FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

戦型:相露出狂?

 昨日の最後に話題に上げた将棋を取り上げる。後手番となり▲7六歩△3四歩▲6八飛に角交換型四間飛車の対策が分からず(『角交換振り飛車 基礎編』『角交換振り飛車 応用編』も読んでません)、さりとて相振りをする気分でもない筆者は、自ら△4四歩と角道を止めて居飛車穴熊に。対する相手も一目散に穴熊に囲い、飛車を4筋に転換して一歩交換してから駒組みを進めて第1図。△7二飛はおそらく疑問手で、ここから先手が襲い掛かってくる。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4五歩 △同 歩 ▲6四歩 △同 歩
 ▲3三角成△同 桂 ▲6三角 △7一飛
 ▲5二角成(第2図)

 ▲4五歩△同歩に▲6四歩が手筋の突き捨て。△同銀は4筋が薄くなるので▲同歩と取るよりないが、これで6三の地点に空白が生じた。▲3三角成に△同桂と取るのが勝負手。まずは居飛穴がパンツを脱いだ。▲6三角には△7一飛が駒を取られない唯一の逃げ場。▲5二角成に対して筆者の放ったさらなる怪しい勝負手は?
第2図
  第2図以下の指し手
        △4二金寄▲6三馬 △8八角
 ▲9八香  △4四角成▲3六歩 △7五歩
 ▲3七桂 (第3図)

 次に▲5三馬△同金▲6二銀を喰らってはまずいので△4二金寄。さっそく穴熊の金が玉から離れる珍展開となった。▲6三馬に△8八角とこちらも馬を作りにかかる。▲9八香は振り飛車らしい手筋。△4四角成に▲3六歩でもしや、と思ったが△7五歩に▲3七桂。振り穴もパンツを脱いだ。お互いに露出狂である。
第3図
  第3図以下の指し手
        △8八馬 ▲4五桂 △同 桂
 ▲同 飛 △5五歩 ▲5三馬 △同金上
 ▲6二銀 △4四歩 (第4図)

 4筋は受からないと見て△8八馬と当たりを避けたが、▲4五桂△同桂▲同飛で平凡に△4四歩では▲7五飛と回られてしまう。△5五歩は開き直った一手だが△3三馬が優ったか。▲5三馬△同金上でまたまた金が玉から離れた。以下▲6二銀に△4四歩で第4図。

第4図 以下▲7一銀不成△4五歩▲6二銀不成なら△5二金と逃げておいて何とか持ちこたえている自信があったが、▲5三銀成△同金▲5五飛なら△同馬▲同銀で次にどう指すべきか分からない。やはり穴熊は向いていない……と頭を悩ませていたら、この局面で時間が切れて勝ちが転がり込んできた。

 ちなみにこの後この相手とはさらに二局指したが、いずれも惨敗。れっきとした五段となんちゃって四段の差をまざまざと見せつけられた。しかし対穴熊はしょっちゅう指しているが、自分が穴熊に囲うのはレアケース、相穴熊に至っては記憶する限り将棋人生二十年以上で二局目である。やっぱり穴熊の感覚も身につけなければいけない、と痛感した。

いつもとは反対の風景

 先手番で▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしから、筆者の方が相振りを嫌って居飛車にしたため、相手は四間飛車にしてきた。しばらくは角道を止めなかったのだが、結局止めることになって定跡形となり第1図。
 例の松尾流に組もうとする居飛車穴熊の常套手段である。当然ここから『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』『将棋定跡最先端 振り飛車編』に載っているように△5五歩と仕掛けるなり△5三銀と引くなりしてくるものかと思ったが……。

第1図  第1図以下の指し手
        △9四歩 ▲7九銀右△5五歩
 (第2図)

