FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

お互いに急所を攻め合う

 引き続きC級1組順位戦第8回戦より、小倉-千葉戦を取り上げる。両者向い飛車に構えての相振り飛車となり、先手は金無双に、後手は美濃囲いに組んで第1図。お互いに飛車先を切り、ここから本格的な戦いが始まる。

第1図  第1図以下の指し手
       △5五歩 ▲7七桂 △4六歩
 ▲同 歩 △5六歩 ▲同 銀 △4五歩
 (第2図)

 △5五歩▲7七桂に△4六歩と後手は金無双の急所に手をつける。これにはさすがに▲同歩の一手だろう。そこで△5六歩▲同銀に△4五歩と合わせて第2図。▲4五同歩なら△同銀が成立するため(▲同銀は△6六角、▲3三角成は△同桂で4五の銀にヒモがつく)、先手もここで手抜いて攻め合いを目指す。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲9四歩 △同 歩 ▲9二歩 △同 香
 ▲9三歩 △同 香 ▲8五桂 △4六歩
 ▲5五歩 △8四歩 (第3図)

 後手の美濃囲いの急所は何と言っても端である。▲9四歩以下香車を吊り上げて▲8五桂と跳ねたが、△4六歩と取り込まれた手も大きそうだ。△4五銀の筋を消して▲5五歩は渋い一着だが、ここで自陣に手をやるようでは先手としてもやや不満か。後手は△8四歩と突いて先手の攻めを催促する。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲9三桂成△同 桂 ▲9四香 △9二歩
 ▲8四飛 △8三歩 ▲8七飛 △5四歩
 ▲9五香 △8一桂 ▲5四歩 △4五銀
 (第4図)

 ▲9三桂成△同桂▲9四香にも△9二歩と受けてすぐに潰れるというわけではない。▲8四飛△8三歩▲8七飛で攻めが一段落した隙を突いて、後手は△5四歩とこじ開けにかかる。▲9五香△8一桂に▲9七飛なら端は破れそうだが玉を7一に手順に逃がすだけと見たか▲5四歩と手を戻し、ついに△4五銀が実現した。
第4図
  第4図以下の指し手
 ▲5五銀 △同 角 ▲同 角 △5四飛
 ▲5六歩 △同 銀 ▲4六角 △4七歩
 (第5図)

 前述の通り▲4五同銀は△6六角で論外、かと言って▲3三角成△同桂と桂馬をさばかせるわけにもいかない。▲5五銀は苦心の一手だが△同角とばっさり切られて、▲同角△5四飛が味の良い飛車回り。▲1一角成では△4七銀で壊滅してしまうため▲5六歩△同銀▲4六角と歩を払うも、今度は△4七歩が生じた。
第5図
 飛車を成り込まれる筋があるためこの歩を取れない。実戦は▲4九金と辛抱したものの、△5七歩をも許してしまっては先手は持たない。以下▲5九金引△4八歩成▲同金左△4七銀打と露骨に攻められ、その後も反撃も及ばず後手が制勝、千葉五段は一敗を守った。一方の小倉七段は三勝四敗と黒星が一つ先行する形に。

 金無双と美濃囲い、互いの急所を攻め合うスリリングな展開となったが、金無双の壁銀が結果的には災いした。双方の教科書通りとも言うべき攻めが非常に参考になった一局。

この負け方ではゴキゲンどころか…

 C級1組順位戦第8回戦の近藤-宮田敦戦より。近藤五段お得意の中飛車に対して宮田五段は相振り飛車の作戦を選択、第1図を迎える。まだまだ序盤の何気ない局面のように思えるが、▲4六歩を見て後手は果敢に動いた。

第1図  第1図以下の指し手
       △4五歩 ▲同 歩 △8八角成
 ▲同 飛 △5五歩 ▲4八金 △3三桂
 ▲5五歩 (第2図)

 △4五歩が機敏な仕掛け。▲同歩に△8八角成▲同飛と角交換をして△5五歩と突く。これに対して▲5五同歩では△3六歩以下後手に暴れられて駄目ということなのだろうか。本譜の▲4八金には△3三桂の活用が味良く、▲4六銀では△5六歩と取り込まれてしまう。そこで▲5五歩と開き直って第2図。
第2図  第2図以下の指し手
       △3六歩 ▲同 歩 △4五桂
 ▲5六銀 △6六角 ▲7九角 △4四銀
 ▲4六歩 △3六飛 ▲4七銀引(第3図)

 △3六歩▲同歩△4五桂が厳しい攻め。▲4六銀と逃げるのは△3六飛▲4五銀△4六飛▲3四銀△4七歩くらいで、△6六角の王手飛車があり指し切れないと見たか実戦は▲5六銀だが、やはり△6六角が痛打となった。▲7九角は涙の出るような辛抱だが、△4四銀と力を溜められていよいよ先手は困った。第3図では豪快な決め手がある。
第3図
  第3図以下の指し手
       △3八飛成▲同 玉 △3七歩
 ▲同 桂 △2九銀 ▲同 玉 △4八角成
 ▲同 飛 △3七桂成(第4図)

