四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

△3五銀型の攻防

 C級2組順位戦第9回戦の中尾-島本戦より。四間飛車対居飛車穴熊の将棋となり、後手が△4四銀型を採用したものの▲3六歩と突かなかったため△3五銀と出る形となっている。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P77では『「△4四銀には▲3六歩」と覚えるのが明快』と記されており、△3五銀型に関しては言及がないが、実戦ではどのような攻防が展開されるのであろうか。第1図は▲3八飛と寄って次に▲3六歩と銀を追う手を見せたところだが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △2六銀 ▲7七金 △2四歩
 ▲5五歩 △2五歩 ▲5六銀 △8二玉
 ▲2八飛 △4三飛 ▲7八金引△5一角
 ▲3六歩 (第2図)

 ▲3六歩を予め避けて△2六銀と後手は進出した。▲7七金に△2七銀成では重いので、△2四歩と遠巻きに反撃する。▲5五歩は△同角なら▲2四歩と逆用する意。以下△2五歩▲5六銀と進み、先手は一歩を代償に好形を作り上げることに成功した。
第2図 以下お互いに細かい駒組みを続けて第2図。▲3六歩と突かれて銀の退路を絶たれたが、▲2七歩と打つ一歩がないためすぐに銀が死ぬわけではない。いずれにせよこの2六の銀がどう働くかが勝負の分かれ目となりそうである。
 第2図以下十数手進んで第3図。▲5九角が2六の銀の当たりになっており、先手には次に▲4五銀と出る狙いがある。果たして後手はどのように銀を処置するのであろうか。
第3図  第3図以下の指し手
       △1七銀不成▲5八飛△2六銀成
 ▲4五銀 △2二角 ▲3四銀 △4七飛成
 ▲4八飛 △同 竜 ▲同 角 △2五成銀
 ▲同 銀 (第4図)

 △1七銀不成はそっぽの上の香車と交換する権利を先手に与えるが、次の▲4五銀を受けるにはこれくらいか。一方先手もこれを相手にせず▲5八飛と回る。△2六銀成は二手かけて銀を成銀に変える面白い手順だが、先手は構わず▲4五銀~▲3四銀と繰り出す。
第4図 △4七飛成を許しても▲4八飛のぶつけがあり、△同竜▲同角となっては2六の成銀が助からない。△2五成銀と桂馬を取ったものの、▲同銀と取られて駒損となっては先手ペースのようだ。以下△9五歩を手抜いて▲2三飛と打ち下ろし、端攻めを逆用する形となって先手が制勝した。中尾四段は四勝四敗、一方の島本四段は二勝六敗と苦しい成績に。

 筆者は△3五銀と出る形は指さないのだが、出たら出たでやはりそれなりに振り飛車にも苦労が多いのだなと思わされた一局。
スポンサーサイト

銀河戦 山中-川上戦詳報

 田村-中村亮戦に続いて山中-川上戦も再度取り上げてみたい。

第1図 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』にも載っている定跡形の将棋となり第1図、▲5五歩に代えて単に▲3四飛なら△3三銀と投入して受ける、との川上六段の感想。また第1図から単に△4六歩もありそうだが、▲同歩と取られても「良く分からない」。△5六角とでも打っておくくらいだが、以下▲4五桂△6二銀▲5四歩△5二歩▲3四飛と進んだ時に「そこで△7五歩とは突きづらい」。
 以上のような読み筋を経て、△3三角▲3四飛に△4六歩という本譜の手順を選んだようである。ここまでは中村亮-橋本戦と同一の手順だ。

第2図 第2図では中村亮-橋本戦で指された▲3七桂についても感想戦で触れられていた。以下△4七歩成▲4五桂打△3七と(橋本五段は△5七とと指した)▲5三桂成△同金▲3一角で難しい形勢か、とのこと。
 また▲3三飛成といきなり切る手もあり、△同桂▲3四歩△4五桂▲3三歩成△4四飛▲1六角△2四飛▲4三とが予想される手順。そこで△6二銀▲5二と△7一金か、あるいは△2九飛成▲5三と△5九飛▲7九桂△5三金。どちらの変化も一局の将棋だろう。本譜の▲7五歩よりは優っている印象を受ける。
第3図 ▲7五歩△4七歩成▲4三歩△同飛と進んで第3図。ここで山中アマの予定は▲3二角だったのこと。以下△4六飛▲2一角成△5五角▲3一飛成とさばき合ってどうか。▲4三馬と引ける形になれば先手も絶好の攻撃態勢を築くことができる。
 実際第3図からは▲8六桂△4六飛と進行しており、後手も▲3二角の筋を気にしていたのではないか。筆者は▲4四歩を警戒してのものだと思っていたのだが、この感覚はやや見当外れだったようだ。いずれにせよ▲3二角と打たないのであれば▲4三歩の叩きは余計だったか。
第4図 ▲8六桂△4六飛に▲7四桂△8二玉▲5四歩△6二銀と進んで第4図。この局面は山中アマいわく「自信なし」川上六段「ちょっとこちらが良いか」ということで両者の見解が一致した。さらに銀河クラブでは▲3三飛成△同桂▲5五角△7一銀打で「はっきり後手が良くなったか」との解説。
 とすると▲7五歩~▲8六桂の構想がやや疑問だったのではないか、という筆者の予想もあながち間違いとは言えないのではないか。少なくとも▲8六桂と打ってしまえば実戦の手順にあまり変化の余地はないように思える。