 松尾流への組み替えを許す△9四歩には驚いたが、▲7九銀右と引いて「脅威の勝率8割囲い」の完成である。遅まきながら△5五歩と突いてきたが、当然従来の定跡通り▲同歩と取り、△4六歩▲同歩△5五銀▲2四歩△同歩▲3五歩△4六飛▲3四歩△4四角▲2四飛△2二歩▲2五飛△4五歩▲3三歩成△同角▲3七桂のように進めればいいものを、何をとち狂ったか別の変化を選んでしまう。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲2四歩 △同 歩 ▲6八角 △2二飛
 ▲3七桂 △3五歩 ▲2六飛 △3六歩
 ▲同 飛 △3五歩 ▲2六飛 △5二飛
 ▲3四歩 △5一角 ▲5五歩 (第3図)

 先に▲2四歩と突いてしまうと△同歩▲5五歩に△2二飛の変化が気になる。本譜は単に▲6八角と引いたがやはり△2二飛と回られた。ただここで▲3七桂が利くのが大きく、以下長手数進めたが第3図では別に居飛車悪くもなさそうである。振り飛車はここで手筋の一着を放つ。第3図

  第3図以下の指し手
       △5八歩 ▲5六金 △5九歩成
 ▲同 角 △3六歩 ▲同 飛 △6二角
 ▲6八角

 △5八歩が手筋の垂らし。ここで▲5六金と出たのが我ながら穴熊らしくない手というか何というか……。△5九歩成▲同角に△5五銀なら平凡に▲同金△同飛▲5六歩と収める予定だったが、本譜は△3六歩と来た。▲同飛△6二角に▲6八角がぴったりで、第4図では居飛車充分だろう。
第4図
 実戦は以下△5五銀▲同金△同飛▲5六歩△5一飛▲3三歩成△3五歩▲4二と△3六歩▲5一と△同角▲4五桂ときれいにさばけて穴熊良し。以下寄せを焦って危ない場面も通し、結局筆者の穴熊は手つかずのまま勝利。
 いつもとは反対の風景は新鮮で面白かったが、やはり穴熊は筆者には向いていないようである。なお蛇足ながら、この日は角道を止めない四間飛車穴熊に対して居飛車穴熊を再び採用し、パンツを脱いだあげく金は玉からどんどん離れるという珍将棋を指したが、難しい局面で相手(五段)の時間が切れて勝ちとなった。
 

怪しげな対四間飛車棒銀

 筆者の実戦より。例によって四間飛車に対して棒銀に組んだところ、▲3七桂型に構えられて第1図。△7二飛が普通の手だが、▲6五歩とされて自信が持てなかった。そこで筆者の選んだ一手は……。

第1図  第1図以下の指し手
        △8六歩 ▲同 歩 △9五銀
 ▲8八飛 △6五歩 ▲5五歩 △同 角
 ▲4七金 △7六歩 ▲同 銀 △6六歩
 (第2図)

 9筋の歩が突いていないので加藤流の仕掛けに切り替えた。本譜は▲8六同歩だが、▲同角なら△6五歩▲同歩(▲7五歩は△6六歩▲7六銀△8五銀)△9五銀▲同角△8七飛成▲7七角△8九竜▲2二角成△同玉▲6六角△4四角▲同角△同歩▲6六角△8七歩の進行が予想される(参考1図)。
参考1図
 この手順自体は『四間飛車破り【急戦編】』P231~236や『四間飛車の急所3』P188~192にも載っている変化だが、3七桂型を活かして後々の▲4五桂が気になる。先手としてはこちらの変化を選ぶべきだったか。
 実戦は定跡通り▲8六同歩△9五銀▲8八飛△6五歩と進む。ここで▲5五歩は手筋の一着だが、△同角と取られて▲5六銀と出られない(△7六歩がある)のが先手の誤算か。仕方のない▲4七金に、△7六歩▲同銀△6六歩と歩得を果たしてまずはポイントを稼いだ。

第2図  第2図以下の指し手
 ▲9六歩 △7二飛 ▲7五歩 △8四銀
 ▲5八飛 △2二角 ▲4五桂 △7五銀
 ▲同 銀 △同 飛 (第3図)

