四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れないことはするもんじゃない

 筆者の実戦より。今回は気分を変えるというか、頭の中に六段との激戦及び六段との激戦再び『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P80結果図を先後逆にした形から△2四歩と突く手を居飛車側を持ってみたくて穴熊にすることを想定において指していたので対四間美濃棒銀は封印。しかし第1図以下、「慣れないことはするもんじゃない」ということをまざまざと思い知らされる羽目になる。

第1図  第1図以下の指し手
        △4五同歩?▲同 桂 △7七角成
 ▲同 銀 △4四銀?  ▲7一角 △7二飛
 ▲4四角成△同 金  ▲5三桂成△5五角
 (第2図)

 △4五同歩ではおそらく△4二角が最善。『四間飛車を指しこなす本2』の4八飛戦法は既に▲5八金と上がっているので使えない。本譜角交換後の△4四銀も悪手で6二に引いて辛抱すべき。▲6四歩△同歩▲同飛には△5五角がある。実戦は駒得ながら成桂を作られてしまった。遅まきながら△5五角と打ったが……。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲6四歩 △同 歩 ▲4六歩 △7三飛
 ▲6二銀 △8三飛 ▲4七金 △4五歩
 ▲5六金 △4六角 ▲同 金 △同 歩
 ▲6一角 △8二飛 ▲5二成桂(第3図)

 6筋を突き捨て角の退路をなくしてから▲4六歩が好手。△7三飛▲6二銀△8三飛と持駒の銀を使わせたものの▲4七金も冷静。しかし△4五歩に▲5六金は結果的に一手パスとなりどうだったか。第3図では一見すると後手玉ピンチに見えるが……。第3図

  第3図以下の指し手
        △6二飛 ▲同成桂 △4七歩成
 ▲同 銀 △3七銀 ▲5二成桂△4八歩
 ▲同 金 △2八角 ▲4九玉  △5二金
 ▲同角成 △4二金 ▲8二飛  △5五桂
 (第4図)

 △6二飛▲同成桂で手番が回ってきたが、攻めてみても手が続かず△5二金と結局手を戻すようでは変調か。第4図の△5五桂は悪手で、ここで▲4二馬△同銀▲5三金なら寄り筋だっただろう。第4図
 しかし実戦は単に▲5三金と打ってきたため、△5二金▲同飛成△2三玉で急に自玉の安全度が増した。序盤で突いた△2四歩がここになって活きるとは望外の展開である。以下▲4三金△同金▲同竜△3三金▲4一竜△3二銀▲3一竜△2二角▲8一竜△4八銀成▲同飛△3七角成と進み、この瞬間先手玉が詰めろでないため恐いが3七の馬が守りにも利いておりここでは逆転模様か。本譜は▲3八金と受けてきたため、△4七桂成▲同金△1九馬▲3一銀に△4一香が攻防の一手となった。▲1五桂△1四玉▲2二銀不成の形が後手玉が意外に寄らない(1九の香車を取ったので1六に抜ける筋がある)。
 
 こうしてなんとか逆転勝ちをおさめたわけだが、やはり慣れないことはするものではないと痛感した一局。しかしこの仕掛けは果たして成立するのか?今度第1図を四間飛車側をもって指してみたい。
スポンサーサイト

奇跡は起きるか?慣れない右銀急戦を採用

 予告通り前日と同じ五段との対戦。筆者はまたも後手番。今度は四間飛車美濃で相手は来た。棒銀を採用しようかとも思ったが、気がついたら何故か右銀を繰り出していた。注目すべきは先手の▲9六歩・9七香、そして3九玉型。これを見て作戦を「右銀急戦を見せてからの左美濃」から「本物の右銀急戦」に決めた。定跡通り進んで局面は第1図。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8三角 △7三飛 ▲6一角成△6六銀
 ▲7四歩 △同 飛 ▲8五銀 △7七飛成
 ▲同 桂 (第2図)

