FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

あれ?五段に勝っちゃったぞ?

 とはいえ将棋倶楽部24のフリーの対局なんですけどね。しかも四間飛車で勝ちました。相手は穴熊、▲2四角に対して筆者の応対は……。

第1図  第1図以下の指し手
        △同 角 ▲同 飛 △4六角
 ▲2二飛成△9六歩 ▲同 歩 △8五桂
 ▲7八金引△9七歩 ▲同 香 △3七角成
 (第2図)

  △2四同角と取る手は真っ先に読みから捨てるとしたものだが、この場合は△4六角の切り返しがあり、また2一の桂馬が容易に取られない形なので成立するとみた。以下は端攻めに全てをかける。決めるだけ決めて△3七角成と取って下駄を預ける。先手の反撃は……。

第2図  第2図以下の指し手
 ▲6五歩 △同 歩 ▲6四歩 △同 銀
 ▲6二歩 △同金直 ▲3二角 △4二飛
 ▲2一竜 △9八歩 ▲同 玉 △9七桂成
 ▲同 銀 △3二飛 ▲同 竜 △8五桂
 (第3図)

 ▲6五歩に対しては手抜く手も考えられるが、端攻めには歩が必要なので単に取った。6筋に色々利かされたが致命傷にまでは至らない。端に手をつけてから3二の角をもぎ取り△8五桂と打った局面は立派な勝負形になっている。

第3図  第3図以下の指し手
 ▲8六桂 △9七桂成▲同 桂 △9六香
 ▲7四桂 △8三玉 ▲6二桂成△9七香成
 ▲同 玉 △9六歩 (第4図)

 ▲8六桂では▲8八金上とされた方が嫌だった。本譜の筆者は攻め合うことしか考えてない。そして迎えた第4図、実戦では▲9八玉?と逃げたため△9七香以下トン死を喰らわせて勝ち。

 第4図で▲8六玉と逃げても△5九馬以下詰み。▲8八玉なら△9七歩成で時間稼ぎができる(▲7七玉はやはり△5九馬以下詰み)。
第4図
 第4図以下▲9六同玉も△9五歩と打ち、玉を逃げる手に対して王手をかけつつ上部を開拓(△7四桂と打てば8六の地点に利く)すればおそらく後手が余しているものと思われる。第1図は居飛車穴熊に組まれつつ5筋の位も取られるという作戦負けの局面かと思うが、相手が慌てて攻めてきたため(仕掛けの前に▲7八金引を入れておくだけでもずいぶん違った展開になったはずだ)勝負形に持ち込むことができた。レーティング2400超の相手に勝つことができ、少し自信を取り戻した一局。

復活!

 2年以上ぶりに将棋を指しました。今回はその戦いから。
 先手四間飛車対後手の居飛車穴熊となり、△4二銀の瞬間に仕掛ける定跡形となり第1図。
 『将棋定跡最先端 振り飛車編』P80の第17図を先後逆にして、美濃囲いの端歩を突いた形。本ではここから△6九飛と打つ手が紹介されているが……。

第1図 第1図以下の指し手
        △5六歩 ▲4五桂 △5七歩成
 ▲3七金 △4七歩 ▲3三桂成△同銀右
 ▲4一角 △4二金右▲3二角成△同 金
 ▲5三歩成△4八歩成▲4三歩成△4九と
 ▲同 銀 △2五桂 (第2図)

 △5六歩と予想外の手を指されて混乱。とりあえず金の逃げ道を作るため▲4五桂とした。△4八歩成にはいったん▲同金△同と▲同角と清算した方が良かった。△2五桂と打たれた第2図は先手玉に詰めろがかかってしまっている。

第2図 第2図以下の指し手
 ▲4六銀 △3七桂成▲同 銀 △4七金
 ▲2九桂 △6八飛 ▲4八歩 △同 と
 (第3図)

 ▲4六銀と引いて受けるのは角筋も通してまあ妥当なところだろう。△3七桂成▲同銀△4七金▲2九桂には△3七金を予想していたが、△6八飛と来た。▲4八歩△同とと進み第3図。実戦では▲1七玉と早逃げになっていない手を指してしまい敗れてしまったが、実はこの瞬間先手玉は詰めろではない。よって▲3二ととすれば難しかったのではないか。
第3図
 ▲3二とに△4九とは▲1七玉で、6六の角がよく利いていて詰まない。△4九とに代えて△3九角も▲1八玉△4九とに▲4八歩と打つ。△6六飛成と角を取っても▲2一と△同玉▲3二金△同玉▲4四桂以下詰み。
 よって後手は受けに回ることになるのだろうが、とりあえず△3九角▲1八玉△4九と▲4八歩を決めてから△3一金あたりか。なにぶん将棋から2年以上も遠ざかっていた身なのでよく分からないが……。
 最近棋書を『とっておきの右玉』以外買っていないので詳しいことは分からないのだが、先手番で端歩を突いているため、『将棋定跡最先端 振り飛車編』P83第20図の▲9五角(△1五角)がなく四間飛車指せるのではないかというのが個人的な見解であった。第1図からの△5六歩に対する対処も含め、皆さんの意見を伺いたいところである。

