四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

四間飛車穴熊対棒銀の一変化における素朴な疑問

 一年以上も更新を怠ってしまっていた。読者諸兄におきましては、お久しぶりであると言う他ない。
 近況であるが、実戦からはめっきり遠ざかったものの、気が向いた時くらいは棋書にいちおう目を通してはいる。
 ただし角道を止めるノーマル四間飛車がすたれた影響で、定跡書よりも自戦記などの読み物を好むようになってしまっているのが現状である。

 そんな中、広瀬王位著『四間飛車穴熊の急所』は、圧倒的に美濃囲いの採用率が高い筆者にとっても大変興味深い一冊であった。
 同著で取り上げられているのは「急戦編」と「銀冠編」であり、肝心と思える相穴熊などに関しては「続編で取り上げる」と明記されている。今から非常に楽しみである。

 四間飛車は四間飛車でも穴熊であるから、美濃党かつ実戦感覚から遠ざかっている筆者としては、明快な手順で「振り飛車よし」「振り飛車ペース」「いい勝負」などという結論に対して、いちいちなるほど、と感心するのが精一杯である。
 しかし対棒銀だけは、対四間美濃とはいえ棒銀好きの血が騒いだのか、そもそも自分は対四間穴には角田流なのだがなどと思いつつ、一つだけ心の中でひっかかる変化があった。
 それは今から十年以上前の、二十世紀の記憶であった。必死にその糸をたぐりよせ、保管してある将棋部部内誌のバックナンバーをめくる。
 そしてついに発見した。それが第1図の局面である。
 ただし筆者の実戦ではない。先輩の一人が、大学時代のリーグ戦(団体戦)で他大の方と指した一局である。1998年だからまぎれもなく二十世紀だ。
 しかし局面そのものは、『四間飛車穴熊の急所』P68第6図から後手が△4二金と上がったものとまったく同一である。十年以上の時を経て、世紀を超えて、寸分たがわぬ盤面が出現する。温故知新、将棋の奥深さを改めて実感した気分だ。
 同著では第1図以下▲4五歩の仕掛けに対して△3三金と上がり、十数ページもの項を費やして双方最善を尽くせば「いい勝負」「穴熊が堅いので実戦的には後手が勝ちやすいと思う」と述べられている。その詳細は筆者の専門分野ではないこと、また王位に敬意を表してここでは割愛、同著をご覧頂きたい。
 だが、尊敬する先輩の一人である先手は、本では一言も述べられていない手順で居飛車良しとしてしまった。

第1図 第1図以下の指し手
 ▲1五銀 △3三金 ▲2四歩 △同 歩
 ▲2八飛 △4五歩 ▲同 歩 △3五歩
 ▲4四歩 △同 金 ▲2四銀 (第2図)

 第1図で▲1五銀は、対美濃棒銀にもしばしば出現する筋である。これに対して△1四歩は構わず▲2四歩でまずい。次の▲2三歩成を防ぐ必要があり、銀を取っている暇がないのであれば何のために端を突いたのか分からない。
 △3三金は『四間飛車穴熊の急所』にも出てくる手で妥当な受けと思うが、2筋を突き捨てて▲2八飛がいかにも好調。第2図
 以下振り飛車はさばこうとするも、▲4四歩で角交換の狙いを事前に阻止したのがうまく、▲2四銀と進出に成功し、2筋突破が確約された第2図は居飛車成功であろう。以下の棋譜は筆者の手元に残されていないが、結果は先手勝ち。

 穴熊側としてはどこで変化すればいいのだろうか。▲1五銀に開き直って△3五歩と取り、▲2四歩△同歩▲同銀に△3四飛は考えられそうだ。▲2三銀不成なら△2四飛▲2二銀成(不成)に△2九飛成でさばけた上に二枚替えとなりそうでうまいが、冷静に▲3五銀で押さえ込まれダメか。変化1図
 そもそも先輩は第1図まで遡り、「△4二金に替えて△1四歩としても、▲4五歩△同歩▲2二角成△同飛▲3四歩(『四間飛車穴熊の急所』P69A図の類似形に今度は合流した。同著では「簡単に先手よし」。本手順では金が4一のためさらに居飛車の条件が良い)△3二飛▲6六角△4四角▲同角△同銀▲6五角(変化1図)で良いと思う。つまり、振り穴側は手が間に合わない訳である。」と一刀両断。
「加藤一二三先生ではないが、僕も言いたい。『何故、棒銀を(対四間穴に)指さないのですか?』と。」自戦記の締めくくりの言葉も見事である。