 最前線の将棋ということで注目の一局だったが、第2図では▲7五歩よりも▲3七桂の方が盤上の駒を活用して有力だったか。あるいは第3図で初志貫徹して▲3二角と打つべきであったか。このあたりも今後の研究課題としたい。

対居飛車穴熊、端玉の安全度

 11月19日に放映された銀河戦Fブロック2回戦の山中アマ-川上戦を取り上げる。川上六段の四間飛車に山中アマの居飛車穴熊という戦形となった本局、▲6八銀と引いて松尾流を見せる居飛車に対して四間飛車が△5三銀と引くおなじみの形となり、先手がそこから仕掛けて第1図。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P92の結果図、また銀河戦特別対局の中村亮-橋本戦と同一局面となった。筆者としては興味津々の展開である。

第1図  第1図以下の指し手
       △3三角 ▲3四飛 △4六歩
 ▲7五歩 △4七歩成 ▲4三歩 △同 飛
 ▲8六桂 (第2図)

 △3三角▲3四飛に△4六歩と突くのは橋本五段と同じ一手。早指し棋戦とはいえ複数のプロの指し手が一致するということは、△4六歩が最前線の手と見て間違いなさそうだ。対する▲7五歩で中村亮-橋本戦を離れた。構わず△4七歩成に▲4三歩△同飛と飛車先を叩いてから、▲8六桂と急所に打って第2図を迎える。
第2図  第2図以下の指し手
       △4六飛 ▲7四桂 △9二玉
 ▲5四歩 △6二銀 ▲3三飛成△同 桂
 ▲5五角 (第3図)

 △4六飛と浮いたのは▲4四歩と叩かれる筋を消したものか。▲7四桂に△9二玉と逃げた形は怖く、また▲5四歩に△6二銀も桂馬の利きに逃げるだけに盲点となりそうな一手だ。
 ▲6二同桂成では味消しと見て、▲3三飛成~▲5五角と先手は攻める。言うまでもなく飛車を渡せば▲8二飛があるが…。
第3図  第3図以下の指し手
       △7一銀打▲4六角 △同 と
 ▲3四角 △7六歩 ▲同 金 △5六角
 ▲同 角 △同 と ▲3四角 (第4図)

 △7一銀打が瞠目に値する一手。△7一銀と引くのでは5三の地点が薄くなるということなのだろうか。▲4六角と飛車を取り▲3四角と打つが、△7六歩▲同金と形を乱してから△5六角が好手。▲同角△同とで手順にと金を穴熊玉に近づけることができた。先手は再度▲3四角と打ち下ろすが…。
第4図  第4図以下の指し手
       △4五角 ▲6一角成 △同 銀
 ▲3一飛 △4三角 ▲4四歩 (第5図)

 △4五角でとにかく△6七とを狙うのが急所。▲4五同角△同桂では桂をさばかせて△5七桂成~△6七とが残るので▲6一角成と切り、△同銀に▲3一飛と先手は打つ。対して△5一歩では▲3三飛成△6七とに▲8二金△同銀▲同桂成△同玉▲7四桂の攻めが気になるか、△4三角と受けた。これなら同じように攻められた時に角が飛車の横利きを遮断して犠打となっている。本譜は▲4四歩だがこの瞬間が甘い。
第5図
  第5図以下の指し手
       △6七と ▲7九金 △7八歩
 ▲6九金 △3九飛 (第6図)

