四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

大舞台にまさかのノーマル四間飛車登場

 竜王戦挑戦者決定戦3番勝負第2局という大舞台に、まさかのノーマル四間飛車が登場した。採用したのは森内先生。対する深浦先生の対策は居飛車穴熊。将棋は△5四銀型対▲7九金型から、紆余曲折あって第1図。先手も後手も手損しているが、お互い駒組みは飽和点に達している。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』では△5四銀型に対しては5筋の位を取る形などが紹介されているが、本局はそれをせず松尾流に組み替えた。第1図から戦いがはじまる。

第1図  第1図以下の指し手
        △1五歩 ▲同 歩 △6五歩
 ▲同 歩 △1五香 ▲同 香 △6六歩
 ▲5七金 △6五桂 ▲5九角 △6四銀
 (第2図)

 △1五歩とこちらから仕掛けるのは鈴木大介八段がよく用いる手段だが、この場合の狙いは一歩取っての△6六歩にあった。▲5七金に△6五桂で先手の金は助からないが、▲5九角と香車にヒモをつけて先手も頑張る。次に▲3七角が王手になるので△6四銀と先受け。
第2図
  第2図以下の指し手
 ▲3七角 △4六歩 ▲同 歩 △7五歩
 ▲6九香 △5七桂成▲同 飛 △7六歩
 ▲6五歩 △7五銀 ▲4五歩 △7三金打
 ▲4四桂 △9五歩 (第3図)

 それでも▲3七角に△4六歩が手筋の突き捨て。▲同角は1五の香が浮き、▲同金は△4五歩があるので▲同歩は仕方ない。後手は金を取らず△7五歩。▲6九香は金を取ってくれという催促だが、△7六歩の取り込みも大きい。▲4五歩と王手をかけたものの△7三金打で後手陣は要塞のように堅い。▲4四桂に△9五歩と端攻めに活路を見出して第3図。第3図

  第3図以下の指し手
 ▲7七歩 △9六歩 ▲7六歩 △8四銀引
 ▲6六香 △7四金左▲6七飛 △6三歩
 ▲3二桂成△4五飛 ▲3三成桂△同 桂
 (第4図)

 端を手抜いて▲7七歩には驚いた。7筋の拠点は消えるものの、9筋の取り込みは大きい。▲6六香に△7四金左、▲6七飛に△6三歩はいずれも一手先に受ける習いある一着。先手は▲3二桂成~▲3三成桂と角を取って第4図。

第4図 リアルタイムでこの将棋を観戦していた筆者は「まさかここで▲4六歩はないよな」と思っていたら、なんと次の一手はその▲4六歩だった。しかしこれが最終的な敗着か。深浦先生も「ひどい手でした。あとはダメです」と振り返っているように、自らの角筋を止めるプロならまず指さない一手だ。以下△2五飛▲2八歩△7五歩▲4二角△7六歩▲3三角成△7五桂と進み、最後は厚みと端攻めで後手が快勝。金銀五枚の要塞は終局まで崩れることはなかった。

 やはり四間飛車側も銀冠に組めば居飛穴相手でも充分に戦えるということだろうか。そして穴熊はいかに9六歩型といえども端を手抜くべきではないのだろう。鉄板流の受けで名高い森内先生が、鉄板の厚みで居飛穴を押し潰した会心譜。ノーマル四間飛車党に勇気を与えてくれた。
スポンサーサイト

△6五歩の仕掛けを逆用される

 2月7日に行なわれたC級1組順位戦第十回戦の日浦-窪田戦より。居飛車穴熊を採用した先手に対して、後手が△6五歩と仕掛けて第1図。この手が戦況にどう影響するか。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8八銀 △8五歩 ▲6八飛 △7一玉
 ▲5九金右△5二金左▲5五歩 △同 銀
 ▲6五歩 △4五歩 ▲5六歩 △4四銀
 (第2図)