 いかに実戦から遠ざかっているとはいえ、段の実力くらいは保持してしかるべき筆者が疲れた頭で少し考えても、この一連の手順における居飛車棒銀良し、をくつがえすのは容易なことではないと思う。
 それならばなぜ『四間飛車穴熊の急所』で触れられていないのだろうか。本格的な一冊であり、内容も基本から高度な定跡まで一通り網羅されていると思われるというのに。
 最新定跡にめっきり弱く、また四間飛車穴熊は専門外ということもあり、筆者にはさっぱり分かりかねる。何か振り穴側に決定版とも言える対策でもあるのだろうか。一年以上ものブランクを経ての更新早々で恐縮であるが、もしご覧頂いた読者の中でご意見及び知識のある方がおられれば、是非ご教授願いたいものである。
スポンサーサイト

棒銀VS玉頭銀

 過去の筆者の実戦より。一度対戦したことがあり、三間飛車党だということが分かっていたので棒銀を採用して第1図。ここから予想だにしない展開を見せる。

第1図  第1図以下の指し手
        △5四銀 ▲2六銀 △6五銀
 ▲3五歩 △4五歩 ▲3三角成△同 飛
 ▲2二角 (第2図)

 三間飛車相手に棒銀を用いる筆者も筆者だが、まさかここで玉頭銀に来られるとは夢にも思わなかった。▲2六銀に対して△4三金を予想していたが、角頭は放置して△6五銀。▲3五歩に△4五歩と角交換に来たが、素直に応じて第2図では駒得が確定。気になる筋があるが……。

第2図  第2図以下の指し手
        △6四角 ▲1八飛 △3五歩
 ▲1一角成△3六歩 ▲2一馬 △5四歩
 ▲6六歩 △7四銀 ▲2二馬 △4三飛
 ▲4四香 △5三飛 ▲6五桂 (第3図)

 △6四角には▲1八飛でこの場合耐えている。3筋の歩を伸ばしている間に桂香を拾い、▲2一馬が6五の銀取りになるのが後手にとっての痛手。△5四歩の受けになおも▲6六歩と玉頭銀を責める。本譜は△7四銀と逃げたが、まだしも△7六銀▲5四馬△8五銀が優っただろう。

第3図 ▲2二馬の単純な飛車取りがことのほか厳しい。△3四飛なら▲3五香△1四飛▲1六歩で飛車は助からない。実戦は△4三飛だが、▲4四香、▲6五桂と得した駒を投資して大駒を殺した第3図は早くも先手勝勢。以下危なげなく勝ち切った。

 前の対戦では相振り飛車で敗北していただけに、その借りを返した一局。長年対振り飛車棒銀を愛用している筆者だが、さすがに玉頭銀で対抗されたのはこの一度限りしかない。



振り飛車党にとって避けては通れない問題

 我々振り飛車党にとって避けては通れない問題がある。そう、後手番で初手より▲7六歩△3四歩▲2二角成(たまに意図的に不成、とする輩もいる)△同銀▲4五角と筋違い角を打たれた局面だ(第1図)。

第1図 ここから強引に振り飛車にするなら△6二飛▲3四角△4二飛だ。筆者もかつてそう指した経験がある。しかし▲5六角△7二銀▲8八銀△4四歩▲7七銀△4五歩▲8八飛(参考1図)と相振り飛車に構えられてみると、△4六歩▲同歩△同飛に▲4八金と受けられ(△5六飛▲同歩△5七角を防ぐ意味)、以下先手は8筋の歩を伸ばす狙いが残っているのに対して(5六の角も8三の地点を睨んでいて好位置)、後手には特にこれといって明確な手段がないように思われる。さりとて▲5六角に△8二銀や△7二金と受けるのは気が利かない感じだ。

参考1図 ちなみに実戦では▲8八飛の代わりに▲8六歩と相手(某『とっておきの右玉』の著者)が指したため、△4六歩▲同歩△同飛が効果的となった(仮に▲8八飛なら△5六飛▲同歩△5七角で後手は馬を作ることができる。これを防ぐには▲4八銀などとするしかないが、それなら先手は振り飛車にしづらい、というからくりだ)。
 感想戦で参考1図の▲8八飛が最善という結論が出て以来、筆者は△6二飛~△4二飛を封印した。それからは第1図以下△5二金右▲3四角△6五角の相筋違い角を主に採用してきたが、戦績は思わしくない。他に何かいい手はないものかと思っていたのだが……。第2図

  第1図以下の指し手
        △7四角 ▲5八金右△3三銀
 ▲6六歩 △4四歩 ▲6七角  △6四歩
 ▲7五歩 △5二角 ▲7八銀 (第2図)

 △7四角が某サイトで見つけた趣向を凝らした一手。▲3四角ならそこで△4二飛と振り、△4七角成を防ぐため▲4八銀などと上がれば相手の振り飛車は阻止できる。▲4八飛と途中下車してあくまで振り飛車にこだわるならそこで△4四歩(参考2図)。▲4六歩とは突き返せない。

