FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

銀河戦Cブロック1回戦 櫛田-堀口弘戦補足

 銀河戦及び銀河クラブの放送を見た上で、先日取り上げた櫛田-堀口弘戦の補足をしてみたい。

第1図 実戦は第1図より▲7八飛と回って△7七歩成を受けたが、▲6七飛と浮く手もあったとのこと。次に明確な狙いがないようだが、△9四歩と端角を狙う手には▲6八桂と得した桂馬をここに投入する。
 いかにも打ちづらい手だが、▲7六桂と跳ねた形は次に▲6四歩などの筋を見せて案外と働いているようだ。もちろんこの筋は予め△9四歩と突いている形では成立しないが…。本譜は第1図以下▲7八飛△6六角▲7六飛△同飛▲同銀△9九角成▲7一飛△6四歩と進んで第2図。
第2図 ここで▲6五歩に代えて▲2五桂も有力で、後手が5二金型なので△6六馬なら▲3三桂打と打って攻めることができる。△5一香の受けはあるが、▲2一桂成△同金で穴熊が薄くなり居飛車も嫌なところだ。
 第2図以下▲6五歩△6六馬に本譜は▲6四歩だが、▲5八桂と馬を追う手が優ったようだ。△8四馬に▲8一飛成とさらに追って馬筋をそらし、▲6四歩の取り込みを楽しみにする。
 以上、三つの代替手段全てに桂馬がからむのは単なる偶然であろうが、どことなく示唆的な匂いも感じるのは筆者だけであろうか。
第3図 第3図から▲7五歩は成立しない、はさすがに勇み足の仮説だったようである。ただし個人的には▲5七銀と引く方が好みか。以下△6二飛なら▲4五歩と仕掛けるか、▲6六角とぶつけて△同角▲同銀に△8二飛なら▲7五歩と突く。以下△8六歩▲7四歩△8七歩成に▲8三歩△同飛▲6一角が厳しい。
 ▲5七銀に△8六歩▲同歩△7五歩と攻める手もありそうだが、渡辺-櫛田戦(先後逆ということもあり若干形は違う)を見る限り居飛車が良くなる仕掛けというわけではなさそうだ。

 ▲2六角(△8四角)型で先に▲3七桂(△7三桂)と跳ねる手順に関して、本局をきっかけに筆者自身の中で主要変化が頭の中でまとまった感じである。桂跳ねの前に4四(6六)の銀を引く手も含めて、振り飛車側に選択の幅が広い形と言えるだろう。

前期活躍の櫛田六段、銀河戦に登場

 13日に放映された銀河戦Cブロック1回戦、櫛田-堀口弘戦を取り上げる。前期は決勝トーナメント出場を果たした上に、佐藤棋聖を破るという快進撃を見せた櫛田六段(こちらを参照)。今期の活躍も期待されるところだが…四間飛車対居飛車穴熊の将棋となり第1図。△7三桂を見て先手は動いた。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲7五歩 △同 歩 ▲8八角 △7二飛
 ▲9七角 △6五桂 ▲同 銀 △7六歩
 (第2図)