 ▲9六歩のところ▲8五歩なら△8六歩の予定だったが、本譜は▲9六歩だったため△7二飛▲7五歩に手順に△8四銀と引くことができた。▲5八飛に対しては△2二角と引き飛車切りの筋を消しておく。従来の定跡ならこれで棒銀良しなのだが、この形は▲4五桂があるのでまだまだ難しい。銀を逃げると▲5四飛の筋があるので、△7五銀から銀交換をして下駄を預けた。第3図

  第3図以下の指し手
 ▲3五歩 △7六歩 ▲9九角 △8八歩
 ▲3四歩 △6七歩成▲3三銀 △同 桂
 ▲同歩成 △同 角 ▲同桂成 △同 金
 ▲8八角 △7七歩成▲4五桂 △8八と
 ▲3三桂成△同 玉 ▲5六飛 △4四桂
 (第4図)

 第3図で▲5三桂成なら△同金直と取っておいて、銀桂交換の駒損ながら先手に継続手段が難しいと見たが、本譜は▲3五歩と急所を攻めてきた。第4図△7六歩▲9九角△8八歩ととにかく先手の角筋を止めるしかない。
 ▲3四歩のところではいったん▲8八同角と取り、△8七歩▲9九角△8八銀の方が嫌だった。実戦は単に▲3四歩だったため△6七歩成が実現。先手は▲3三銀と殺到してきたが、この場合は金駒を残すため△同桂▲同歩成△同角と取るのがポイント。▲8八角にも△7七歩成とあくまで角筋を止めることにこだわる。▲4五桂も急ぎすぎで、いったんは▲7七角△同歩成とと金をそっぽに追いやるべきだろう。飛車取りが残っているので▲5六飛と逃げたが、△4四桂と急所に打った第4図では手ごたえを感じた。

 以下攻め間違えたものの、相手が自玉の詰みを見逃していたため第4図以下10手で筆者の勝ち。しかし参考1図の変化に持ち込まれていたら自信がなかった。筆者の棒銀は森安流のような普通の定跡形にはならず、怪しい変化になることがほとんどなのだが、先手3七桂型は珍しい。今後に課題を残した一局。

先手四間飛車対後手急戦、序盤に潜む罠

 筆者の実戦より。相手が四間飛車で来たため例によって棒銀を使おうと思ったが、第1図を迎えて気が変わった。

第1図  第1図以下の指し手
        △1三角 ▲6九飛 △3一角
 ▲6五歩 △3三銀 ▲6八角 △7三桂
 ▲7七銀 (第2図)

 第1図の▲5六歩は『仕掛け大全 四間飛車編』P212で疑問手とされている一手。ここで△1三角と覗く手が成立する。▲6九飛△3一角に同著では▲6七銀△3三銀▲6八飛の変化について主に言及されているが、本譜は▲6五歩。△3三銀の受けに▲6八角で未知の領域に突入した。△7三桂は▲4六角を先受けしたもの。▲7七銀は味が悪いが代わる手も難しいか。
第2図
  第2図以下の指し手
        △6四歩 ▲同 歩 △同 角
 ▲1五歩 △6七歩 ▲同 金 △1五歩
 (第3図)

 第2図では一見△6五桂が目につくが、▲4六角の筋が気になったため△6四歩▲同歩△同角と進めた。▲4六角のぶつけには角交換後△7八角があり6九飛型をとがめることができる。▲1五歩に△同歩は▲1三歩でまずそうなので、△6七歩▲同金で飛車の縦の利きを二重に防いでから△1五歩と手を戻す。
第3図
  第3図以下の指し手
 ▲6六金 △6五歩 ▲6七金 △2四銀
 ▲5七金 △1六歩 ▲1八歩 △6三銀
 (第4図)