参考2図 つまり参考2図で先手がどんな手を指しても次に△4五歩と先手の角を窮屈にさせることができる。筆者の経験上、筋違い角+振り飛車を組み合わせて使う者は結構多い。それを封じ、そして自らが振り飛車にできるこの対策はなかなか有効だと思う。
 本譜は▲5八金右だったので△3三銀以下相居飛車の力戦となった。△4四歩に▲5六角なら△6二銀の予定。角交換後の▲4三角には△3二角で受かる。▲6五歩ならその位を目標にする(いきなり△6四歩もある)。▲7五歩に△5二角は一見すると変な引き場所だが、△6三角ではない理由がきちんとあるのだ。第3図

  第2図以下の指し手
        △6二銀 ▲7七銀 △6三銀
 ▲7八金 △7四歩 ▲7六銀 △7二飛
 ▲7四歩 △同 銀 (第3図)

 7五の位を目標に△6二銀▲7七銀△6三銀。そう、ここに銀を上がるための△5二角だったのだ。▲7八金に代えて▲7六銀でも△7二飛で先手は位を維持できない。本譜△7二飛では△7五歩▲同銀△7二飛の方が優ったかもしれないが、第3図も相手の位を奪還して後手まずまずの序盤戦と言えよう。投了図

 第3図以下▲8六歩△7五歩▲8七銀△6五歩▲同歩△同銀▲8五角△7四銀▲6七角△6二飛▲6八金右(△6六歩▲5六角△6五銀を防いだ)△8四歩▲2六歩△6六歩▲4九角△6三角と進み、結局筆者も先手も玉を右に寄せるというわけの分からない将棋となった。投了図も面白いので左に掲載する。一見すると▲7六角(△4九角以下自玉の詰めろも防いでいる)で後手玉詰みのようだが、△5四歩の中合いがある。▲同角△4二玉▲3二角成△同金▲5二香成は△3一玉でセーフ(▲4二金△2二玉▲3二飛成△1三玉▲2三金に△1四玉!)。参考3図
 ここまでは筆者も対局中読んでいた。以下検討。▲7六角△5四歩を取らずに▲4五金(詰めろ)は、△3三桂と受けに回って以下▲4四金△3二玉▲5三金△2三玉▲5二金(参考3図)の瞬間が詰めろでないため、先手玉に必死をかけて勝ち。
 ▲4五金のところ▲6六金寄と受けに回るのも、△3八飛▲6九玉(合駒がない)△6八銀▲7八玉△4五角と王手飛車取りをかけてこれも後手勝ち。
 相手はここまで読んでの投了だったのだろうか。同じ四段(レーティングは向こうの方が100点ほど高いが)とはいえ恐るべし……。

 本題に戻るが、筋違い角で自分のペースに引きずりこもうとする相手に対して逆襲する第1図での△7四角、3手目角交換に悩まされている振り飛車党の方は一度試してみてはいかがだろうか(筆者の場合は筋違い角を打ってこなければ普通に右玉にして戦う)。

三間飛車穴熊にも角田流を使う

 筆者の実戦より。相手(三段)は今どき珍しい(?)ノーマル三間飛車。それならばこちらも棒銀で対抗と思ったら穴熊にしてきた。困った。対策を知らない。そこで角田流を使うことにした。
 ただし三間飛車相手の場合、銀が5七にスムーズに出られて角頭を攻められるのが嫌である。この将棋もそうなるかと思いきや、先手は▲7五歩と欲張った指し方をしてきて第1図。もちろんこの歩は取れない。

第1図  第1図以下の指し手
        △7四歩 ▲5五歩 △7五角
 ▲5四歩 △8六歩 ▲同 歩 △同 角
 ▲8八飛 △8五歩 ▲5五角 △7三桂
 ▲5九銀 (第2図)

 逆にこちらから△7四歩と反発してみることにした。▲同歩は△7六歩があるので先手も手抜いて▲5五歩。以下5筋の歩を取り込まれるものの、8筋の歩を交換する。▲5五角に△7三桂と跳ねたところでは、とりあえず5三の角頭をいじめられる展開にはならず満足していた。先手は▲5九銀と固めて第2図。第2図

  第2図以下の指し手
        △3三銀 ▲4八銀 △4四銀
 ▲4六角 △5五歩 ▲3九銀左△8四飛
 ▲9六歩 △4二角 ▲7七桂 △8四飛
 (第3図)

 5五の地点で威張っている先手の角をどかすとともに、5四の歩を取り払おうという方針で△3三銀以下の手順は指している。その間に相手は銀を3九に持っていき固める。▲9六歩は緩手だと思うが……第3図は次に△7六歩と△5四飛を見せて先手を急がせている。第3図

  第3図以下の指し手
 ▲5三歩成△同 角 ▲5七角 △5四飛
 ▲8五桂 △6五桂  ▲6六角 △8四歩
 (第4図)