 桂頭を狙って▲7五歩~▲8八角はよくある筋。『新・振り飛車党宣言!1』に掲載されている中村亮-中座戦(2005年2月2日・王将戦)でも似たような形から先手がこのように仕掛けている。その将棋は▲8八角に△7六歩▲9七角△4二銀と進んだが、そこで▲7五銀(実戦は▲6四歩)と出ていれば振り飛車が有望だった。
参考1図 それをふまえてか本局は△7二飛と後手が変化した。本譜は▲9七角と端に角を出たが、ここで▲7八飛はなかったのだろうか(参考1図)。
 次に▲7五銀と出ることができない(△7七歩▲同飛△6五桂と切り返される)ので冴えないようだが、△4三金のような手ならそこで▲9七角がある。今度こそ▲7五銀があるので△6五桂(▲同銀なら△6四歩で銀を殺せる)と跳ねる手が予想されるが、それでも強く▲7五銀と出てどうか。一見すると△7七歩と打たれてでダメのようだが▲同桂と取り、△7五角には▲6五桂と跳ねる(参考2図)。
参考2図 △3九角成▲同金△7八飛成は▲5三桂成と取られてしまい、二枚飛車でもさすがに後手がまずい。3九金型も△4九飛のような攻めを緩和してプラスに作用しそうだ。かといって参考2図で△7四歩や△6四銀では気が利かず、先手良しというわけでもないが充分戦えると思う。
 ただし参考1図ですぐに△6五桂がありそうだ。▲同銀はやはり△6四歩、▲9七角は△7六歩と銀取りに突いておく。ここで▲6五銀なら△6六角で、手順が前後しているだけで第2図へと合流する。かと言って代わる手も難しく、結局第2図への進行は必然ということになるのだろうか。
第2図 実戦の▲9七角にもやはり△6五桂があった。▲同銀△7六歩と進んでみると、確かに先手は歩切れで次の△7七歩成を受けづらい。

  第2図以下の指し手
 ▲7八飛 △6六角 ▲7六飛 △同 飛
 ▲同 銀 △9九角成▲7一飛 △6四歩
 (第3図)

 ▲7八飛はこれくらいだが△6六角と出て後手好調である。次の角成りを受ける手はなく先手は▲7六飛と開き直るが、△同飛▲同銀△9九角成で駒得も消えてしまった。
第3図 7六の銀が働かないのがいかにも痛い。▲7一飛に△6四歩で角も半ば無力化させられてしまった。

  第3図以下の指し手
 ▲6五歩 △6六馬 ▲6四歩 △7八飛
 ▲7七歩 △5七香 (第4図)

 第3図では▲1五歩から端攻めに行く手もありそうだが、いつでも△5一香と飛車の横利きを止められる手がありうまくいかない。とにかく角を使えるようにしなければ勝負にならないと見て▲6五歩と合わせる。
第4図 しかし△6六馬~△7八飛と後手に攻撃態勢を整えられ、▲7七歩に△5七香と香車を垂らす手が俗手の好手。第4図以下▲4八金引の受けに△5九香成▲同金△4八馬▲同金△同飛成▲3九角に△1七金が決め手で、ここで先手が投了し堀口弘治七段の勝ちとなった。
 前期活躍の櫛田六段はブロック1回戦で姿を消すという、筆者としてはさびしい結果になってしまった。手数も72手と短く淡白な印象も受けるが、第3図の付近では既に戦意を喪失してしまっていたのではないだろうか。あるいは第4図の△5七香をうっかりしたか。

 現時点で筆者は銀河戦の放送を見ておらず、棋譜のみを参考にこの記事を書いている。よって確かなことは言えないが、第1図で▲7五歩の仕掛けは成立しないのではないかと考えている。△7二飛~△6五桂が好手順で振り飛車にどうも有望な変化が見当たらない。
 感想戦で何か別の手順が指摘されたかどうか非常に気になるところである。再放送を視聴するなどの機会があれば、日を改めて再度本局を取り上げてみたい。

先手と後手との微妙な違い

 既に半月ほど前の対局であるが、16日に行なわれたB級2組順位戦の畠山成-小野戦を取り上げる。畠山七段の先手四間飛車に小野八段は居飛車穴熊を採用、第1図の直前で振り飛車は▲6六銀型から▲5七銀と引いて相手の攻めに備えている。よくある形だが、ここで先手と後手との微妙な違いが浮き彫りとなる。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲2六歩 △6四歩 ▲同 歩 △同 銀
 ▲6六角 (第2図)