 第1図で▲8三角は『新・振り飛車党宣言! 1 最先端の四間飛車』P14に載っている手だが、この場合は単に▲6七銀の方が嫌だった。△7三飛は最善の逃げ場所。▲6一角成に△8八角は9七香型のため効果が薄いので△6六銀。以下も定跡通り進み、第2図は同著P16参考図では振り飛車良しと結論づけられているが、次の一手に期待した。第2図

  第2図以下の指し手
        △7五角 ▲8二飛 △4二金寄
 ▲7六歩 △9七角成▲7四銀 △5三馬
 ▲8一飛成△5五香 ▲6四歩 △同 歩
 (第3図)

 9七香型をとがめて△7五角が攻防の一手。5七の地点をも睨んでいる。▲8二飛△4二金寄に▲6四歩は△同角の予定だが、その方がアヤがあった。▲7六歩は完全なお手伝いである。▲7四銀に△5三馬と引き付けて後手陣は堅い。しかし先手も第3図で渾身の一手を放つ。第3図

  第3図以下の指し手
 ▲6三桂 △2二玉 ▲4一桂成△3二金上
 ▲7二竜 △5七香成▲5九金引△1五歩
 ▲6三銀成△同 馬 ▲同 竜 △1六歩
 ▲6二角 △1七歩成(第4図)

 ▲6三桂が垂れ歩ならぬ「垂れ桂」だが、実は読み筋で△2二玉▲4一桂成△3二金上でなんとかふんばる。5三の馬の存在が大きい。△5七香成▲5九金引を決めてから△1五歩が急所。△1八飛の筋があるため▲同歩とは取れない。第4図
 最終的な敗着は▲6三銀成ではないだろうか。△同馬▲同竜の瞬間に先手の竜が働かないので、△1六歩の取り込みが厳しい。▲6二角にも構わず△1七歩成。依然として▲同香とは取れない。実戦は以下▲1七同桂△1八歩▲同香△7七銀不成(桂馬を拾う手がぴったり)▲1六歩△2四桂▲5四竜△1九飛▲2九銀(合駒がない。もちろん▲2八玉は即詰み)△1六桂▲3八金△6六銀不成(決めるだけ決めて成香取りを受ける)▲2六角成△5八歩▲1四歩△5九歩成▲1六馬△4九と▲2八玉△2九飛成まで。奇跡は起きた。

第5図 投了図以下▲同玉の一手に△4八成香で先手玉は寄り筋。後手玉にはまともな王手すらかからない。

 ▲9六歩、9七香型、そして3九玉型をとがめた会心の一局。一時右銀急戦は振り飛車側をもって熱心に研究していたが、まさか自分で採用してしかも勝利をおさめるとは夢にも思っていなかった。本当に成立しているかどうかは微妙な仕掛けだが、慣れない戦法を使っているとは筆者自身も信じられないほどの指し回しを見せることができ、大変自信になった。だが今後この戦法を採用する日は来るのだろうか……。

五段の四間穴にも角田流が効いた

 筆者の実戦より。相振り飛車の苦しい将棋を時間切れ勝ちで何とか制して向かえた同じ相手との勝負、相手の四間飛車穴熊に私は定番の角田流を採用。第1図はいったん8八に回った飛車を▲6八飛と戻したところだがこれが疑問だった。お決まりの攻め筋を今こそ見せる時だ。

第1図  第1図以下の指し手
        △8六歩 ▲同 歩 △8七歩
 ▲3五歩 △同 角 ▲6四歩 △同 歩
 ▲同 飛 △8八歩成(第2図)

