四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛車に必死をかける~全駒の美学その2~

 筆者の実戦より。相手が早々と▲7八金を上がったので居飛車か?と思いきや中飛車にしてきたので、こちらも糸谷流右玉で対抗。振り飛車は5筋の位を取ったあと7筋に飛車を回り歩交換をしてきた。第1図は▲7七桂を牽制すべく△8三金と上がったところ。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6五歩 △同 歩 ▲7七桂 △6四銀
 ▲6六歩 △7五銀 ▲9六飛 △9四歩
 (第2図)

 それでも相手は6筋を突き捨ててから▲7七桂と跳ねてきたが、おそらくこれは無理筋だろう。△6四銀と力強く上がって6五の地点を守るとともに、次に△7五銀も見せている。▲6六歩と合わせてきたものの、それでもやはり△7五銀と出て、▲9六飛△9四歩で飛車に「必死」がかかってしまった。

第2図  第2図以下の指し手
 ▲6五歩 △9五歩 ▲6六飛 △同 銀
 ▲同 角 △6三歩 ▲6四歩 △同 歩
 ▲6五歩 △同 歩 ▲同 桂 △6四歩
 ▲7三桂成△同 金 (第3図)

 ▲6五歩に△9五歩で敵の飛車は詰み。▲6六飛△同銀▲同角に△6三歩とキズを消しておく。それでも相手は▲6四歩以下継ぎ歩で攻めてきたが、冷静に受けて局面を収めればこちらのものである。第3図以下▲5四歩△同歩▲5五歩△6九飛▲5四歩△同銀▲4六桂△4三銀が実戦の進行。第3図
 5六の銀が動くと6七の金が浮くため相手はここで仕方なく▲5八銀と打ってきたが、貴重な持ち駒を使わざるをえないようでは切れ筋は明らか。△8九飛成に▲5五銀と上がってきたが、△4五歩▲5四桂△5三玉▲5七角△3五歩▲6六角△6三桂▲5六金△8六歩▲4六歩△5五桂▲同金△6五銀▲同金△同歩▲7七角△8七歩成▲4二銀△同金▲同桂成△7七とで全駒完了となった。

 はじめから石田流に組んできた時はともかく、他の筋から三間飛車に転換して中段に飛車を構えた場合は糸谷流右玉でも充分に対処することができそうである。
スポンサーサイト

全駒の美学

 筆者の実戦より。▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしから糸谷流右玉風駒組み対振り飛車となり、後手が向かい飛車から石田流に組み替えて第1図。

第1図 とはいえ自玉はまだ居玉のまま。ここで△4五歩と突かれていたら危なかった(▲3五歩△同角▲同金△同飛は歩切れでダメ。▲4五同桂△同桂▲4八玉とふんばる予定だった)が、実戦は△7二銀だったため▲4八玉で一安心。
 いつでも▲3五歩は先手の権利として残っているが、歩切れになるため桂頭を狙われて忙しくなってしまう。そこで一歩を手に入れるべく駒組みを進め、二十手ほど進んで第2図を迎える。
 相手が無策に穴熊に囲ってくれたため、8筋で待望の一歩を手に入れた。▲3五歩決行の時は近いが、その前にやるべきことがある。

第2図  第2図以下の指し手
 ▲6七金 △8二金 ▲3五歩 △同 角
 ▲同 金 △同 飛 ▲3六歩 △3四飛
 ▲3二角 (第3図)

 金を渡した後の△7六金を防ぐため▲6七金と上がる。ここで後手は▲3五歩を防ぐべきだったと思うが、△8二金だったためいよいよ▲3五歩と突けて優勢を意識した。角金交換の後に▲3六歩と打って自陣は安泰。△3四飛に▲3二角と今度は飛車の捕獲にかかる。気になる筋が一つあるが……。