 第1図から▲6六角とぶつける手も有力とされている。△7三角なら▲8八角△6四歩▲7七桂で振り飛車も指せることは以前に渡辺-櫛田戦の記事で紹介した。
 ▲6六角に△同角▲同銀と角交換に応じるのはどうか。以下△6四歩▲同歩△同銀なら▲7七銀、△8二飛にも▲7七銀と引いておいて居飛車からの打開は難しい。定跡書にも既出の手順である。
第2図 だが後手番ならさておき、本局は先手四間飛車である。振り飛車からの打開も難しく、千日手の可能性がつきまとう変化を選ぶのはつまらないと見て、畠山七段は▲2六歩を選択。△6四歩▲同歩△同銀にそこで▲6六角とぶつけた。

  第2図以下の指し手
       △7三角 ▲8八角 △6五歩
 ▲7七桂 △8四角 ▲8五桂 △5五歩
 (第3図)

 本譜の△7三角に代えて、△6六同角と取る変化もいくつかの定跡書に詳しい。
参考図 先手は二通りの取り方があるが、▲6六同銀は△6七歩と打たれ、▲4八飛にも△9三角が好打で居飛車よしという見解は一致している。
 そこで▲6六同飛と取る。居飛車も手が広い局面だが、①△8八角は▲6三歩△同飛▲5二角、またはいったん▲6九飛△9九角成に▲6三歩で振り飛車が指せそう。②△6五銀は▲6八飛△6六歩に▲7七桂(『新・振り飛車党宣伝!1』、あるいは▲6三歩(『東大将棋四間飛車道場 第十一巻』)でいずれもいい勝負。
 問題は『四間飛車破り【居飛車穴熊編】』推奨の③△6三歩だ。次の△8八角を防いで▲6八飛に△8二飛と回り居飛車よしと記されている。
参考2図 参考1図から▲8八飛なら△6七角があり、▲5八角△同角成▲同金と形を乱して△7五歩で居飛車ペース。ゆえに▲6六角(△4四角)とぶつけるなら6筋(4筋)の歩を居飛車が交換する前が優る、というのが渡辺竜王の結論だ。
 しかし参考1図で強く▲4五歩と突いて、△8六歩▲4四歩△4二金引(△同金は▲8六歩と手を戻しておいて△同飛に▲7七角を見せる)▲6一角が厳しい。3二金型の穴熊なら▲4三歩成の先手にはならないのだが…以下△3二金直▲3四角成△8七歩成▲6四飛△同歩▲4三銀と攻め立てて居飛車大変、が『東大将棋四間飛車道場 第十一巻』の見解(参考2図)。
第3図 長くなったが第2図で△6六同角の変化を見てきた。定跡書では後手四間飛車で▲2六歩(△8四歩)の一手が入っていないが、本局にも応用可能な手順ばかりである。
 本譜の△7三角にはこちらも▲8八角と引き、△6五歩に▲7七桂~▲8五桂とさばいて振り飛車も不満がない。後手は△5五歩と第二次攻撃態勢に移って第3図。

  第3図以下の指し手
 ▲5五同歩△3五歩 ▲同 歩 △7五歩
 ▲5六銀 △7六歩 (第4図)
第4図 ▲5五同歩に△3五歩は高美濃の弱点を突いて嫌味な歩。▲同歩に△7五歩とさらに戦線を拡大する。振り飛車はここで手抜いて▲5六銀と整え、△7六歩の取り込みに反撃を開始した。

  第4図以下の指し手
 ▲7四歩 △9五歩 ▲2五桂 △9六歩
 ▲7三歩成△同 桂 ▲同桂成 △同 銀
 ▲1四歩 (第5図)

