FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

竜王戦本戦 塚田-片上戦詳報(3)

第1図 塚田-片上戦も本日で掲載終了。結論から言うと最後は塚田九段に勝ちがあったようである。事の発端は第1図。
 ここでの△6五香が得した香を使ってさらに駒得を拡大する自然な手と思いきや、片上四段いわく「あっという間にダメにした」大悪手。▲同銀△同桂▲8六角で重い形になっていたはずの先手の駒をさばかせてしまった。この手を境に形勢は先手に傾くことになる。
 正着は△6二香と下から打つ手とのこと。見えにくい筋だが言われてみるとなるほど、という印象である。
第2図 局面は進んで第2図。居飛穴玉もかなり危険だが、本譜は秒に追われて▲7三銀△同金▲同香成△同玉と清算し▲4二竜と迫ったが、△4三金打とがっちり受けられて攻めを催促され負けとなってしまった。
 図では▲5二竜と切るのが正解。△同金引の瞬間に先手玉は詰めろになってしまうが、そこで▲3五角が詰めろ逃れの詰めろ+竜取りで塚田九段の勝ちが決まっていたようだ。角が自陣にも利き、△8八竜以下の詰み筋を防いでいる。筆者などが実戦でこの三手一組の決め手を指すことができたらさぞかし爽快だろう。
 竜王戦観戦記が二局連続四間飛車となり個人的には満足である。残すは森内-片上戦だ。

竜王戦本戦 塚田-片上戦詳報(2)

第1図 昨日に引き続き塚田-片上戦を再検討してみる。今日の朝刊では第1図よりの掲載だが、ここで△6五同桂もあり▲6六銀△6八角成△同金寄▲4六歩以下、互いに飛車を成り合う変化でも居飛車かなり大変とのこと。
 棋譜を並べていた時には一秒も考えなかった、というより一秒くらい考えて「相手の飛車をさばかせてはダメだろう」と思って切り捨てたのだが、熟考するに値する変化だったか。ただし片上四段は「(6五の)桂が質駒になってダメかと思っていた」との感想。筆者も概ね同意である。
第2図 本譜は以下△6五同歩▲7七角△3三桂▲2四飛△同歩と進んで第2図。先日の記事で自然に▲3三角成ではいけなかったのか、という筆者の疑問には「△3八飛で大したことがない」との簡潔な叙述あり。むしろ問題は第2図以下▲2三角△4三飛▲3四角成△3八飛▲6八金引に△6六歩の軽妙手を許したことにあり、▲3四角成の代わりに▲1二角成△3八飛に▲7九香と打って戦うのがよかったと述べられている。▲3三角成と自然に駒を取る手がなぜいけないのか、という疑問が▲1二角成というやはり自然に駒を取る手によって解消されたような気がした。
第3図 第3譜は第3図までの進行だが、重い形にさせて振り飛車充分の展開になってきたと結ばれている。△5二角と打たされたつらさには何も言及されていないが、「重い形」とは7七の角が働かないことを指していると想像され、それならば5二の角とも見合いだというニュアンスを言外に秘めているのだろうか。
 逆転勝ちの様相を呈しているようだがどこで形勢がひっくり返ったのか分からない、どころか仕掛け以降は振り飛車ペースに終始していたというわけなのか。それとも今後居飛穴良し、あるいは勝ちの場面があったのか。明日以降にも期待するとしよう。

竜王戦本戦 塚田-片上戦詳報

第1図 島-川上戦の掲載は予想通り一昨日で終了し、昨日より塚田-片上戦に移っている。こちらは手数が長かったためか、本日の第2譜で早くも仕掛けの局面を迎えた。
 第1図で▲2四歩の仕掛けに本譜は△同角だが、△同歩なら「どのように攻めるのだろうか」と先日当ブログ記事で筆者は疑問提起しているが、観戦記によれば▲4六歩△同歩▲同銀とし、「反撃が気になる」△6五歩には▲5五歩と戦うつもりとのこと(参考図)。以下振り飛車は単に△5五同歩か、それとも△6六歩~△6五歩を決めるべきか。
参考図 具体的な手順は難しいが、このように居飛穴側が指すつもりであれば、第1図直前の▲1八香と△4一飛の交換は後手側が5一に角を引くような手も生じており、明らかに振り飛車が得をしている。
 本譜も後に△3八飛(7八の金取り)~△1八飛成と香を拾われており、結果的に見ても香上がりはマイナスになっているのだが、第1図の△4一飛を見てから▲2四歩と仕掛けた真意はどこにあるのだろうか。観戦記の一説にある通り、あれこれ考えるうちに打開の手順を思いついたのだとしたら問題があるように思うのだが。
 保留していた仕掛けを敢行したものの、その間に相手が好形となり損をした…そのような経験は誰にでもあるだろう。しかしプロの、持ち時間5時間の将棋である。本譜では明るみに出ず一変化の範疇に収まったとはいえ、将棋がどこか緻密でない印象を受ける。
 若くしてタイトル獲得・A級昇級を果たし、花の五十五年組の一員として活躍していた塚田九段。それがまだ四十歳だというのに順位戦はC1まで落ちるなど、十数年前を思えば信じられない状態である。本局で筆者が感じた緻密さの欠如にも凋落ぶりの要因が見え隠れするなどと考えるのは、穿ち過ぎかつ塚田先生に失礼であろうか。
 いずれにせよ観戦記はまだまだ第2譜、筆者の疑問も残存しており今後が楽しみである。