 ▲8八銀と穴熊のハッチを閉めてから▲6八飛が機敏な一手。以下△7一玉▲5九金右△5二金左と玉形を整備し合って▲5五歩がうまい一手。△同銀と取るしかないが▲6五歩と取られてしまい、結果的に△6五歩の仕掛けを逆用される形となってしまった。
第2図 △4五歩▲5六歩△4四銀と進み第2図。ここに銀を引かされるようでは振り飛車としてはつまらない印象を受ける。先手の6五の位も大きく、ここでは先手の模様が良いと言ってよいだろう。
 実戦も以下先手ペースで進んだものの、終盤に逆転劇があり結果は後手の勝ち。窪田五段はこれで六勝三敗と勝ち越しが決定、規定により降級点が消えるという嬉しい結果となった。

 藤井システムを採用しない筆者は△6五歩と仕掛けることはまずないが、やはり▲8八銀が間に合う形ではこの手は成立しないのではないか、と考えさせられた一局。

先手なのに後手よりさらに一手損

 9月30日に行なわれたB級2組順位戦五回戦、畠山成-富岡戦より。二日前に畠山成幸七段の将棋を取り上げたばかりだが、本局もやはり先手四間飛車対後手の居飛車穴熊となり第1図へと進む。ここで▲6六銀なら前局と同じような展開、ひいては同一局面となることも考えられるが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5六銀 △3二金 ▲2八玉 △7二飛
 ▲6六角 △8二飛 ▲8八飛 △5一角
 ▲7七角 (第2図)

 第1図で▲5六銀は、後手番でこの形を愛用する筆者としては興味津々の一手だ。△3二金に▲2八玉と上がり、△7五歩~△8六歩~△4五歩の仕掛けにも対応できる。
 しかし本局では振り飛車が先手ゆえに△7二飛が成立した。7筋の歩交換を防いで▲6六角に△8二飛と戻す。ここで▲7七角では再び△7二飛と寄られて千日手模様になってしまう。
第2図 手を変えなくてはいけない先手は▲8八飛で8筋を防ぐ。利かされたようでも手得を活かす展開にしたいところだが、第2図の▲7七角で早々に手の損得も無くなってしまった。

  第2図以下の指し手
       △7三角 ▲2六歩 △4二銀
 ▲6八飛 △3一銀右▲9六歩 △9四歩
 ▲2七銀 △5二飛 (第3図)

 松尾流へ組み替える後手に対して先手は▲6八飛と戻ったが、これで都合二手損となってしまった。
第3図 △5二飛と回られた第3図では後手番でも▲3八金の一手が、先手番ならそれに加えてさらにもう一手入っていなければおかしい。振り飛車が後手で銀冠が完成していた場合は実戦例がある(以前当ブログでも取り上げた加藤アマ-中村亮戦)が、金が締まっていない形で同じように指していいものだろうか。

  第3図以下の指し手
 ▲6四歩 △同 歩 ▲3八金 △6二飛
 ▲9七桂 △9三桂 ▲6九飛 △6一飛
 ▲4八金引(第4図)
第4図 ▲6四歩△同歩に▲3八金と手が戻るのは仕方ないか。後手の△6二飛に▲4五歩と突けば加藤アマ-中村亮戦と合流する可能性が高いが、本譜のように歩損してから▲6九飛と待つようでは流れがおかしい。△6一飛にも▲4八金引とさらに待って第4図。望めば後手も千日手に持ち込めそうな展開だが、模様良しと見て動いた。

  第4図以下の指し手
       △6五歩 ▲同 銀 △4六角
 ▲6四歩 △7五歩 ▲同 歩 △7六歩
 ▲同 銀 △6四飛 ▲6五銀 △7六歩
 (第5図)
第5図
 △6五歩に▲4七金直は△6六歩▲同角△8四角でいけない。▲6五同銀△4六角▲6四歩にも△7五歩▲同歩△7六歩が手筋の攻めで、▲8八角には△8六歩、▲5九角には△5五角がある。
 ▲7六同銀△6四飛▲6五銀にも再び△7六歩が入る。今度は取るわけにいかない。

  第5図以下の指し手
 ▲8八角 △6一飛 ▲4七歩 △5五角
 ▲同 角 △同 歩 ▲8三角 △6二飛
 ▲7四角成△7七歩成▲6四歩 △6七歩
第6図 (第6図)