 △3八飛成と飛車を切るのが好手。▲同玉△3七歩▲同桂に△2九銀もうまい手で、▲2八玉なら△3七桂成▲同金(▲同玉は△8八角成~△3九飛が王手金取り)△8八角成▲同角△4八飛、▲4九玉なら△3七桂成▲同金△5七桂で攻めが続く。
第4図 ▲2九同玉には△4八角成▲同飛△3七桂成と進んで第4図、大駒両方を切られて先手陣は壊滅してしまった。以下飛車を横に逃げるのは△4七成桂で一手一手なので▲5八金と受けるも、△4八成桂▲同金△6九飛▲3九飛△同飛成▲同玉△6九飛までで後手の勝ちとなった。

 わずか56手での決着。ゴキゲン中飛車で有名な近藤五段だが、この負け方ではゴキゲンどころかフキゲンに違いない。第1図での▲4六歩が不急の一手に見えるが、4筋の位を後手に与えるのは嫌だったという意味だろうか。

 『相振り革命3』には先手が中飛車の時に相振り飛車になった場合、5八の飛車を他の場所に振り直す作戦が有力と記されていたが、その暇を近藤五段に与えない宮田五段の鋭い踏み込みが光った一局であった。

飛車先交換が呼んだ波紋

 引き続きC級2組順位戦第7回戦の高田-藤倉戦より。藤倉四段の三間飛車に対して、高田六段は自著の『高田流新感覚振り飛車破り』にも載っている左玉戦法で対抗し第1図。まだまだ序盤戦のように見えるが、ここから急展開を見せる。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8三歩
 ▲8九飛 △2六歩 ▲同 歩 △6六角
 ▲同 銀 △4九銀 (第2図)

 8筋の歩を交換して▲8九飛と引くのは自然な形。次に▲7八玉と上がれば左玉の完成だが、この瞬間に後手が動いて来た。
 △2六歩▲同歩を入れてから△6六角と切り、▲同銀に△4九銀と割り打ちを放つ。普通は▲4八金右と逃げるところだが、この場合は△5八銀成~△2六飛で2筋を破られてしまう。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲4八金左△3八銀成▲同 金 △6七金
 ▲5七銀 △2八歩 ▲同 金 △5五歩
 ▲5八銀 (第3図)

 2筋を守って▲4八金左は仕方ないが、守備金が離れたために△6七金と打たれる手が生じてしまった。▲5七銀の受けにすぐ角を取らず、手筋の△2八歩を放って▲同金と取らせてから△5五歩と突く。次に△5六歩と取り込む手が、▲同銀には△2六飛の十字飛車があるため厳しい。先手は▲5八銀と催促して第3図。
第3図  第3図以下の指し手
       △5八同金▲同 玉 △5六歩
 ▲4八銀 △5七銀 ▲同 銀 △同歩成
 ▲同 角 △5六歩 ▲7五角 △4六歩
 (第4図) 

 △5八同金と角ではなく銀を取り、▲同玉に△5六歩と取り込むのが工夫した攻め。前述した通り▲同銀とは取れないので▲4八銀と引くが、露骨に△5七銀と打ち込んで駒をはがしに行く。続いて△5六歩も厳しいが、▲7五角に△4六歩で後手の攻めも一段落といったところか。
第4図 第4図以下も難しい戦いが続いたが、後手玉は1二に逃げ延び、先手玉は4三まで潜り込んだものの即詰みに討ち取られ、藤倉四段が四勝目を上げた。一方の高田六段は二勝五敗と星が伸びない。

 第1図で▲7八玉ならば無難な戦いが予想されたが、あるいは先手が攻めを誘ったのだろうか。後手の強襲が成立しているか定かではないものの、とかく将棋が日和見主義的な筆者にとっては、隙を見逃さない藤倉四段の激しい動きが参考になった一局。

C級2組順位戦第7回戦 一敗同士の対決

 C級2組順位戦第7回戦に戻って、中村亮-安用寺戦という一敗同士の直接対決を見て行きたい。▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしから相振り飛車となり第1図、ごく普通の序盤に見えるがここから先手の中村亮四段が趣向を凝らした駒組みを見せる。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲3七桂 △4四歩 ▲2六歩 △4二角
 ▲6五歩 △3三桂 ▲5六銀 △2一飛
 ▲4六歩 △2五歩 (図略)

 ▲3七桂が珍しい一手。次の▲4五桂を防いで△4四歩に▲2六歩と突き、銀冠に組み上げる狙いか。しかし後手も△4二角~△3三桂と機敏に応対、△2五歩を実現した。以下桂交換になったが若干後手が得をしたようにも思える。
 結局先手は矢倉に組んで第2図。囲いが未完成な後手だがここで動く。
第2図  第2図以下の指し手
       △5五歩 ▲同 角 △5四銀
 ▲6六角 △5五歩 ▲同 銀 △同 銀
 ▲同 角 △5四銀 ▲6六角 △4五歩
 (第3図)

