四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水上アマ、ついに予選突破

 前日行なわれた第3回朝日杯将棋オープン戦の清水上アマ-松本六段戦より。先手となった清水上アマの中飛車に対して後手は角道を空けないまま速攻を仕掛け、局面は第1図を迎える。ここでは後手優勢かとの声が高かったそうなのだが……。

第1図
  第1図以下の指し手
 ▲7六金 △4八銀 ▲6六金 △5九銀成
 ▲同 金 △8六飛 ▲6七金引△7九飛
 ▲6九金引△9九飛成▲5三歩 (第2図)

 持ち駒の金を投資して角を殺したのが実戦的な一着。以下△4八銀で飛車は取られるものの、駒損を回復することができた。△8六飛に▲6七金引、△7九飛にも▲6九金引と引いて先手玉は遠い。△9九飛成と香車を拾ったものの、▲5三歩と嫌味な歩を垂らして第2図。

第2図 ここで△5六香が最終的な敗着ではないかと思うのだが、読者の皆さんはどうお考えだろうか。▲4九金と寄られてあまり効果的ではない上に、5三の歩がなくなればいつでも▲5七歩で取られてしまう(実際に▲5二歩成がのちに実現した)。以下△8七歩▲8九歩の局面は「すでに後手容易な局面ではないか」と速報で語られている。以下たったの5手で先手勝ちとなってしまった。

 これで清水上氏はアマとして初の予選突破を達成。すばらしい偉業であると思う。面識の多少ある(mixi上でもマイミクになって頂いた)筆者としても嬉しい。
スポンサーサイト

清水上アマ強し

 引き続き前日行なわれた第3回朝日杯将棋オープン戦の清水上アマ-上野戦を紹介する。初手▲5六歩から中飛車に組んだ清水上アマが自ら角交換をし、『角交換振り飛車 基礎編』のように向かい飛車に転じるかと思いきや中飛車のまま5筋の歩を交換したのに対して、後手の上野五段が△3五歩と位を取ったのが第1図。筆者個人の主観ではこういう風に位を取られるのは嫌味(通常の四間飛車対玉頭位取りなら別に構わないが)に感じるが、ここからの清水上アマの構想が素晴らしかった。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4七銀 △3四銀 ▲3八金 △4五歩
 ▲同 歩 △同 銀 ▲4六歩 △3四銀
 ▲5七銀 △3三桂 ▲5六銀直△2四歩
 ▲4五歩 (第2図)

 木村美濃に組み替えている間に後手は4筋の歩を交換したが結果的にはこれが裏目に出た。6六の銀を5七~5六と活用したのがうまく、▲4五歩と突いた第2図では後手の歩交換を逆用した形になっている。もちろんこの歩を取れば直後に▲4六歩と桂馬を殺されることになる。

第2図  第2図以下の指し手
        △6四歩 ▲6六歩 △4四歩
 ▲6五歩 △4五銀 ▲同 銀 △同 歩
 ▲6四歩 △7四角 ▲6五銀 △4四銀
 ▲7四銀 △同 歩 ▲6三歩成(第3図)

 「▲4五歩と位を取られ桂まで跳ねられる形なんて、ひどいですね」局後第2図を上野五段はこう語っている。△6四歩はその桂跳ねの防ぎだが、悠々と▲6六歩(「これが間に合うようでは、そうとうひどい」)。プロ筋の見方では既に後手形勢を損ねているということか。

第3図 以下△4四歩と合わせるも構わず▲6五歩と突かれ、銀交換後に▲6四歩。これを△同銀は▲4四歩が痛打となるので△7四角は非常手段だが、冷静に▲6五銀と打ち、▲6三歩成とと金を作った第3図は先手優勢。以下△5五銀打▲5三歩△4六歩から後手も懸命に攻めるものの、筆者の寝ぼけ頭でも切れ筋なのは明らか。清水上アマが冷静に受け切り、▲5二歩成~▲4二と△同飛▲5二と(先手の飛車は手順に6筋に回っている)の局面で投了となった。

