四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の後手四間飛車採用

 筆者の実戦より。一局目後手右玉でひどい目にあったので二局目の本局も四間飛車を採用したところ、対する先手にお決まり通りの居飛車穴熊に組まれて第1図。▲6八角型から4筋の歩を交換した直後に、こちらから△5五歩と反発したよくある形である。
 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P107ではここで▲5六歩と打ち、以下△4六歩▲5五歩△4七歩成▲4五歩…が本筋として紹介されている。違うのは振り飛車側が端を詰めている点で、なんとかそれが活きる展開になればと思っていたのだが、ここで予想外の一手が飛んできた。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲3五歩 △4六歩 ▲3四歩 △4四角
 ▲2四飛 △2二歩 ▲4八歩 △6五歩
 ▲8六角 △6二飛 ▲3三歩成△同 角
 ▲3四飛 △6六歩 ▲6八金引△5六歩
 (第2図)

 ここで▲3五歩と取る手は△2四同角型なら有力だがこの場合は疑問。すかさず△4六歩と伸ばして、▲同銀なら△6六銀がある。▲2四飛△2二歩に▲4八歩と受けるようではおかしい。ここで△5六歩と迷ったが本譜は△6五歩。▲8六角の飛び出しにも△6二飛とかわす。
第2図
 以下▲3三歩成にも△同角が逆先になるのが居飛車の泣き所。△6六歩の取り込みにはまだしも▲7七金寄とよけるべきで、本譜は△5六歩と銀を殺してはさすがに振り飛車優勢であろう。第2図以下20手ほどで勝ち。

 最近角道を止めるノーマルな四間飛車はプロでも廃れている上に、相手が居飛車穴熊などの玉を固める戦法ばかりで少々嫌気がさしている。
 ところで第1図以下▲5六歩△4六歩▲5五歩△4七歩成▲4五歩に△5五角だとどうなるんでしょうね?
 
スポンサーサイト

▲6九飛型の落とし穴

 最近別のゲームに夢中になって将棋のことを忘れています。本局もそんな中指した将棋から。
 先手筆者の四間飛車に対して後手は居飛車穴熊を採用、△4二角からの6筋の歩交換に対して▲7五歩△8四飛▲5五歩と反発する形の変化より第1図。部分的には定跡形だが、端を詰めているかわりに左美濃のままなのがこちらとしては不満なところ。△8六歩を▲同角と取ると△7五歩とされて確か悪くなるはず、と思ってここでは歩で取る一手と深く考えずに着手したのだが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8六同歩△5四歩 ▲6四歩 △5五歩
 ▲6三歩成△5四銀 ▲7三と △6五歩
 ▲7四と  △8一飛 ▲6四歩 (第2図)

 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P107~109に記されている通りの手順に進む。詳しい変化は同著を参考のこと。ただし△5四銀は意外な一手で、P110で居飛穴が不利になるとされている。▲7三とはそっぽのようだが、▲7四と~▲6四歩と大駒を押さえ込むのが振り飛車の狙い。これで指せると思っていたのだが…。第2図

  第2図以下の指し手
      △7八銀(図面略)

 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P110では▲6八飛型(四間飛車が後手なので△4二飛型)なのでこの銀打ちをうっかりしていた。以下▲5九飛と逃げるも、△6七銀成とされて角が逃げれば押さえ込んだはずの飛車に走られてしまう。仕方なく▲6三歩成以下攻め合うも、大差の一手違いにするのが精一杯であった。

 振り返ってみると△4二角の直前の△9五歩が深謀遠慮の一手で、こちらが▲2七銀だと△4二銀から松尾流穴熊を許してしまう。とはいえ銀冠に組もうとした瞬間いつでもこの銀引きはあるわけであって、改めて穴熊の脅威を感じた一局。

相変わらず定跡形から変化されると弱い

 早速だが第1図を見て頂きたい。部分的には『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P106の第4図と同じような形だが、いくつか相違点がある。
 まず第一に、振り飛車側が銀冠に組めていること。これは筆者にとって大きなメリットである。
 第二の違いは端歩が突き越せてあること。これも筆者にとって大きなメリットである。
 最後の違いは居飛穴が△2四歩と突いていること。これによって▲2五桂を防いでいる反面、キズになる恐れもある。
 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』では先後逆にして△5五同歩▲同銀△8六歩▲同歩△5四歩▲6四歩△5五歩▲6三歩成△6五歩の変化が本命視されている。当然そうなるものと思っていたのだが……。

第1図  第1図以下の指し手
        △6四歩 ▲同 歩 △同 銀
 ▲5四歩 △8六歩 ▲同 歩 △6五歩
 ▲5五銀 △同 銀 ▲同 角 △8六飛
 ▲8八歩 (第2図)