 △8六歩▲同歩△8七歩が『攻める振り飛車―四間飛車穴熊&力戦振り飛車』で鈴木大介八段が喰らった、このブログでも何度か紹介している一連の手順。ただし先手陣もしっかりしているので恐い意味もある。案の定▲3五歩の反撃が来た。△同歩は▲3四歩で論外なので△同角は仕方ない。6筋の飛車先を切られて恐いが、△8八歩成とこちらも我が道を行く。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲5四飛 △2三銀 ▲4五銀 △7八と
 ▲3三角成△同 玉 ▲2五桂 △2四玉
 ▲3六銀 △5三角 ▲3五歩 △6三角
 (第3図)

 もちろん手抜かれることは想定の範囲内。さすがに▲3四飛は許せないのでいったんは△2三銀。▲4五銀に△7八と▲3三角成△同玉。この瞬間が恐いが▲2五桂に△2四玉と逃げて何とか受け切りをはかる。▲3六銀△5三角には▲同飛成の方が嫌だった。第3図
 本譜は▲3五歩だったため第3図の△6三角が痛打。以下▲5三飛成△同銀▲5五角△3六角まで勝利。

 戻って第1図で▲6八飛に代えて▲4七金なら△8一飛▲4五歩のような展開が予想される。これは『四間飛車道場 第9巻 持久戦VS穴熊』の第三章「8筋交換型」のP149A図そのものである。なぜ先後逆なのに同一局面になるのか?それは角田流側が2筋の歩を交換する前に▲4五歩を決めておらず、居飛車が一手得して5三に角を引いているからである。五段といえどもそこまで完璧に対処しきれなかったというわけか。

 予告:次回も同じ五段との対局を紹介。奇跡の3連勝なるか?

加藤流棒銀対四間飛車、先後の差は?

 筆者の実戦より。相手がノーマル四間飛車で来たため、馬鹿の一つ覚え棒銀で対抗して第1図。先後の違いがあり居飛車は△4二金直の一手を省略している。このことがこの後戦況にどう影響してくるだろうか。

第1図  第1図以下の指し手
        △8六歩 ▲同 歩 △9五銀
 ▲7五歩 △8六銀 ▲7六飛 △8七銀不成
 ▲8六飛 △同 飛 ▲同 角 △6五歩
 (第2図)

 △8六歩は例の加藤流の攻め。対して▲同角が本筋だが、本譜は▲同歩と来た。△9五銀に▲8八飛は△6五歩。よって▲7五歩△8六銀と進む。ここで▲7四歩や▲8八歩にはいずれも△7七歩で居飛車が指せる(『四間飛車破り【急戦編】』P232参照)。▲7六飛には△8七銀不成が急所。飛車交換後の△6五歩が厳しい。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲5七金 △6六歩 ▲同 銀?△7六銀成
 ▲7七角 △6五歩 ▲同 銀 △7七成銀
 ▲同 桂 △同角成 ▲8二飛 △7三桂
 ▲7四銀 △6九飛 (第3図)

 第2図から『四間飛車破り【急戦編】』P233では▲5五歩△6六歩▲5六銀△7六銀成▲9五角△9四歩という手順が紹介されている。ただしもちろん先後逆で居飛車が先手だ。この場合は4一金型のためここで▲5四歩がうるさい(参考1図)。参考1図

 △4二金直の一手が入っていれば△5四同銀▲5三歩△同金左と取れるのだが、この場合は△同金と取ると▲6二角成と成られてしまうため悩ましい。戻って参考1図で△4二銀と引くことになるのだろうが、5筋に拠点を作られて嫌な感じである。
 本譜は▲5七金と来た。てっきり△6六歩に▲同金と取るのかと思いきや▲同銀だったため△7六銀成以下大きな駒得を果たすことができた。第3図の△6九飛も▲6三銀成を防いでぴったりである。しかしここから筆者が乱れる。

第3図  第3図以下の指し手
 ▲5八銀 △6二飛成▲同飛成 △同 銀
 ▲6三歩 △同 銀 ▲7三銀成△1五歩
 ▲同 歩 △1七歩 ▲8二飛 (第4図)