 上野五段には大変失礼だが、どちらがプロか分からないくらいの見事な指し回しで連勝。清水上アマ強し。これで対プロ戦は堂々の8勝7敗の勝ち越しである。「通算10勝以上かつ良いところ取りで勝率6割5分以上でフリークラス編入試験受験資格獲得」という規定があるらしく、連勝すればそれも夢ではないが……小学生時代より強豪として名をはせたにも関わらず奨励会入りをしなかった氏が、規定を満たした場合にどのような選択をするのか。それを見てみたい気もする。

嬉しい。でも少し寂しい。

 本日行なわれた第3回朝日杯将棋オープン戦の千葉-清水上アマ戦より。後手の中飛車→△3三角▲同角成△同桂→向かい飛車対居飛車穴熊となり、△2五桂と歩を取って2筋を逆襲する(『角交換振り飛車 基礎編』を参考のこと)展開となり第1図はその終盤。▲5三角は詰めろかつ急所の3五の角を消し去ろうとしている。一見後手ピンチのようだが……。

第1図  第1図以下の指し手
        △5三同角▲同成香 △8七香成
 ▲4三角 △9八成香▲同角成 △8六桂
 ▲8七歩 △9八桂成▲同 玉 △3五角
 (第2図)

 △5三同角▲同成香と手順に攻め駒を自玉に寄せられたがその瞬間△8七香成が詰めろ。後手玉は一枚足りず詰まない。▲4三角は詰めろだが、△9八成香とこちらを取るのが穴熊攻略のポイント。やむなく▲同角成(▲同玉ではいけないのだろうか?)だが△8六桂が厳しい。以下馬を召し取り再度△3五角が急所。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲6三成香△8四香 ▲7二成香△同 金
 ▲6四桂 △6三銀 ▲7二桂成△同 銀
 ▲9六銀 △6三角 ▲5二銀 (第3図)

 ▲6三成香以下先手は攻め立てるものの、▲7二桂成△同銀の形が3五の角がよく受けに利いており思わしい詰めろがかからない。そこで▲9六銀と受けに回ったが、△6三角に対する▲5二銀が疑問手とのこと。正着は▲5二金らしいが、竜取りを防いだだけで冴えない感触だ。本譜はここから後手の逆襲がはじまる。第3図

  第3図以下の指し手
        △8七桂成▲同銀引 △同香成
 ▲同 玉 △5四角  ▲7六香 △8五銀
 ▲6八桂 △6四桂 (第4図)

 8筋で清算して手順に△5四角と王手で角を逃げおおせることができた。以下は7六の地点を巡る攻防となり第4図。ここで▲8六香が敗着となり、△7六桂▲8五香△8八桂成以下即詰みとなり清水上アマが見事な勝利を収めた。第4図で▲7七香ならまだ大変とのことだが、△8六香が痛打でここではすでに後手逆転模様か。第4図

 清水上アマとは大学棋界で在籍期間が重なったこともあり(直接対戦したことも、会話すらしたこともないが)、この勝利は素直に嬉しいが……純粋に近い四間飛車党だった(昨年発売された『新・アマ将棋日本一になる法』のアンケートにも「得意(好きな)戦法」には「四間飛車」と答えている)氏も最近は中飛車や角交換振り飛車を多用している。続いて行なわれている上野五段との対戦も初手▲5六歩から中飛車だ。もはや四間飛車は流行遅れの戦法なのかと思うと寂しくもある。と同時に、マイナーになればなったであまり本には載っていない形(先手四間飛車の定跡形とか)にすれば筆者も少しは有利に戦えるかな、などと思っていたりするわけだが……。

これにて悪しからの進行

 C級1組順位戦第9回戦の三局目は真田-小倉戦を見て行きたい。後手の三間飛車に対して先手が超急戦を仕掛け、振り飛車側が変化して迎えた第1図。実はこの局面は『新・振り飛車党宣言!2』P65の参考図とまったくの同一である。同著によると「振り飛車が面白くない」と記されているが、ここから具体的に居飛車はどのようにして優位を拡大していくのであろうか。