 ついに△6七とが実現した。仕方のない▲7九金に△7八歩、▲6九金に△3九飛のいずれも二手スキで厳しい。ここで▲5九金打などと受けるわけにもいかず、実戦は第6図以下▲4三歩成△6九飛成に▲8一角以下最後の攻撃を見せるも、一枚足りずに後手玉は詰まず川上六段の勝ちとなった。
第6図 第2図の▲8六桂~▲7四桂が厳しいように見えたが、△9二玉と逃げてこの端玉が意外と安全であった。△7一銀打と投入してからは▲8二金や▲8二飛の詰み筋も消え、敵の攻めから一路遠ざかっている印象を受ける。
 とはいえ先手に他の攻め方はないものだろうか。▲3三飛成と飛車角交換に持ち込むのは仕方ないとしても、その角を5五に打って再び4六の飛車と換えるようでは効率が悪い気もする。とはいえ第3図の△7一銀打に▲3三角成では△5八とくらいで、いかに穴熊でも二枚飛車で攻められては持ちこたえられそうもない。

 ▲3四角の筋にこだわり過ぎたのも問題がありそうだが、△4六同との局面や第4図で代わりにどう指すかと言われると難しい。先に▲3一飛と下ろすべきだったのかもしれないが、△5一歩と底歩を打たれる手があり冴えないか。どうも居飛車からの攻めが筆者には見えてこない。
 例によって銀河戦の放送を見ずに棋譜だけで記事を書いている筆者としては、▲7五歩~▲8六桂の構想がやや疑問だったのではないか、とあえて大胆に予想してみる。田村-中村亮戦と合わせて、銀河戦及び銀河戦クラブの放送を見て再検討してみたいと思う。

振り飛車党の振り飛車退治

 15日に放送された銀河戦特別対局の中村亮-橋本戦を取り上げる。中村亮介四段の四間飛車に橋本五段は居飛車穴熊で対抗…と思いきや、初手▲2六歩からお互いの立場が逆となり第1図を迎える。
 ▲6八銀と松尾流を見せた先手に対して後手が△5三銀と引いて飛車先を通し、ならばと居飛穴側が仕掛ける展開で『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P86~に詳しい。第1図はP92の結果図と同一局面であり、竜王の見解は「いい勝負だと思うが、後手に苦労が多い」というものだったが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △3三角 ▲3四飛 △4六歩
 ▲3七桂 △4七歩成▲4五桂打 (第2図)

 △3三角▲3四飛までは竜王本でも触れられている手順。ここで△5五角は▲3一飛成で面白くないが、△4六歩が橋本五段の温めていた新手か。ここから未知の戦いへと突入した。
 ▲3七桂と活用するのが味の良い一手だが、後手は構わず△4七歩成と4筋を突破する。▲4五桂打と桂馬のふんどしをかけられてまずいようだが、ここで格言通りの手がある。
第2図  第2図以下の指し手
       △5七と ▲5三桂成△同 金
 ▲3一角 △5二金引▲3三飛成△同 桂
 ▲4二角成△同 金 (第3図)

 △5五角は▲3一飛成△4一歩▲4三歩△同飛▲2五角くらいで後手がつまらない。ここは両取り逃げるべからずの△5七とが好手だ。▲5三桂成では▲3三桂成と角を取る手も有力で、以下△4八飛成▲4三成桂△同竜(△6二銀もある)▲3一飛成△4八竜▲4九歩が一例で難解な形勢だろう。
第3図 ▲5三桂成△同金に▲5四歩も考えられたが本譜は▲3一角。以下大駒の総交換となり第3図、ここで手筋の一手を先手は放つ。

  第3図以下の指し手
 ▲6二歩 △7一金 ▲5一飛 △4一飛
 ▲5三角 △5一飛 ▲4二角成△2一飛
 ▲3二馬 (第4図)

 ▲6二歩が美濃囲いに対するおなじみの一着。金が4二に離れているだけに応対が悩ましい。飛車打ちに備えて△5一金もありそうだが、実戦的には指しづらいか。
第4図 ▲5一飛に対しては平凡に△4八飛もあるところだが、△4一飛が粘り強い一手。▲5四飛成ならさらに△5三銀と投入して、ゆっくりとした展開になれば5七のと金が活きるという大局観だ。そうはさせじと先手は▲5三角と強打を放ち、以下飛車金交換となるも馬で飛車を追い回して第4図。

  第4図以下の指し手
       △5一飛 ▲3三馬 △4一飛
 ▲6一歩成△同 銀 ▲6三桂 △8一金
 ▲5一桂成(第5図)
第5図 第4図では△6五桂と打つ手があった。▲2一馬△7七桂成▲同金なら△4八飛が詰めろとなる。以下▲7九銀打△6八銀▲5四馬のような進行が予想され、後手優勢というわけではないが難しい将棋だったようだ。
 △5一飛と逃げたために手順に▲3三馬と取られ、△4一飛に▲6一歩成が▲5三桂を見てうまい成り捨て。△同銀と取るのは受けの勝負手だが今度は▲6三桂と打たれ、△8一金▲5一桂成と進んだ第5図では形勢は居飛車に傾いた。以下後手も二枚飛車で迫るものの、最後は一手余して先手の勝ちとなった。