第3図  第3図以下の指し手
        △2五桂 ▲2三角成△3七桂成
 ▲同 玉 △3一飛 ▲2二馬  △3四飛
 ▲1二馬 △2四飛 ▲2五歩  △同 飛
 ▲2九香 (第4図)

 △2五桂はハッとさせられる一手だがもちろん読み筋。▲2三角成△3七桂成▲同玉で大丈夫である。△3一飛▲2二馬に△3四飛と逃げたため、香車を拾ってからの▲2五歩~▲2九香で後手の飛車が死んでしまった。以下△1五飛▲1六歩まで。

第4図 本譜は出来過ぎであるが、棒金+糸谷流右玉が完成すれば石田流退治もできることが分かり収穫のあった一局。ただし後手の駒組みはあまりにも無策すぎる。第1図で△4五歩と動くべきだろう。

 金銀すべてが三段目より上に上がった陣形と、玉自らが強力な守備駒となり自陣をうまく支えた筆者らしい戦い方ができ、最終的には全駒(穴熊の姿焼き)となり個人的には満足している(とても某ネットゲームをやりながら指したとは思えない)。


事故りました

問題図 一週間以上ぶりに将棋倶楽部24に入り浸るも、あまりの絶不調ぶりに負けっぱなし。問題図も自玉は薄いが駒得かつ相手は歩切れで楽観していたら……とんでもない落とし穴が待っていた。次の一手で筆者をフリーズさせて頂きたい(解答は「続きを読む」をクリック)。








【“事故りました”の続きを読む】

乱暴な右玉

 本来右玉は受け身の戦法である。ところが対振り糸谷流右玉は攻撃力も比較的高いのが特徴だ。先手初手▲5六歩から三間飛車に振り直して、第1図は銀冠への組み替えを狙い相手が銀を上がったところ。チャンスはここしかない、と思って仕掛けてみた。

第1図  第1図以下の指し手
        △4五歩 ▲同 歩 △同 桂
 ▲4六金 △4四歩 ▲3八金 (第2図)

 △4五歩▲同歩△同桂と動くのが1三の角をからめた動き。▲4五同銀なら△5七角成▲同角△6七金の予定。厳密に成立しているかはどうかは微妙だが、先手も横ががら空きのため恐い部分はあるだろう。
 本譜は▲4六金と自重してきたのでこちらも△4四歩。▲3八金と組んだ第2図から、乱暴第2弾を開始する。

第2図  第2図以下の指し手
        △8六歩 ▲同 歩 △4六角
 ▲同 角 △8六飛 ▲8八歩 △6六飛
 ▲4七銀 △6九飛成▲7九飛 △6七竜
 ▲2二角 △5七桂成▲同 角 △同 竜
 ▲1一角成△6八竜 ▲7七飛 △6六角
 ▲8七飛 △8五歩 (第3図)

 △8六歩▲同歩△4六角とばっさり切って、▲同角に△8六飛と走るのがおよそ右玉らしからぬ動きだが、前述の順に比べれば成算はあった。▲8八歩に△6六飛で飛車成りは受からない。第3図
 ▲4七銀と固められ、△6九飛成にも▲7九飛とぶつけられるのが少々しゃくにさわるが、△6七竜と引いておく。▲2二角に対して△2一金と角を殺す手も見えたが、手の流れに載って△5七桂成を選択。▲1一角成なら△4七成桂▲同金△5八銀の予定だった。本譜は▲5七同角△同竜▲1一角成だったため、△6八竜、△6六角と大駒を急所に配置。▲8七飛に△8五歩と受けた第3図では指せると感じた。以下▲5四歩△3九金▲1五歩△3八金▲同銀左△5四銀左▲5七歩△7六金▲5六香△6五銀▲5五桂△8七金▲同歩△5七角成▲4四馬△5六馬▲4三桂成△同金▲同馬と進み第4図。第4図
 次に▲6一金で一手詰めがあるのでそれを防いで△7一玉は当然。8筋に歩が利かないので意外と後手玉は寄せづらい。ここから実戦は▲3九金△3五桂▲4八歩△8二玉(△4一香だったか)▲3六銀?△4七歩▲同歩△4六歩▲同歩△4七歩▲4九金打△4八香▲5九金打と使わせるだけ使わせてから△7八竜とかわし、▲4八金左△同歩成▲同金△8三玉以下攻めを見せながら間合いを取りつつ入玉して勝ち。参考までに投了図を掲載しておく。
 自陣に取られる駒がほとんどなく、大駒三枚持った筆者の点数勝ちは一目瞭然である。