プロの実戦例を忘却していては…

第1図 今回はプロの実戦譜に移る前に筆者の将棋を御笑覧あれ。居飛穴に対して先手にも関わらず5六銀型で対抗した第1図、ここで▲6七銀がよくある手だが…。

  第1図以下の指し手
 ▲6四歩 △同 歩 ▲9七桂 △9三桂
 ▲4五歩 △4二飛 ▲8六歩 △4五歩
 ▲8五歩 △4四金 (第2図)

 プロの実戦例でこの形があったのは覚えていたが、具体的な手順は思い出せない始末。
第2図 ▲6四歩と仕掛けてはみたものの、いかんせんうろ覚えで指しているだけである。△4二飛の受けに▲8六歩はいかにも方向違いで、第2図となっては居飛車の猛攻を浴びそう。それでも意地で▲8三歩成は実現し、必敗形というわけでもなくまだまだ難しそうだったが、直後に致命的な悪手を指してしまい惨敗。
 第1図に戻って、プロはどう指したのか。次の一手だけで劇的に効果が上がるわけではないが、熱心な読者諸兄は先の展開まで考えて頂きたい。筆者の手順も部分的には参考になる。
【“プロの実戦例を忘却していては…”の続きを読む】

名人の四間飛車破り

第1図 8月3日に行なわれた竜王戦本戦の森内-片上戦より。後手番となった片上四段は前局に続き四間飛車を採用、対する森内名人は居飛穴に組む。第1図で▲3六歩なら穏やかだが…。

  第1図以下の指し手
 ▲6八銀 △4五歩 ▲2四歩 △同 歩
 ▲6五歩 △7七角成▲同銀右 △3三角
 (第2図)

 居飛車は▲6八銀と松尾流への組み替えを狙う。それを阻止せんと振り飛車は△4五歩。
第2図 まさか▲5七銀と戻るわけにもいかない。▲2四歩~▲6五歩の仕掛けは当然だが、3七歩型のため▲3五歩を絡めることができないのがどう影響するか。
 △7七角成▲同銀右に△6五桂は構わず▲2四飛で居飛穴ペースと見たか、片上四段は△3三角と自重して第2図。

  第2図以下の指し手
 ▲6四歩 △4六歩 ▲同 歩 △同 飛
 ▲3ニ角 △4九飛成▲2一角成△4三歩
 (第3図)
第3図 ▲6四歩と取り込めたのは大きそうだ。振り飛車も△4六歩以下飛車のさばきに期待するが、▲3二角と打たれて先に桂馬を取られる形に。
 第3図の△4三歩は手堅いがどことなく違和感を感じた。筆者は真っ先に△4一竜の自陣竜が見えたが、▲5四馬△同歩▲7五歩くらいでうるさいのだろうか。2八の飛車さえ釘付けにできれば攻めを切らせることもできそうだが。

  第3図以下の指し手
 ▲3二馬 △3九竜 ▲3三馬 △2八竜
 ▲6八銀 △2九竜 ▲1一馬 △4九飛
 ▲7九香 (第4図)
第4図
 ▲3ニ馬以下飛車角交換となったが、これは居飛穴にとっては2八の飛車をさばいたと見るべきか。△2八竜に▲6八銀、△4九飛の二枚飛車にも▲7九香と打ちつけた第4図は、まさに鉄板流の面目躍如といった趣がある。
 以下△4四歩に▲7五歩が急所で、激しい攻め合いを制して森内名人の勝ち。仕掛け以降は常に居飛穴ペースで進行していたように見え、少なくとも片上四段が良くなった瞬間は無かったように思える。この見解が正しいか否か、観戦記が非常に楽しみだ。
 四間飛車側としては△5四銀型にこんな手順が成立してはたまったものではないのだが…。△8四歩と突く代わりに△9五歩と突き越しておいて端攻めを可能にする、あるいは△6三金を急いで上部を厚くしておく、といった工夫で▲6八銀を不成立に導くことが出来れば良いのだが。今後の研究課題であろう。
前のページ 次のページ