 第3図で▲6五歩ならおとなしく角を引いておけば良い。この歩はいずれ振り飛車にとって負担となってくる。▲6六金には△6五歩とがっちり受け、△2四銀と上がって念には念を入れてから△1六歩▲1八歩と相手の端攻めを逆用することに成功した。△6三銀と手厚く構えた第4図は居飛車作戦勝ちかそれ以上の形勢だろう。
第4図
 第4図以下実戦は▲4六歩△5三角▲4七金△6四銀▲4五歩△8四飛▲6六歩△同歩▲同銀△6五歩▲5七銀と第二次駒組みが続き、居飛車の税金△9四歩を脱税したせいで▲9五角の筋が生じてやや危ない場面もあったものの、結果的には銀で大駒を抑え込む展開となった。そこから飛車交換に持ち込まれたものの、直後の△6五桂跳ねが味よく優勢を意識。以下相手の攻めを丁寧に受け止めつつ駒得を果たし、全軍躍動して攻め込み最終盤を迎えたのが第5図。

第5図 先手は8四の銀、8六の角が遊んでいるのが痛い。後手の1一金は▲1一角成とされた時に△2一金と受け、そのまま△1一金と馬を取ったもの。
 第5図ではどうやっても勝ちだが、どうせ勝つなら最後は格好よく決めたいものである。先手玉には即詰みこそなさそうだが、たった一手で必死がかかる。最後にその手を考えて頂きたい。正解は「続きを読む」をクリック。

 棋力の目安:30秒で初段くらい? 【“先手四間飛車対後手急戦、序盤に潜む罠”の続きを読む】

棒銀と見せかけて……

 今回も対四間飛車の将棋を紹介する。前回同様今回も筆者は後手番、△7三銀に対して▲7八飛と先受けしてきたのが第1図。しかしこの場合のみ棒銀は採用しないのがモットーである。

第1図  第1図以下の指し手
        △6五歩 ▲6八飛 △6二銀右
 ▲4六歩 △7三桂 ▲3六歩 △8六歩
 (第2図)

 この場合は△6五歩と突くのが最善。『四間飛車の急所3』P220や『四間飛車破り【急戦編】』P243にも載っている形なのだが、不思議と筆者の実戦に現れることが多い。▲6八飛にこちらも△6二銀右と戻し、棒銀から△6五歩早仕掛けへと変化。▲3六歩に代えて▲4七金もあるが、いずれにせよ振り飛車は一手遅れることになる。第2図の△8六歩をどちらで取るか?
第2図
  第2図以下の指し手
 ▲8六同歩△6六歩 ▲同 銀 △6五歩
 ▲同 銀 △同 桂 ▲2二角成△同 玉
 ▲6五飛 △8七角 (第3図)

 ▲8六同角なら△6六歩▲同銀△8六飛▲同歩△7九角で変化は多いが後手指せる。本譜の▲8六同歩には定跡通り攻めて▲6五同銀の局面が考えどころ。△7七角成▲同桂△2二角と指した経験もあるのだが、4一金型を活かす(▲2六桂の筋が甘くなる)ため△6五同桂と取った。△8七角が香上がりをとがめる一手。
第3図
  第3図以下の指し手
 ▲6三歩 △5一銀 ▲8五飛 △同 飛
 ▲同 歩 △9八角成▲8二飛 △7六馬
 (第4図)

 ▲6三歩は手順に△5一銀と引ける(ここでも4一金型が活きる)ので正直ありがたかった。▲8五飛にも臆せず△同飛と取り、△9八角成で香車をダイレクトに取れるのが大きい。▲8二飛に△7六馬と好位置につけた第4図は銀の丸得、振り飛車の左桂もさばけずで居飛車悪い理屈はどこにもない。
第4図
 実戦は以下▲4五桂△4二銀引▲8四角△6一歩▲6二歩成△同銀と進み、戦意を喪失したか相手が投了、筆者にしては珍しく60手という短手数での勝利となった。

 この「棒銀と見せかけて実は▲4五歩(△6五歩)早仕掛けでした」というパターンは筆者の裏芸中の裏芸で、負けた記憶は一切ない。逆に第1図から漫然と棒銀にすると▲6八金型に組まれて苦戦するので注意が必要である。
 それにしても四間飛車は自分で指すのももちろんだが、逆に退治するのも楽しい。大山十五世名人は振り飛車退治も得意だったが、筆者もかくありたいものである。
前のページ 次のページ