 △6四歩は『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』では▲同歩△同銀▲5四歩△8六歩▲同歩△5四金▲5八飛で「守りの金が離れて不満」としか触れられていない変化だが、四間飛車道場 第11巻 居飛車穴熊及び第12巻では類似形で「本筋」とされている一手。しかし△8六歩▲同歩△6五歩で未知の世界に突入した。第2図
 6五には桂もしくは銀が進出すべきというのが棋理というものであり、そこに歩を打つ手はまったく読んでいなかった。そして第2図でも意外な一手が飛び出す。

  第2図以下の指し手
        △6四銀 ▲7七角 △7六飛
 ▲4一銀 △3一金 ▲5二銀不成△3三金
 ▲4五歩 (第3図)

 △6四銀と打つ手なんて筆者には読めません。▲7七角で逆先を取るものの、▲5二銀不成△3三金の局面で▲2五桂と跳ねられない。第3図まさかここまで想定しての手順だったのか?仕方なく▲4五歩と突いたが……。

  第3図以下の指し手
        △8五桂 ▲4四角 △7九飛成
 ▲6九歩 △8九竜 ▲3三角成△同 角
 ▲4四歩 △同 角 ▲4三銀成△7七角成
 ▲4八飛 △4二歩 ▲5二成銀(第4図)

 今度は当然のように△8五桂が飛んできた。▲4四角△7九飛成に▲6九歩とふんばるしかないが、△4四金とは取ってくれず△8九竜。第4図
 仕方なく自分から▲3三角成と切って成銀を作ったものの、△7七角成に▲4八飛と逃げざるをえないようでは敗勢といっても過言ではないだろう。しかし△4二歩を見てやる気を取り戻した(当然△4六歩と叩かれるものと思っていた)。一見落ち着いた好手のように見えて▲5二成銀と逃げた第4図では▲5三歩成が残っており攻め足を遅らせたことにはなっていない。第4図以下△6九竜▲5三歩成△5五桂▲4二と△4七桂成▲同飛△5六角▲3一と△4七角成▲同金と一直線に進んで第5図。
 △2九飛▲1七玉△1九飛成▲1八金……意外と大変か?と思っていたら次の一手は△4九飛。もちろん詰めろだが……。第1図
 以下▲2一と△同玉▲5四角と合駒請求をしたが、△4三歩と中合いをされていたら▲同角成に△3二金と当てる手があるため悩ましいところだったが、実戦では単に△3二金だったため▲1七玉と早逃げして(▲3二同角成△同玉▲4二金は△3三玉で詰まない。△2三玉なら▲3五桂以下即詰み)「さあこれからだ」と思っていたら相手が謎の投了。謎の勝利をおさめた。

 第5図ではすでに形勢は難しくなっているとは思うが、はたしてどちらが勝っているのやら。△3一銀と手を戻されていたら負けか。とすると▲4七同金のところで▲2一と△同玉を入れておくべきだったか。最近将棋から離れている(更新を二日さぼったのがいい証拠)筆者にはさっぱり分かりません。どなたかご教授お願いします。

学習能力がないらしい

 どうやら筆者には学習能力がないようである。それを証明するのが第1図からの手順だ。どこかで見たことがあるような……。そう、つい先日取り上げたばかりの豆腐になってしまった穴熊にそっくりではないか。そしてここでの最善手は▲6四歩だと調べたばかりではないか。だというのに実戦の進行は……。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4五歩 △8六歩 ▲同 歩 △2四角
 ▲4四歩 △同 銀 ▲同 銀 △同 金
 ▲4六歩 (第2図)

 今度は▲5四歩ではなく▲4五歩を選択。8筋を突き捨てられて△2四角と飛車取りに覗かれてしまった(いちおう読み筋には入っていたが……)。▲4四歩以下銀交換を果たしたものの、依然として飛車取りが残っている。それを受けて▲4六歩では明らかに変調。第2図では早くも苦戦を覚悟したが。

第2図  第2図以下の指し手
        △5五歩 ▲2五歩 △4二角
 ▲4一銀 △3一金 ▲5二銀成△3三角
 ▲4五桂 △同 金 ▲同 歩 △7六歩
 ▲6六角 △8六飛 ▲8八歩 (第3図)

 追随するかのように後手の手もぬるい。▲2五歩は自玉が高美濃・端攻めがしずらくなるなどの理由で突きづらいが、持駒の銀を駆使して角を追い掛け回け▲4五桂で駒得が確定。しかし直後の△7六歩▲6六角△8六飛も厳しい。▲8八歩と受けて第3図。