 いかに飛車角交換とはいえ▲6四銀△7七歩成と取り合うのはさすがにまずい。仕方のない▲8八角に△6一飛と引かれ、△8六歩を見せられて先手忙しい。
 ▲4七歩から角交換に持ち込み、▲8三角はこれくらいか。馬を作って手厚いようだが、後手のと金も大きい。さらにお互いに歩を垂らして第6図。先手の6五銀が中途半端なのと、できると金の枚数の差で居飛車が指しやすいと思われる。以下攻め合いとなったが、端攻めを余して後手の一手勝ちとなった。

 この結果、畠山七段は二勝三敗と再び黒星が先行してしまった。筆者が感化されすぎなのかもしれないが、加藤アマ-中村亮戦に合流できる機会を逃したのは疑問が残る。何か振り飛車にとって都合の悪い変化でも発見されているのだろうか。
 先手の得を活かすどころか逆に手損してしまった振り飛車の序盤ももったいない気がする。第1図で▲6六銀だとどうなるのか、明日にでも改めて検討してみたい。

竜王戦本戦 森内-片上戦詳報(2)

参考1図 20日に行なわれたC級2組順位戦でも四間飛車の将棋がいくつか見られたが、既に観戦記も掲載終了した森内-片上戦からまずは順番に取り上げていきたい。
 対局終了後、片上四段は▲6八銀(前回の詳報第1図を参照)を成立させた要因となった△8四歩を「軽率でしたね」と真っ先に悔やんだとの記述。前回も触れた通り、この手は▲8六角~▲7五歩から一歩持たれる筋を警戒したものだが、同じ意味で参考1図のように△4五歩と突いて角筋を通し(実戦では片上四段はここで△8四歩と指した)▲8六角を牽制することはできないかと考えてみた。
参考2図 参考1図から▲2四歩△同歩▲6五歩と仕掛けられた場合はどうするか。①△7七角成▲同桂とパンツを脱ぐ手を強要するのは後手に後続がなく、8八銀を上がっていない形がむしろプラスに働きそうだ。これは振り飛車が面白くない。
 ②△6五同桂は▲3三角成△同桂に▲2四飛とは走れず(△3五角が痛打)▲6六銀(参考2図)で次の▲6五銀と▲2四飛を見せられた時にどう指すか。前者を防いで△5四銀と上がり▲2四飛なら△4六歩、後者を防いで△2五歩と突き▲6五銀(先に▲5五角は△4四銀▲6四角△7三銀と顔面受けに行く)に△4四角と先着しておく。どちらも有力でそれなりに指せそうだ。
参考3図 ③△4四銀と立つのはどうか。▲6四歩△6五桂▲8八角△5七桂成▲同金の局面(参考3図)は振り飛車が駒得とはいえ守備桂と攻めの銀の交換、6四の拠点も目障りだ。筆者の第一感はここで△7三銀打だが、▲6八飛と回って歩を守る手がある。あるいは△6四銀と払ったとしても▲6五歩と打たれ、△同銀に▲6四桂の両取りがある。存外難しい将棋と思うが、穴熊が薄く居飛車としては指す気がしないか。
 一通りの変化を調べてみたが、少なくとも振り飛車が不利になるということはなさそうだ。しかし△4五歩は本当に▲8六角を牽制しているのだろうか。
参考4図 参考1図からそれでも▲8六角には△6五歩と突きたくなるが、参考4図のように▲8八銀と受けられてみると△6六歩と取り込んでも▲同銀△6五歩▲5七銀で大したことがなく、むしろ一歩渡して次の桂頭攻めを誘発してしまっている。
 ▲8六角には普通に△6三金と上がり、7筋の歩交換を許容する指し方で良いのではないだろうか。この後に5四銀型にこだわらず△4四銀と上がる形にすれば、▲3六歩~▲3五歩の狙いもひとまずなくなる。別の形で一歩を攻めに使われる可能性があるのは否めないが、先手は角の移動に手数をかけているため振り飛車側も充分な迎撃態勢を取ることができるはずだ。
参考5図 参考1図で▲8八銀なら△6三金と上がる(△5四銀では▲8六角を許してしまう)。そこで▲6八銀△5四銀なら森内-片上戦の△8四歩に代えて△6三金と上がっている形となり、明らかに振り飛車が得をしている(例えば本譜の通り進んだ時に▲6四歩を△同金と取れる)。
 △6三金に対し単に▲2四歩△同歩▲6五歩は気になるが、△同桂▲3三角成△同桂の局面(参考5図)でやはり▲2四飛と走れないのが居飛車としては痛い。仕掛けを断念して▲3六歩なら△5四銀と上がり、竜王の居飛穴本P229で「仕掛けを警戒するなら最善かもしれない」とされている構えに合流できる。

