四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

みすみす角を成らせるのは何故?

 C級2組順位戦の藤倉-長岡戦を見て行きたい。相振り飛車の将棋となり第1図、後手は穴熊に囲っている。先手の銀は4五~5四~4三と進出していったものだが、ここで後手に不可解な一手が出る。

第1図  第1図以下の指し手
       △5五銀 ▲4二角成△3六歩
 ▲同 銀 △6六銀 ▲6五桂 △5六歩
 ▲5三桂成

 第1図から△5五銀と出るのはみすみす先手の角を成らせてしまうだけに悪手ではないだろうか。以下△3六歩▲同銀△6六銀と攻め合いを挑むも、▲6五桂と桂馬まで活用されてしまった。△5六歩に▲5三成桂と成り込んだ第2図では駒得が確定している先手が断然有利と思える。
第2図 第2図以下は穴熊の攻めを先手がいなす形で長岡四段が勝利を収めた。既に降級点こそ決まっているものの長岡四段はこれで二勝目。一方の藤倉四段はこれで五勝四敗となった。

 先手の角を4二に成らせてしまう△5五銀の一手は今もって不可解な銀出である。いかなる理由があってこの手を選択したのか筆者には分からない。確かに他の手が難しそうな局面ではあるが…ともあれ疑問の残った一局となった。


スポンサーサイト

相穴熊のような飛車の転換

 1月15日に放送されたHNK杯トーナメントの谷川-藤井戦より。先日行なわれたA級順位戦と同じく相振り飛車、それも藤井九段が同じく穴熊に囲う将棋となり第1図。『相振り革命3』に書かれているような手順ならここで△6二金上とでも指しそうなものだが、後手はここから面白い構想を見せる。

第1図  第1図以下の指し手

       △6四歩 ▲同 歩 △同 銀
 ▲3九玉 △6二飛 ▲8四歩 △同 歩
 ▲同 飛 △8三歩 ▲8六飛 (第2図)

 △6四歩と突いて6筋から反発するのがあまり見慣れない指し方。▲同歩△同銀▲3九玉にさらに△6二飛と回る。△5一金型はこの手を指したいがための布石だったか。先手は平凡に8筋の歩を交換し、浮き飛車に構えて第2図。ここから後手の本格的な攻撃が始まる。
第2図  第2図以下の指し手
       △3五歩 ▲同 歩 △6五銀
 ▲3四歩 △7七角成▲同 桂 △9五角
 ▲8七飛 △6六歩 (第3図)

 △3五歩▲同歩と手筋の突き捨てを見せてから△6五銀と後手は銀を進出させる。▲3四歩の催促には△7七角成▲同桂と角を交換し、△9五角と打つのが先ほど先手が8六に飛を引いた形を咎めた一着。これには▲8七飛と引く一手だが、△6六歩とさらに攻め立てて第3図。後手攻勢である。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲6五桂 △6七歩成▲同 飛 △7八銀
 ▲6六飛 △7七角成▲6七歩 △同銀成
 ▲同 金 △6六馬 ▲同 金 △6九飛
 (第4図)

 ▲7八銀△7六銀とされてはまずいので▲6五桂△6七銀成の交換は必然。桂馬を守る▲同飛に重いようだが△7八銀と打ち、▲6六飛△7七角成▲6七歩に△同銀成が気がつきにくい一手。以下強引に飛車を奪い取り△6九飛と王手金取りに打ち下ろした第4図では、後手の攻めが一定の戦果を上げたと言えよう。
第4図 
 以下も後手は攻撃の手を緩めなかったものの、先手に自陣飛車の受けの好手が出て形勢は先手に傾き、結果的には谷川九段の勝利に終わった。

 筆者は相振り飛車でも穴熊を指さないため後手の指し方を自ら試してみるというわけにはいかないが、まるで相穴熊で後手の振り飛車側が△6二飛と転換するような指し方は非常に参考になった。敗れはしたものの藤井九段らしい斬新で柔軟な発想が充分に発揮された一局。