 ▲7四歩が巧妙な垂れ歩。桂馬の入手を図るだけでなく、次に△7二飛と回られる手を緩和する意味もあり味が良い。
第5図 とはいえそこで△7五銀なら難しかったのではないか。次に△6六歩ではなく△6六銀と出られる手が重いながらも悩ましい。
 実戦の△9五歩には▲2五桂と跳ね、9筋を取り込まれた間に▲1四歩といよいよ端攻めを開始して第5図。持ち駒の桂で俗に言う「おかわり」が利くのが大きく振り飛車指せる展開と思う。後手は7三の銀に働きがないのが痛い。
 第5図以下居飛穴玉はみるみる薄くなり、攻め合いを制して先手が制勝。連敗スタートの畠山七段だったが、これで連勝とし星を五分に戻した。
 四間飛車対居飛車穴熊△8四角(▲2六角)型の定跡を再確認することができ、また先手番での微妙な綾も水面下で生じるという、筆者にとっては大変参考になった一局。それにつけてもやはり居飛穴には端攻めが有効打、ひいては決定打となることも再認識させられた。

自著の内容に背いた竜王の駒組み

第1図 銀河戦決勝トーナメント二回戦、渡辺-櫛田戦より。以前の記事でも取り上げた通り櫛田六段は一回戦で佐藤康光棋聖を下しての本局、居飛車穴熊対△4四銀型の基本形とも言うべき局面となり第1図を迎える。

  第1図以下の指し手
       △5三銀 ▲3七桂 △1二香
 ▲2四歩 △同 歩 ▲3五歩 (第2図)

 △5三銀と引くのが定跡の一手。▲9六歩と△8四歩の交換は入っていないが、『四間飛車破り【居飛車穴熊編】』にも載っている形だ。
参考1図 対する▲3七桂は自著128Pでは「形を決めすぎている」として詳しく触れられていなかった手。▲7八飛と回るか、あるいは▲4八飛△4四角▲3七角△2二角▲4六歩△3三桂以下の順が詳しく紹介されている(参考1図)が、この変化に自信のない箇所でもあったか。前者の▲7八飛は△8四歩と既に突いてある形を活かされてつまらない、というのは筆者でも理解できるが。
 後手の△1二香では△6五歩と動く手が『東大将棋四間飛車道場 第十二巻』P127で触れられており形勢不明とのこと(7九金ではなく7八金型)。本譜は居飛車から▲2四歩~▲3五歩と仕掛けて第2図となった。
第2図 
  第2図以下の指し手
       △4三飛 ▲3四歩 △5一角
 ▲7五歩 △同 歩 ▲3五角 △3六歩
 ▲2四角 (第3図)

 第2図で△3五同歩は▲同角△3六歩に▲3四歩と打たれてまずい。一例を挙げれば以下△2二角には▲2四角(▲2四飛は△1三角が嫌味)△3七歩成▲4二角成(いったん▲2六飛も有力)△2八と▲5三馬(じっと▲4三馬もあるか)△同金▲2三飛△4四角▲7五歩くらいで振り飛車が勝てない展開だろう(参考2図)。
参考2図 固い攻めてる切れない、の典型的な居飛穴ペースであり、もはや駒の損得うんぬんの問題ではない。カッコ内にも記した通り、変化の余地も先手側に多い。
 本譜は△4三飛と軽い形で受けたが、▲3四歩と取り込むことができては先手に不満はない。△5一角に▲7五歩△同歩と味をつけておくのが手筋で、前述の変化にもある通りこの形での高美濃の急所だ。
 ▲3五角△3六歩に構わず▲2四角と出て第3図、振り飛車としては避けたい全面戦争が現実のものとなってしまったようだ。
第3図  第3図以下の指し手
       △3七歩成▲5一角成△2八と
 ▲6一馬 △同 銀 ▲7四歩 △同 金
 ▲3二角 (第4図)