 ▲5八銀と受けに駒を使ってくれたため、△6二飛成と自陣に成り返る。以下▲同飛成△同銀▲6三歩△同銀▲7三銀成と桂は取られるものの、持ち歩が二歩になったため△1五歩▲同歩△1七歩が厳しいと見ていたが、手抜いて▲8二飛は想定外だった。第4図から秒に追われて△1六桂と指したものの、これが疑問手。

第4図 ▲3九玉に△6二歩と手が戻るようでは変調である。以下▲6四歩△同銀▲6二成銀△4二金寄に▲1七香と催促されてしまい、結局1六の桂馬を取られてしまった。第4図では単に△6二歩だった。
 以下混戦となるも何とかリードを守り、全駒ペースだったが時間を切らして負けてしまった。

 参考1図の変化に持ち込まれていたら自信がなかったが、実際のところはどうなのだろうか。第4図での△1六桂の急ぎすぎとともに、反省と課題を残した一局。

対四間穴にはやっぱこれでしょ

 久しぶりに対四間飛車穴熊の将棋を指せたので紹介する。先日述べた通り、四間美濃には棒銀、四間穴には角田流が筆者のレパートリー(それしかない)だ。角田流、と言われてピンと来ない方は『四間飛車道場第9巻 持久戦VS穴熊』の「8筋交換型」を参照のこと。

第1図  第1図以下の指し手
        △4四角 ▲4六歩 △2四歩
 ▲5八金左△2二銀 ▲1九玉 △2五歩
 ▲2八銀 △2六歩 ▲同 歩 △同 角
 ▲2七歩 △5三角 ▲6五歩 (第2図)

 △4四角はミレニアムへの序曲にあらず。▲4六歩を見た時は「この人対策知ってる?」と思った。後手の狙いは2筋の歩交換後角を5三に引くことで、その前に▲4五歩と突けば一手得する勘定になる。だが本譜はすんなり△5三角と引くことができた。そして何気ない▲6五歩が悪手になるのが角田流の恐ろしいところ。第2図

  第2図以下の指し手
        △8六歩 ▲同 歩 △8七歩
 ▲6四歩 △同 角 ▲5六銀 △8六角
 ▲4五銀 △7七角成▲同 桂 △8八歩成
 ▲6五桂 △7八と  ▲6七飛 △8九飛成
 ▲4八金寄(第3図)

 △8六歩▲同歩△8七歩で8筋が受からない。『攻める振り飛車』P76に載っている筋だが、本局は△3三桂と跳ねていないため桂頭攻めがなく条件がさらに良い。△8九飛成が金取りの先手となり後手優勢である。第3図

  第3図以下の指し手
        △4四歩 ▲同 銀?△4七歩
 ▲3八金寄△4九飛成▲3九金△5八竜
 ▲8七飛 △4八歩成▲8一飛成△3九と
 (第4図)

 第3図で△9九竜などとすると▲8七飛でおかしなことになってしまう。△4四歩に対して▲3四銀なら△1二角が厳しいが、▲5四銀ならまだ難しかった。本譜の▲4四同銀は最悪で、△4七歩があまりにも痛い。本譜は△4八歩成まで実現してもう一枚金をはがす望外の展開となった。第4図
 第4図はすでに先手受けようがない。以下▲4一竜△同玉▲5三桂打△4二玉▲3九銀△8九飛▲2八角△4七角で必死。

 戻って第2図では▲8八飛が最善。それならば第二次駒組みが続いていたことだろう。具体的には△1五歩~△3三桂~△7四歩~△7三桂~△4二金直~△8一飛で地下鉄飛車を目指す。詳しくは『四間飛車道場第9巻 持久戦VS穴熊』を参照して頂きたい。

 玉は薄いが一発勝負には使えるこの戦法、個人的にはかなりオススメである。強い人でも対策を知らない人が結構多い。後の部内大学名人になった後輩二人をこの戦法でしばいている。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。