図)△6九飛▲7二銀成△5三銀▲2六桂で「振り飛車必勝」とある。ただし4一金型なら最後の▲2六桂がやや甘く、また▲7二成銀に△5一銀と逃げる手も考えられるため難解か。

第3図 基本図に戻って▲7六歩△7四銀▲9五角に先に△8六歩と突く手を調べてみる。『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』では一言も触れられていない手だが、以下▲8六同角△7五歩▲同銀△同銀▲同飛△6六角▲7六飛△8八角成▲7一銀△8七馬(第3図)と進めば居飛車良し。仮に▲9八香と△4二金直の交換が入っていれば、▲4二角成△同玉▲7九飛(『新・振り飛車党宣言!〈1〉最先端の四間飛車』に載っている一手)で振り飛車良し。▲7九飛のところ▲7四飛も有力で、△6五馬▲8二銀成△7四馬▲7二成銀で難しいのだが、第3図では▲4二角成が空成りになる。第4図
 よって▲8二銀成△7六馬と飛車を取り合う展開になるが、これは居飛車の馬が好位置で四間飛車側が悪い。
 戻って△8六歩に▲同歩と取るのはどうか。やはり▲7八香と△4二金直の交換が入った形で『世紀末四間飛車―先手必勝編』P81で解説されている一手で、以下△7六歩▲同銀△6六角▲6七銀△7七歩▲同桂(▲8八飛は△2二角▲8五歩△7五銀▲7六歩△7八歩成▲同飛△8五飛で居飛車優勢)△2二角▲6六歩△7五歩▲8五桂△8三飛で「振り飛車大変」と紹介されている。同著はかなり四間飛車びいきの本だが、第4図を見ていると次に△9四歩がありとても筆者は自信が持てない。

 というわけでnusonoの結論。▲9九香△4一金型では△7六歩▲同銀△7五歩▲6七銀△7三銀引が有力。▲7六歩なら△7四銀▲9五角にそこで△8六歩で、以下▲同角は第3図、▲同歩は第4図で振り飛車劣勢。

 次回は△7三銀引に▲5七金の変化を研究してみたい。

『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間対左6四銀』考察その1

 本日より数回に分けて『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』と他の定跡書を照らし合わせて考察してみたい。まずは第3章の「△7二飛に▲7三歩の変化」から。

基本図 同著では基本図の先手9九香型、後手4一金型がメイン。ここから▲7三歩には△同飛が最善とされており、以下▲6五歩△7七角成▲同飛△5三銀引▲8二角△8八角▲7三角成△同桂▲7四歩△9九角成▲7三歩成△同銀▲7一飛△6二銀引▲9一飛成に△7一香が好手で「後手が指せる展開」と記されている(第1図)。
 ここまでの手順の変化、あるいは第1図以降の変化は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』を参考にして頂きたい。なお蛇足ながら『四間飛車道場 左4六銀』では先後逆にして振り飛車6三歩型で同様の変化を「形勢不明」と結論づけている。第1図

 さて、では基本図で▲9八香と△4二金直の交換が入っているとどうなるか。
 基本図~第1図と同様の変化を選ぶと、△9九角成の時に後手の持ち駒に香車がないため△7一香が打てず、これは振り飛車有利の展開になることが予想される。
 よって▲7三歩には△同銀上を選択。『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』では1Pしか触れられていないが、一局の将棋とされている。以下▲6五歩△7七角成▲同桂△5三銀▲8五桂△6二銀引の局面で振り飛車がどう指すか(第2図)。第2図

 『四間飛車道場 左4六銀』P15では居飛車苦戦と表記されているが、この場合は4六歩型のため▲4六角と打てないため悩ましい。▲8三角は△8二飛▲7四角成で9八香型のため△6六角は甘いが、△8四歩と桂馬を殺されても、また△8九角と打たれても筆者としては自信がない。よって▲6七銀が有力と思われる。△7八飛成▲同銀の局面は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』では「一局の将棋」となっているが、9八香型をとがめて△8八飛が気になる。

第3図 ▲7七角△7八飛成▲1一角成△2二銀▲1二飛△9九角▲1五歩と進んで第3図。4二金型のため△3一金と寄る補強は効かない。しかし第3図で△3一玉が気になる。次に△1一銀と取られてはまずいので▲2二馬△同角成、そこで▲1四飛成、及び▲2二同飛成△同玉▲1四歩△1二歩の変化はいずれも振り飛車自信なし。
 よって△8八飛には▲6七銀が最善だろう。以下△9八飛成▲8三飛と進めば振り飛車だけ桂馬を取れる展開が予想され、これは先手良しか。

第4図 そこで第4図に戻って居飛車の工夫を考えてみる。例えば△7九飛▲6七銀△7一飛成と自陣竜を作れば左辺は鉄壁だが、先手からの▲1五歩△同歩▲1四歩が気になる。取ればもちろん▲1二飛、手抜いても▲1四歩の取り込みが残る。しかし▲1四歩と垂らした瞬間に△8四歩と桂馬を殺しておいて▲1五香△1二歩と辛抱すれば、7一の竜の存在が大きく振り飛車も大変か。▲1三歩成△同歩▲同香成には△同桂と取っておいて、▲1四歩に△1二香打で逆に端を逆襲される展開になる。いざとなれば7一の竜も端攻めに参加できる形だ。

 第4図で△7九飛▲6七銀△7一飛成にじっと▲4五歩と突く手は有力か。次に▲6六角と▲4六角の両狙いがある。だが▲6六角の筋は△3三桂と受けても1一の香にヒモがついているのでやや甘く、▲4六角も△8二歩と辛抱されるとそれほど効果的とはいえない。

 というわけでnusonoの結論。もし▲9八香と△4二金直の交換が入っている場合、▲7三歩には△同銀上が有力。第4図以下△7九飛▲6七銀△7一飛成の自陣竜が手厚く振り飛車も手を作るのが大変、ということにしておく。振り飛車に良い手があったら是非教えて頂きたい。

 明日は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』第7章の「▲7六同銀に△7五歩」の変化を考察してみたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。