相振り雀刺しの威力

 1月10日に行なわれたC級1組順位戦第9回戦より何局か見て行きたい。まずは小林健-石川戦を取り上げる。かつては「スーパー四間飛車」で一世を風靡し、『〔定跡〕相振り飛車』などの著作もある小林九段だが本局は相振り飛車を採用、対してここまで一敗の石川六段は矢倉に組み、第1図は飛車先を交換したところ。先手のは相矢倉でよく登場する雀刺しの陣形に構えているが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8五桂 △8四銀 ▲3六歩 △1五歩
 ▲9三桂成△同 銀 ▲9四歩 △同 銀
 ▲同 香 △同 香 ▲同 飛 (第2図)

 ▲8五桂△8四銀にいったん▲3六歩は△3五桂の筋を消して間合いを取ったものか。ここで後手に有力な一手がないのを見越していると言えよう。△1五歩に▲9三桂成以下先手はいよいよ端攻めを敢行する。▲9四歩以下銀桂交換となり先手は一定の戦果を上げることに成功した。
第2図  第2図以下の指し手
       △9一香 ▲9三歩 △同 香
 ▲同角成 △同 桂 ▲7五歩 △7六角
 ▲9九飛 △2六歩 ▲同 歩 △2五歩
 (第3図)

 △9一香には▲9三歩△同香▲同角成と角を切り、△同桂に▲7五歩と突くのはまさに雀刺しの攻め筋だ。△5二金型のため余計にこれが厳しい。後手も△7六角と攻防の角を放ち、△2六歩▲同歩△2五歩と継ぎ歩攻めで反撃して第3図を迎える。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲7四歩 △2六歩 ▲2二歩 △同 飛
 ▲2三歩 △同 飛 ▲7七香 △4九角成
 ▲同 銀 (第4図)

 ▲7四歩△2六歩とお互い構わず攻め合いに持ち込み、▲2二歩~▲2三歩と飛車先を連打するのは飛車の横利きをそらしたものか。△2三同飛に▲7七香と打つのは△4九角成が見えているだけに怖い気もするが、▲4九同銀と取った第4図は△2七歩成とされても▲3九玉で意外とたいしたことはない。。
第4図 むしろ先手の7筋の攻めの方が厳しく、ここでは小林九段が優勢どころか勝勢ともいえる。実戦はここから△6二金左と守ったものの、▲7三歩成△同金左▲同香成△同金に▲9三飛成以下即詰みに討ち取って先手の勝ちとなった。この結果石川六段は二敗となり、残念ながら昇級の目は消えてしまった。

 『相振り革命3』にも相振りでの雀刺しは有力と記されていたが、本局はその威力をまざまざと見せ付けた結果となった。矢倉攻略に苦心している筆者としては参考になった一局。

十一手目を咎めに行く棋聖

 12月14日に行なわれたA級順位戦第6回戦、久保-佐藤康戦より。▲7六歩△3四歩▲6六歩に佐藤棋聖は△3二飛と指して相振り飛車模様の将棋となり第1図。▲7五歩は△7四歩~△7三銀と矢倉に組まれる手を阻止したものだが、これに対して後手は敏感に反応した。

第1図  第1図以下の指し手
       △5四歩 ▲8六歩 △5三銀
 ▲8五歩 △6四銀 ▲7六銀 △5五銀
 ▲6八飛 △7一玉 ▲4八玉 △3五歩
 ▲5八金左(第2図)

 7五の歩を狙って△5四歩~△5三銀~△6四銀と銀を繰り出す。▲7六銀の受けにはさらに△5五銀。▲6七銀では手損なので▲6八飛と6六の歩を受けたが、当初の向い飛車に振る予定を先手は狂わされてしまった。以下駒組みを進めて第2図を迎える。
第2図  第2図以下の指し手
       △3六歩 ▲同 歩 △同 飛
 ▲6七銀 △5二金左▲6五歩 △3一角
 ▲7八飛 △3三桂 ▲2八銀 △6四歩
 (第3図)

 △3六歩▲同歩△同飛に▲3七歩は△6六銀の筋が気になったか、先手は▲6七銀と結局手損する羽目になった。以下△3一角と引かれて執拗に7五の歩を狙われる。▲7八飛と間接的に受けたものの、△3三桂▲2八銀に△6四歩と後手はなおも積極的に動く。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲5六歩 △4四銀 ▲6四歩 △同 角
 ▲3六歩 △3四飛 ▲3八玉 △5五歩
 ▲8八飛 △7五角 ▲4六歩 △3五銀
 (第4図)