 ここで△2三飛は▲5一角成△2八飛成▲6一馬△同金に▲4五桂がありとても指す気にはなれないのだろう。本譜もやはり▲5一角成~▲6一馬と穴熊らしく豪快に切り落とし、▲7四歩と手裏剣を飛ばすことのできるのが先程の突き捨ての効果だ。▲3二角と打った第4図は明らかに先手優勢、以下振り飛車は一手差にするのが精一杯であった。
第4図 本局は自らの著作内容にとらわれない渡辺竜王の新機軸が功を奏した形となった。筆者の棋力では本譜手順に対する振り飛車の修正案は見当たらず、△1二香に代えて△6五歩と『四間飛車道場』の手順を拝借するしか現時点では手段がなさそうである。
 対する櫛田六段、早指しの銀河戦とはいえタイトルホルダーをごぼう抜きとなれば話題となるところだったが残念な結果に終わった。とはいえ将棋の内容は対居飛穴最先端の形であり非常に参考になる。今後もより一層の活躍を期待したい。
 追記:居飛車が良かったわけではないらしい。渡辺明ブログ参照。

新世紀四間飛車、棋聖に完勝

第1図 銀河戦決勝トーナメントの櫛田-佐藤棋聖戦を今回は取り上げてみたい。四間飛車対居飛車穴熊となり第1図、よくある形だが先手番かつ居飛穴が端を受けているため振り飛車の手が進んでいる。これがどのように影響するか。

  第1図以下の指し手
 ▲2七銀 △6二飛 ▲5七銀 △6四歩
 ▲同 歩 △同 銀 ▲3八金 (第2図)

 ▲5七銀と引いて居飛車の攻めに備える手も考えられるところだが、櫛田六段は銀冠を目指した。
第2図 △6二飛には今度こそ▲5七銀。銀引きが一手遅い印象も受けるが、△6四歩▲同歩△同銀にも悠々▲3八金と上がる。通常は△6五銀と立たれ、次に△6六歩を狙われてまずいのだが、本局は居飛穴が5二金型のため▲4四角と出る手がある。それならば第2図ではじっと△4三金が第一感だが…。

  第2図以下の指し手
       △5五歩 ▲6五歩 △同 銀
 ▲5五角 △7三桂 ▲4四角 △6四飛
 ▲5五角 △6一飛 ▲1五歩 (第3図)
第3図 佐藤棋聖の着手は△5五歩だったが、これは疑問手ではないだろうか。▲6五歩は攻めを呼び込むようで怖い面もあるが、この場合は△6五同銀に▲5五角とさばけた利点の方が大きそうだ。以下▲4四角、再度の▲5五角も全て先手となり、第3図となっては急所の端に手をつけて振り飛車好調である。

  第3図以下の指し手
       △5四歩 ▲4四角 △4一飛
 ▲4五歩 △1五歩 ▲1三歩 △同 香
 ▲2五桂 (第4図)
第4図 歩がぶつかっているのが1五なので、なんとか先手の角を8八に撤退させて△6六歩と角筋を止める下ごしらえを先にしておきたいところだ。しかし△5四歩に▲4四角、△4一飛(△4三金は▲2二角成~▲5二銀が痛打)には▲4五歩がぴったりでうまくいかない。
 第4図から△4三歩と指すわけにもいかず、佐藤棋聖は△1二玉と穴から這い出しての顔面受けを見せるがこれではあまりにもつらい。以下も櫛田六段の指し手は冴え、終わってみれば銀冠が手つかずのまま完勝。対照的に後手の穴熊は崩壊して見る影もなかった。
 かつて世紀末四間飛車で名を馳せた櫛田六段。若くして自らフリークラスに転出したものの、新世紀となった現在では各棋戦でも活躍を見せ、棋譜を並べてみても質の高い将棋が多い。四間飛車の採用率も昔と変わらず高く、個人的には注目している棋士の一人である。
 一方、今をときめく佐藤棋聖としては早指し将棋ということを差し引いても不出来な拙戦と言わざるを得ない。第2図で無難な△4三金を選ばず、△5五歩と突っかけたあたりはいかにも康光流といった印象だが、この場合は裏目に出たか。
 先手番では▲6六銀型を採用する筆者としては、実戦に現われそうな形だけに非常に参考になった一番であった。
前のページ 次のページ