第3図  第3図以下の指し手
        △4六歩 ▲3七金 △8二飛
 ▲5三成銀△5六歩 ▲4四歩 △5七歩成
 ▲同 角 △7七歩成

 △4六歩▲3七金は効かすとして、そこで△8二飛と引くのも何か居飛穴らしからぬ慎重すぎる一手。普通に▲5三成銀と引いて、△5六歩に▲4四歩と突いた局面では△5七銀が来ると思ったが、本譜は△5七歩成▲同角△7七歩成と進む。振り飛車側としては手抜くならこの瞬間しかない。

第4図  第4図以下の指し手
 ▲4三歩成△6八と ▲3三と △同 桂
 ▲4六角  △5八と ▲同 金 △5六飛
 ▲7三角成(第5図)

 第4図で▲7七同桂は△4四角で論外。ゆえに▲4三歩成以下飛車角交換は必然である。▲3三と△同桂で穴熊のパンツを脱がすことに成功したが、▲4六角に△5八と▲同金△5六飛が筆者の見落としていた両取りで厳しい。格言に従って▲7三角成と開き直った(▲5九歩の方がマシか……)のが第5図。

第5図 ここで△5八飛成だったらおそらく寄せ合い負けだったと思うのだが、何故か相手は△8八飛成と来たため▲5九歩と受けていっぺんにおかしくなった。以下△5三飛▲6四馬△5八飛成▲同歩△8九竜▲4九歩△4五桂打に▲5四角が▲2一飛以下の詰めろとなり完全に形勢は逆転。先手玉は薄いようで上部が広く妙に耐久力がある。以下△4二歩▲5一飛△3七桂成▲同銀の局面はすでに後手受けなしのようだ(埋めるとしたら△2一桂だが、▲同角成△同金▲同飛成△同玉▲3二金△同玉▲4四桂△2一玉に▲4三馬で合駒が悪く詰み)。実戦は△2一金打だったのでもっと分かりやすく詰まして勝ち。

 筆者も筆者でまったく「覚える」ということをしていないことが分かったが、その変な指し手が相手(7000局近く指してる六段)にも伝染してしまったようである。あるいは元々こういう棋風なのか?だとすれば居飛穴には向いていないと思うのだが……。

豆腐になってしまった穴熊

 筆者の実戦より。先手四間飛車対後手居飛車穴熊となり、後手が△4二角から6筋の歩を交換する手に対して、振り飛車が▲7五歩~▲5五歩と仕掛ける定跡形となって第1図。
 先後の差はあれど、『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P107の第5図から振り飛車が▲同歩と取った形とほとんど変わらない。同著では△5四歩が最善とされているが……。

第1図  第1図以下の指し手
        △7五歩 ▲5四歩 △同 銀
 ▲4四銀 △同 金 ▲同 角 △8六飛
 ▲8八歩 △6七歩 ▲5八飛 △5七歩
 ▲同 飛 △5六歩 ▲6七飛 △5五銀打

 後手は△7五歩を選択。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』には一言も触れられていない手だ。▲5四歩△同銀▲4四銀に△5五歩を予想していたが、またも外れで△同金。金銀交換後△8六飛にも▲8八歩としっかり受ける。△6七歩は手筋だが、▲5八飛が銀取りとなるのがポイント。第2図の△5五銀打に対しては……。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲2二角成△同 金 ▲1四歩 △同 歩
 ▲1三歩  △同 香 ▲8七飛 △同飛成
 ▲同 歩  △7六角 ▲2五桂 △7九飛
 ▲5八歩 (第3図)

 理屈抜きに切る一手(だと思う)。△同金に1筋に味をつけてから▲8七飛とぶつける。謝った歩がこんなふうに活用されるとは望外の展開だ。以下後手は攻め合ってくるが、▲5八歩としっかり受けて大丈夫。実戦は第3図から△5七歩成▲同金△6五桂▲4七金まで。第3図
 居飛車側にあまりにも遊び駒が多く、肝心の穴熊も金一枚では豆腐も同然。対する振り飛車は左の桂香以外すべてさばけ、自陣も安泰。次の▲1三桂成があまりにも厳しい。およそ五段らしくない指し回しだった。
 しかし第1図から△7五歩に▲5四歩が最善とは思えず調べたところ、『四間飛車道場 第12巻 続・居飛穴』P27に類似系(もちろん先後逆だが)を見つけた。△7五歩には▲6四歩△同銀▲4四銀が正しいらしい。なるほど、やはり本譜は最善ではなかったか。
 相手のミスに助けられたとはいえ、穴熊を激薄にしてからの▲8七飛のぶつけが味良く、久しぶりに四間飛車対居飛穴で快勝した一局。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。