 △5五歩を▲同銀とは取れず▲同角の一手。以下後手は一歩を代償にして強引に銀交換を果たし、取った銀を再び5四に打ち付ける。▲6六角にそこで△4五歩と突いて第3図。盤上の先手銀を消してからいよいよ本格的な攻撃態勢に入った。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲4五同歩△同 銀 ▲4六歩 △3六歩
 ▲4五歩 △3七歩成▲同金直 △2五桂
 ▲7五桂 △7二銀 (第4図)

 △3六歩に▲同銀は△4六銀、▲同金は△同銀▲同銀△4六角があるため▲4五歩はこれしかないところ。△3七歩成▲同金直に△2五桂と追撃の手を緩めない。個人的には▲3六金直と上がって受け切りを狙いたいところだが、先手は▲7五桂と反撃の味を見せる。後手も△7二銀で遅ればせながら美濃囲いが完成した。
第4図  第4図以下の指し手
 ▲4八玉 △4五飛 ▲4六銀 △3九銀
 ▲同 玉 △3七桂成▲同 金 △4六角
 ▲同 銀 △同 飛 (第5図)

 ▲4八玉について名人戦棋譜速報では『この局面で中村は劣勢を意識していたようで「仕方がなかった」』とあるが、ここでも▲3六金直はないのだろうか。本譜は後手に好調な攻めが続き、△3九銀が「玉は下段に落とせ」という格言通りの好手。▲同玉にここで△3七桂成と金を取るのが巧みな後続手段だ。
第5図 以下▲3七同金△4六角▲同銀△同飛と進んで第5図。この局面は先手玉に△3八歩▲2九玉△2八金▲同玉△3九銀以下の詰めろがかかっている。最後は二枚の飛車のみでぴったり詰み上がる形となる。実戦は▲7四桂△同玉▲5五角△7三銀打▲4六角と飛車を抜いたものの直後の△4七金が厳しく、そのまま後手が押し切って勝ち名乗りを上げた。
 中村亮四段にとっては手痛い二敗目。一方の安用寺四段は一敗を守るとともに、この勝利で規定により五段への昇段を果たした。

 第1図で▲3七銀ではなく▲3七桂と跳ねる形は初めて見た。本譜のように桂交換となってはあまり面白くなさそうだが、発想自体は柔軟で見習うべきものがある。『相振り革命3』によって体系化されたかに見えた相振り飛車だが、形にとらわれない指し方がまだまだ出来るのだと認識させられた一局。

銀河戦 田村-中村亮戦詳報

 銀河戦放送及び銀河クラブでの解説を見た上で、田村-中村亮戦を再検討してみたい。
 田村六段が見せた▲7一飛成~▲2三銀以下の強襲に関しては、本人いわく「自信なし」とのこと。△6二銀と引く手が味良く後手が少し指しやすいのではという見解を示していた。

第1図 局面は第1図。当ブログではここで角を合わせる手について言及したが、田村六段の読みも△4四角が本線だったとのこと。▲同角△同歩で「穴を空けさせて何かやる」。以下は▲7四角△6三銀打▲8三角成△8五歩▲5六馬が一例だが、桂得でも後手が難しいか。先手には9筋を攻める狙いが残っている。
 4四ではなく△5五角とこちらから打つ手も感想戦では触れられていた。▲同角△同歩でそこでどうするか。▲7二歩△同金▲7三歩のような攻めは見えるが、手をつなげて行くのも大変そうだ。あるいはこちらの方が実戦より優ったか。
第2図 第2図で本譜は△4一銀と受けたが、中村亮四段いわく「弱気だった」。ここでは△5三銀だったとのこと。田村六段予定の▲7八香は△2九歩成とされて▲7一香成が詰めろでないため、▲2八銀と手を戻すことになりそうだ。
 △5三銀に対して筆者は▲4二馬△同銀▲5三香で寄り筋と評したがさすがにこの結論は勇み足で、すぐに決行するわけにはいかない。ただし攻め筋としては常に残るため、後手も△4七桂成▲同玉△4六銀のような駒を渡す攻めをするには覚悟のいる展開と言えよう。

 はっきりと断言はなされていなかったものの、敗因は△5三銀ということになるのだろうか。個人的には第1図で△5五角が気になるのだが。▲同角△同歩に先程も紹介した▲7四角以下の手順を選択した時に、5筋の歩が伸びているため最後の▲5六馬と引く手が消えている。
「自信なし」という本人の弁があったにせよ、先手の攻めは無理筋というほどでもなさそうだ。早指し将棋という舞台における、早指しの雄田村六段ならではの手作りといったところか。いずれにせよ序盤から激しい攻防が繰り広げられた、見ごたえのある一局であった。
前のページ 次のページ