第1図  第1図以下の指し手
       △4三金 ▲7五角 △6四歩
 ▲同 角 △5四金 ▲3一角成△4五金
 ▲2二馬 △同 角 ▲4一飛 (第2図)

 △4三金は勝又-西村戦(2002年C級1組順位戦)で西村九段が指した手だが、▲7五角でその前例を離れた。△6四歩▲同角△5四金と近づけて受け、▲3一角成に△4五金と金の方で飛車を取った。これに対して先手も▲2二馬と取り返し、△同角に▲4一飛と打ち下ろして第2図となる。
第2図  第2図以下の指し手
       △5一飛 ▲4二飛成△5二飛
 ▲4一竜 △5一金 ▲2一竜 △5四角
 ▲4三歩 △4一歩 ▲6四桂 △6二飛
 ▲5二歩 (第3図)

 △5一飛の自陣飛車からお互いに細かく飛車と竜を動かすやりとりが続くが、▲4一竜に再度△5一飛とぶつけるのは▲3二竜とされるのを嫌ったものか。△5一金▲2一竜に△5四角で竜を捕捉できたようだが、▲4三歩と垂らすのが軽快な返し技となった。
第3図 △4三同角なら▲5一竜△同飛▲4二金が両取りとなる。本譜は△4一歩と受けたが、▲6四桂△6二飛▲5二歩が飛車の横利きを消しつつの金取りとなり先手の優勢がはっきりした。以下は戦意を喪失したか数手後に後手が投了、真田七段、小倉七段ともに三勝五敗となった。

 筆者は三間飛車を指すことはないが、定跡書で「これにて悪し」と書かれている後の具体的な手順の一例を目にすることができ、非常に勉強になった一局であった。とはいえ後手にも変化の余地はありそうだが…。

両取り逃げるべからずの反撃

 C級2組順位戦第8回戦の田村-武市戦より。『田村流けんか殺法』でも有名な早指しの田村六段と、『武市流力戦筋違い角の極意』という著書からも分かる通り筋違い角振り飛車の使い手で、前期惜しくもC級2組在籍23期目にして降級点を取ってしまった武市六段という異色の顔合わせとなったが、将棋の方はオーソドックスな三間飛車対左美濃となった。迎えた第1図は既に終盤戦、先手は飛車金両取りがかかっているが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲1五歩 △同 歩 ▲4七金 △6六銀成
 ▲同 角 △4六歩 ▲4八金引△8六飛
 ▲1四歩 △2二銀 ▲7七角打(第2図)

 両取り逃げるべからずで▲1五歩が急所の反撃。△同歩と取らせて味をつけておいてから▲4七金と逃げ、△6六銀成▲同角と飛車の方を取らせる。△8六飛に対する▲1四歩もきわどい利かしで、本譜は△2二銀と逃げたが▲7七角打と重ねて打つ手があった。飛車を逃げればもちろん▲4三歩成だ。
第2図  第2図以下の指し手
       △6六飛 ▲同 角 △2七歩
 ▲同 玉 △6九飛 ▲7五角 △6四歩
 ▲同 角 △2六歩 ▲同 玉 △6六角
 ▲4六角 (第3図)

 △6六飛は当然の一手。△2七歩▲同玉と玉を吊り上げてから△6九飛と打つが、▲7五角が攻防の位置。△6四歩▲同角と角の利きをそらしてから後手はさらに△2六歩と打つが、先手は強く▲同玉と取りひるまない。△6六角にも▲4六角がぴったりとなった。
第3図 第3図で△4八角成▲同金△1九竜は▲4五桂でも受かっている。実戦は△4四角▲2七玉△2六歩▲2八玉と玉頭に楔を打ち込んでから△8九飛成と攻め駒を補充したものの、▲4五歩△9九角成▲1五香以下先手の端攻めが早く先手が勝ち切った。田村六段はこれで四勝三敗と白星先行、一方の武市六段は二勝五敗と苦しい順位戦に。

 第2図以下▲7五角の局面で後手は残り12分なのに対して、先手の田村六段は54分しか使ってない。まさに早指しの雄の面目躍如といった一局であった。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。