本の手順より変化される

 筆者の実戦より。先手四間飛車対後手の居飛車穴熊となり、△4二銀と引いて松尾流を狙ったところを▲5五歩と仕掛ける定跡形となり、局面は進んで第1図。
 『将棋定跡最先端 振り飛車編』のP73参考B図より▲5二歩△4八飛▲5一歩成△7一金と進んだ局面とほぼ同一局面(先後の差があり美濃囲いの端歩が突いてある)である。▲5三歩成を防いでいったん△3一金と引けば引き続き本通りの展開が予想されるところだが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △5八と ▲5三歩成△同 金
 ▲同角成 △同 銀 ▲3二飛成△4二銀
 (第2図)

 ここで後手は△5八とと引いてきた。当然こちらは狙いの▲5三歩成を敢行する。△同金▲同角成△同銀▲3二飛成と穴熊の二枚の金を奪ってしてやったり、と思いきやそこで△4二銀と引かれて第2図。
第2図 ここでどうも穴熊玉に迫る良い手が見当たらず、本譜は秒に追われて▲4四銀と出てしまい、△6六角の両取りを食らってしまった。
 しかしここで具体的にどう指せばいいのだろうか。▲4一金と張り付く手には△7五角が攻防となる。定跡形からの変化に弱い筆者であるが、その弱点が露呈した一局。第2図でどうすればよいのか、読者諸兄の御意見を伺いたいところではある。



肝心の▲7五歩を突き忘れる

 今回も筆者の実戦を御笑覧下さい。先手四間飛車に対して居飛車穴熊で対抗、△4二角と引く形となり第1図を迎える。先後の差があり振り飛車の手が
進んでいるものの、『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P105の第3図と類似した形である。ここでは▲7五歩と突くのが定跡だが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 銀 △8六歩
 ▲同 歩 △7五歩 ▲4五歩 △7六歩
 ▲6六角 △8六飛 ▲8八歩 △2四角
 ▲6九飛 △6七歩 (第2図)

 うっかり▲7五歩を忘れて単に▲5五歩と突いてしまった。△同歩▲同銀に△8六歩~△7五歩が急所の反撃で、▲4五歩とこちらも攻めてはみたものの△7六歩と取り込まれて▲6六角△8六飛に▲8八歩と受けるようではいかにも苦しい。
第2図 さらに△2四角と幸便に覗く手が生じてしまった。▲6九飛と引いて角成りを受けたものの、△6七歩が手筋の垂らしで第2図では振り飛車が不利である。以下も順当に負け。

 第1図の局面は定跡形である。そこからの手順を忘れてしまい▲5五歩と突いてしまうとは…本譜は自戒の譜。





金銀八枚を手にする

 筆者の実戦より。先手四間飛車対後手の居飛車穴熊から、△4二銀と松尾流を狙う手に対して▲5五歩と仕掛け、以下定跡通り進んで第1図。先後の差こどあれ『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P96の結果図から▲6五歩(△4五歩)と打った局面と類似している。ここでは居飛車に様々な手が考えられるところだが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △7三桂 ▲4五歩 △6五飛
 ▲4四歩 △5三金 ▲6五飛 △同 桂
 ▲4五桂 (第2図)

 ここでの△7三桂は実戦経験豊富な筆者も初めて指された手。対して振り飛車は▲4五歩と急所を攻める。△6五飛のぶつけに対して▲4四歩と強く取り込む。△5三金では△6四飛が優ると思う。本譜は手順に▲6五飛と取り△同桂に▲4五桂と両取りに跳ねたところでは優勢を意識していたが…。
第2図 第2図以下の指し手
       △4六歩 ▲同 銀 △4四角
 ▲5三桂成△6六角 ▲4二成桂△同 金
 ▲6二飛 (第3図)

 △4六歩の叩きには▲同金の方が優ったか。本譜は▲同銀に△4四角と逃げられてしまった。ここで強気に▲5三成桂と取り、△6六角に▲4二成桂と金銀をはがす手順を筆者は選択した。△4二同金に▲6二飛と打ち下ろして第3図、居飛車は金取りを受けてくるものとばかり思っていたが…。
第3図 第3図以下の指し手
       △6九飛 ▲4二飛成△7五角
 ▲2二竜 △同 玉 ▲4三金 △3九角成
 ▲3七玉 (第4図)

 金取りを受けない△6九飛には驚いた。▲4二飛成に△7五角が後手の狙いの一手だが、▲2二竜と切って△同玉に▲4三金と張り付いた。しかし6六の角の利きもあり詰めろになっておらず、恐らく悪手であろう。しかし直後に後手にも△3九角成の敗着が出る。▲3七玉と逃げられてみると先手玉は安全な上に自玉を詰めろにしてしまっている。
第4図
 以下は十手ほどで先手の勝ちとなった。戻って▲4三金には△3一桂とも受けておけばこちらが悪かったであろう。金銀八枚を手にしても穴熊攻略は難しいとは…改めて穴熊の恐ろしさを再認識させられた一局。






前のページ 次のページ