 四間飛車党の中村四段が四間飛車に対して居飛穴側を持つという意外な展開となったが、いつもとは逆の立場から相手の嫌なところを的確に突いていた印象を受ける。まさに振り飛車党の振り飛車退治といったところか。
 本局の進行を見ていると、冒頭に述べた竜王の見解も的を得ているように思われる。筆者はこの形で△5三銀と引かず△5五歩の方を好んで指しているが、このような受けに回る苦労ならあえてしてみるのも一興か。
 定跡形その後ということで興味津々の一局だったが、期待通り力のこもった攻防が展開された。今期銀河戦は対抗形の将棋が多く(というよりここまでの四局はすべて居飛車対振り飛車である)、筆者としては見ていて非常に参考になる。

松尾流の堅さを再認識

 渡辺竜王の優勝で前期銀河戦は幕を閉じ、10月より第14期の各ブロックトーナメントの対局が進行している。今回はAブロック1回戦の小林宏-依田戦を取り上げてみたい。依田六段の四間飛車に小林六段は居飛車穴熊を採用、オーソドックスな進行となり第1図を迎える。何気ない序盤のようだが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6八銀 △5四歩 ▲7八金 △5二飛
 ▲3七桂 △8二玉 ▲7九銀右(第2図)

 ▲6八銀が機敏な一手。後手は5筋を突いておらず、この瞬間に△5五歩や△5三銀がないのを見越している。△5四歩に▲7九銀右でも7一玉型が響いてすぐに動くのは危険だが、本譜は▲7八金とここで上がった。
 △5二飛には▲3七桂と跳ねて△5五歩▲同歩△同銀に▲4五桂を見せ、△8二玉▲7九銀右で松尾流穴熊の完成である。
第2図  第2図以下の指し手
       △5五歩 ▲同 歩 △同 飛
 ▲2四歩 △5六歩 ▲6八角 △2四歩
 ▲2二歩 (第3図)

 次に▲6八角と引かれると△2二飛を余儀なくされ、それでは後手が作戦負けなので△5五歩と動くのは当然。▲同歩△同飛に▲6五歩も有力で、実際▲2四歩に△同歩ならそこで突く予定だったらしい。居飛車の2筋の突き捨てはほぼ手抜かれることなく入るとしたものだが、ここでは△5六歩があった。▲2三歩成は△1五角と手順に桂馬取りに出られてまずい。
第3図 ▲6八角にそこで△2四歩と手を戻せば今度は▲6五歩の筋がない。先手は代わりに▲2二歩と打って攻める。

  第3図以下の指し手
       △3五歩 ▲2六飛 △2五歩
 ▲同 飛 △3六歩 ▲4五桂 △2四歩
 ▲2一歩成△4五銀 ▲3五飛 (第4図)

 △3五歩と後手も桂頭を狙う。▲2六飛に△2五歩も手筋で、▲同桂ではやはり△1五角とさばかれてしまう。よって▲2五同飛と取るのはこの一手だ。
第4図 振り飛車は△3六歩を実現したが、そこで▲4五桂に△2四歩と打ったのが疑問手。▲2一歩成と取られ、△2五歩と飛車を取るのは▲3三桂成△同銀で銀がそっぽに行ってしまう。△4五銀に▲3五飛と回られてみると、▲4五桂△同銀▲2一歩成に△2四歩▲3五飛と進んだのと同じことになっている。実際にはここで△2四歩とは打たず△3七歩成が予想されるが、これならば△4七と~△5七歩成を見せて実戦的にはまだ難しかった。
 第4図では△3七歩成が入っていないため△3四歩と打てず、飛車の成り込みを確実なものとした先手の優勢が明らかとなった。

 以下は▲7五歩と突く攻めが厳しく小林宏六段の勝ち。後手は難しい変化に持ち込むチャンスもあったが、その場合でもやはり松尾流の堅陣が活きる展開になったと思われる。△9四歩型のため端攻めができないのも振り飛車にとっては痛い。
 第1図のように△6三金と上がるなら端歩を突かずに△8二玉を急ぐか、あるいは端の付き越しを急いで△7一玉型で戦うことも辞さずの構えを見せるか。どちらかに方針を定める必要があったと思われる。いずれにせよ松尾流の堅さを再認識させられた一局。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。