 駆け足ではあったが、以上をもって参考1図の△4五歩は成立、以下▲7五角なら7筋の歩交換を許容して4四銀型に組む、▲8八銀なら△6三金▲3六歩△5四銀で既存の形に合流と結論づけたい。

第1図 森内-片上戦に戻って第1図は夕食休憩時の局面。観戦記担当の比江嶋女流プロと共に夕食を取った際に片上四段は「暑いんだからもう投げてもいいんだけどね。せっかくだからもう少し(名人との対局を)堪能することにするよ」と話したとある。これが本音か否かは本人のみぞ知るところだが、駒組み段階での△8四歩を悔やんだという事実とともに、勝負は序盤でついてしまったという思いが片上四段の中で強いことがうかがえる。ゆえに筆者の詳報も序盤研究に終始してしまった、というのはこじつけに過ぎないが。
 それと同時に、観戦記の結びも片上四段の興味深いコメントで締めくくられている。
【“竜王戦本戦 森内-片上戦詳報(2)”の続きを読む】

竜王戦本戦 森内-片上戦詳報(1)

第1図 竜王戦本戦の森内-片上戦の観戦記が第5譜まで進んでいる。第1図は森内名人いわく「序盤の勝負手」▲6八銀と引いたところ。
 先月の記事でも述べた通り、実戦はここから△4五歩に▲2四歩△同歩▲6五歩と先手が仕掛けたわけであるが、やはりこれは成立しているようだ。少なくともこの後、後手が良くなる順は観戦記には記されていない。片上四段は▲6八銀をうっかりしていたらしく、「序盤からこんなにボロボロになっているなんて」とある。序盤の細かいミスで勝負が決まってしまう最近の将棋の恐ろしさが浮き彫りとなった格好だ。
参考1図 仮に第1図で△8四歩に替えて△4五歩と突いてあれば、当然▲6八銀などという手はない。筆者ならば△8四歩は後回しにしてそのように構える。▲6八銀に代わって▲3六歩なら△6三金と上部を厚くして先手の仕掛けに備える。
 ただし片上四段が△8四歩を早めに突いたのも理由があった。△5四銀を急ぐと▲8六角△6三金▲7五歩△同歩▲同角(参考1図)のように一歩切られてしまうのがシャクだ、と観戦記には述べられている。確かに▲3六歩~▲3五歩を見せられ、△5四銀が咎められそうな印象はある(筆者もこのように指され負けた経験がある)。
参考2図 第1図から△4五桂▲2四歩△同歩▲6五歩に、△2二飛と辛抱する変化が第3譜で紹介されている。▲6四歩△6六歩▲同角△同角▲同金△3九角▲4四角△4二飛▲1一角成△2八角成に▲4四香で居飛車良しとのこと。
 なるほど居飛穴らしい手順だが、筆者なら△6六歩に▲同金と取りそうだ。△6五桂▲同金△同銀には▲3三角成△同桂▲5五角が痛打となる(参考2図)。次に▲3三角成~▲4四桂の狙いが厳しい。また△6五桂を決めずに△2五歩のような手にも▲7五歩がある。駒損を避けて攻める変化が良さそうに見えるのは棋風のなせる技だろうか。

 追記:窪田五段より義七郎武藏國日記にて「△6六歩▲同金には△8五桂で終わっている」とのご指摘。全くもってその通りである。読者諸兄に誤解を生じさせるかもしれないが、自戒の意を込めて以前の記事を残したままでの改訂とさせて頂く。
 「△6六歩を▲同金と取りそう」な筆者は間違っても対振り飛車に居飛穴は指すべきではないようだ。あるいは振り飛車側を良くしようとする本能のなせる技だろうか。

 気になる点がいくつかあり、まとめて書いていると長くなりそうである。よって仕掛け以降の詳報は後日改めてお伝えしたい。
次のページ