投了図 第1図からの乱暴な攻めは成立しているかどうか微妙だが、第2図からの手順にはちょっと自信があった。第4図以下はまさに故・升田幸三実力制第4代名人が得意とした「攻撃防御」(詳しく知りたい方は故・真部九段著の『升田将棋の世界』を参照)といった雰囲気をかもし出しており、個人的には満足している。
 入玉はあまり上手ではない筆者であり、事実投了図の少し前に銀の両取りを見落としているのだが、持将棋になれば小駒は銀であろうと歩であろうと取られても一点、と開き直ることができた。やや受けすぎの先手に助けられた感もあるが、納得のいく糸谷流右玉の一局。

(松尾流)居飛穴なんかコワくない~右玉の逆襲~

 本日のタイトルの元ネタが分かる人は少なくとも三十路は超えているものと思われる。ぎりぎり昭和のころに発売された棋書のタイトルを一部変更したものだ。詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。
 後手番なので右玉に組んだところ、相手は矢倉→穴熊、さらに右銀まで引き付けて松尾流穴熊を完成させた。その間筆者といえば茫洋と駒組みを進め、3筋の歩を交換しただけ……と第1図を見れば思われるかもしれない。しかし相手が7九に引いた銀を再び6八に上がったことにより、こっそり狙っていた筋を実行に移した。

第1図  第1図以下の指し手
        △3四銀 ▲2四歩 △同 歩
 ▲同 飛 △2三金 ▲2八飛 △2六歩
 ▲同 角 △同 角 ▲同 角 (第2図)

 △3四銀と出るのが2五の歩をかすめ取ってしまおうという一手。▲1七桂なら△1四歩と突く予定だった。本譜は▲2四歩だがこれはもちろん誘いの隙で、△同歩▲同飛に△2三金と力強く上がる。▲2八飛に対して△2四歩なり△2五歩なりと収めておいても充分だが、あえて△2六歩。角交換後、一歩損の代償をどこに求めるか。第2図

  第2図以下の指し手
        △6九角 ▲7九金 △4七角成
 ▲3五歩 △2五銀 ▲4八歩 △3八馬
 (第3図)

 7八の金が浮いているので△6九角は有段者なら一目だろう。第1図の▲6八銀をとがめた格好だ。馬を作りつつ歩損を手順に解消。▲3五歩はノータイムで突いてきたが、こちらもノータイムで△2五銀。▲4八歩は秒に追われた悪手で、△3八馬で飛車が助からなくなってしまった。第3図
 実戦は以下▲2五飛△同桂▲2四歩△同金▲3三角△2三金▲4四角成△4一飛▲5三銀△同金▲同馬△6二銀と進む。もし4八の歩がなければ▲8二金△6一玉(△同玉▲6二馬△7二金は▲6三馬~▲5二銀がある)▲4二歩で攻めが続くのだが、残念ながら先手の持駒は金のみ。▲4二金△5三銀▲4一金△9一飛以下、謹んで全駒にして差し上げた(▲2一飛?△3二角▲1一飛成△4一飛▲同竜△同角▲2一飛△3二角▲3一飛成△4一金▲1一竜△2一歩……)。
 右玉相手に松尾流穴熊は攻め駒不足で不優秀ではないか、というのが筆者の仮説である。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。