 5四の歩は助からないので、成り捨ててから▲5七角と間接的に△7六歩を防いできた。対してこちらは△5四飛と回る。▲8五桂に△6五桂が手筋の跳ね違えで、▲6六角が必然の逃げ場所。△8四歩と桂馬を殺したところでは手ごたえを感じたのだが……。

第4図
  第4図以下の指し手
 ▲7三歩 △7四飛 ▲7二歩成△同 飛
 ▲4六歩 △3三桂 ▲4五歩 △同 桂
 ▲4六歩 △5七桂左成▲同 金△同桂成
 ▲同 角 (第5図)

 ▲7三歩を見落としていた。△8五歩と取り、▲7二歩成をあえて許す指し方をすると、以下△5一銀▲6一と△4二銀▲7三歩と二枚目のと金を作られてしまう。あわてて△7四飛と指したものの、▲7二歩成△同飛で飛車の位置が悪くなってしまった。第5図
 ▲4六歩と突かれ次の▲4五歩を受けるべく△3三桂と跳ねたが、ここでは△6四角が優ったか。本譜はそれでも▲4五歩。以下は必然の手順が続き、第5図は桂馬二枚と金一枚の交換。一応△8五歩で桂馬は取れる形だが、すぐに取ると▲同飛でやっかいなことになる。
 実戦は以下△6七金▲4八角△5六歩▲7三歩△9二飛▲8七飛△5七歩成▲同角△同金▲同飛△5六歩▲5九飛(▲同飛は△6七角)△8五歩と進み、そこで露骨に▲8三金と飛車を殺される手が嫌だったが、実戦は▲8四桂。△8二飛▲7二桂成△8四飛▲6二成桂△同金▲7二歩成△同金▲5六飛と進み第6図。第6図
 駒割りこそ角銀交換の駒得だが、自玉はとにかく薄い。▲7二歩成で守りの金が離れたのも痛い。△6七角だと喜んで▲5三飛成とされそうなので△5五歩と辛抱。実戦はここから▲5四歩△同飛▲6五金△8四飛▲5五金△6七角▲3八金?(▲4四金△同角▲4五歩の方が嫌だった)△5六角成▲同金△2六歩と進み、以下相手の攻めを切らせて勝ち……といいたいところだが時間切れで筆者の負けとなった。

 三間飛車穴熊にも角田流が通用するのかどうか、というのは筆者にとって大きな課題の一つである。後手番の上に△1四歩を突いている本局でも、第1図で▲7五歩に換わり▲3九金のような手なら△8六歩▲同歩△8七歩の例の筋を慣行する予定。となるとすれば三間飛車穴熊にも成立しているのか?機会があったらまた試してみたいが、三間飛車穴熊そのものに出くわす回数が少ない現状ではいつになることやら……。

相振り美濃は端から潰せ

 ▲7六歩△3四歩▲7五歩△5四歩▲6六歩の出だしから相振り飛車となり第1図。筆者は後手である。囲いが乱れているのはまあ仕様ということで、気にせず攻める。

第1図  第1図以下の指し手
        △5七歩 ▲5九金引△6八角成
 ▲同 金 △1六歩 ▲同 歩  △1八歩
 ▲同 香 △1七歩 ▲同 桂  △1五歩
 (第2図)

 △5七歩は手筋の叩きだが、ここで▲7八飛△5八歩成▲7九飛△4九と▲同飛の変化を対局中は気にしていた。本譜は▲5九金引だったので飛車を取り、△1六歩が急所の端攻め。以下歩を連打し、△1七歩を▲同桂だったので△1五歩と継ぎ歩で攻めて第2図。

第2図  第2図以下の指し手
 ▲4一角 △4二金 ▲7四角成△7三歩
 ▲5六馬 △1六歩 ▲1二歩  △1七歩成
 ▲同 香 △2五桂 ▲1一歩成△3七歩
 (第3図)

 ▲4一角は読み筋通りの一手。△4二金と守備駒がさらに玉から遠のくが、▲3二角成を阻止するためにはこれしかない。▲7四角成にも落ち着いて△7三歩と受け、後手陣は薄いがスキがない。以下順調に桂得を果たし、△2五桂▲1一歩成に△3七歩が痛打。

第3図 第3図以下▲同銀に△1七桂成とこちらを取るのが筋で、▲同玉△1九飛▲1八歩△4九飛成と金を取り先手投了となった。

 『相振り革命3』にも端攻めで囲いを崩す手順がふんだんに掲載されていたり、第3章では「端歩の考え方」と題して相振り飛車の戦いにおける端歩の重要性を説いているが、本局も見事に端攻めがクリーンヒットした形となった。先手の桂馬は8九に取り残されており、これでは当然端攻めに参加できない。一方後手の桂馬は△2五桂と跳躍することができた。その差が直接勝敗に直結した一局と言えよう。
次のページ