 ▲5六歩△4四銀と追い返してから▲6四歩と取ったものの、△同角と好所に角を出て後手好調である。▲3六歩△3四飛▲3八玉にも△5五歩と追撃の手を緩めない。先手も遅ればせながら▲8八飛と回るも、△7五角と手順に取られてしまった。
第4図 既にこの辺りでは後手の模様が良いと思われるが、次の▲4六歩は争点を自ら作ってしまい自爆のような手に映る。すかさず△3五銀と狙われて第4図。
 実戦はここから▲5五角△6四角▲6六角△6五歩▲7七角△4六角と進行し、そこで△7九角成を防いで▲6八歩と打たされるようではつらい。以下は後手の上部からの攻めに押しつぶされる格好となり短手数で先手が土俵を割り、佐藤棋聖が四勝目を上げた。一方の久保八段は二勝四敗と苦しい星取りに。

 第1図の▲7五歩を巡る攻防が展開されたが、終始後手がペースを握っていた印象を受ける。5五の銀を結局うまく先手は追うことができなかった。A級順位戦前局の佐藤康-鈴木大戦に続いて、相振り飛車でも佐藤棋聖が強さを見せつけた将棋と言えよう。

相振り中飛車からの緩急自在な攻め

 C級1組順位戦第8回戦、本日は中田功-長沼戦を見て行きたい。初手▲5六歩から中飛車対三間飛車という相振り飛車の将棋となり第1図、9筋で一歩を手にしてポイントを稼いだ先手に対して、後手は独特の陣形を敷いて厚みで対抗している。次に△5五金と出られるような手が目につくが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6四角 △同 金 ▲2三金 △6二飛
 ▲2二金 △同 飛 ▲5四歩 △同 金
 ▲7七桂 △4四角 (第2図)

 金気を手にして2三に打ち込む筋は対三間飛車で2筋を突いている場合によく生じる筋。▲2二金△同飛と角を取り返して▲5四歩が軽妙な一手。△同歩は▲3一角、△同銀は▲4四角があるため△同金と取るのは仕方ない。そこで▲7七桂と活用して先手好調である。後手は△4四角で攻めを牽制するが…。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲6五桂 △6三金 ▲7三歩 △同 桂
 ▲6六歩 △9四歩 ▲7三桂成△同 金
 ▲6五銀 △5五金 (第3図)

 当たりになっている桂馬を▲6五桂と跳ねるのが味の良い一手。△6三金と受けるところでは△5五金打も考えられるが、さすがに指す気がしないか。▲7三歩△同桂にじっと▲6六歩と力を溜め、△9四歩の催促に▲7三桂成△同金▲6五銀と駒をぶつけていく。後手は△5五金と避わして第3図、ここが決めどころだ。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲5五同飛△同 角 ▲5六金 △4四角
 ▲7五歩 △同 歩 ▲5五桂 △5四銀
 ▲同 銀 △同 歩 ▲4三桂成△6二角
 ▲5三銀 (第4図)

 ▲5五同飛と飛車を切り、△同角に▲5六金と打つのが手厚い攻め。△4四角に▲7五歩△同歩の交換を入れて▲5五桂も鋭い。△5二銀などでは▲9四香~▲7四歩があるため△5四銀だが、▲同銀△同歩に今度は▲4三桂成が実現した。
第4図 △6二角に▲5三銀と追撃した第4図では先手の攻めが筋に入った格好である。後手も△3六歩以下反撃したものの、▲4四角が厳しく以下二十手ほどで先手の勝ちとなった。中田功七段は四連敗のスタートから三連勝と巻き返して三勝四敗。対照的に長沼六段は四連勝の後の三連敗となり四勝三敗となった。

 『相振り革命3』では相振りの中飛車は別の場所に飛車を振り直すことが多いと記されていたが、本局は中飛車のままの攻めが成功した格好となった。先手の緩急自在の指し回しが参考になった一局。
次のページ