FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

負担になってしまった角合わせ

 今回は女流名人位戦第8回戦の石橋-千葉戦を取り上げる。初手▲5六歩から角交換型の中飛車となり第1図、先手が5筋の歩を交換して▲5九飛と引いたところである。ここからまだまだ序盤の駒組みが続くと思われたが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △2四角 ▲4六角 △3三角
 ▲7七桂 △6四銀 ▲5四歩 △4二金
 ▲7五歩 △8四飛 (第2図)

 6八の金を狙って△2四角が面白い一手。対する▲4六角の合わせがごきげん・DE・ブログにもあるように疑問手で、△3三角と引かれてみると先手の角だけ負担となる展開となってしまった。「もうあきまへん」と称されている△6四銀以下▲5四歩△4二金▲7五歩(△同銀は▲6五桂)△8四飛と進んで第2図を迎える。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲7四歩 △同 飛 ▲5七角 △5六歩
 ▲3九角 △2四角 ▲5八金上△5五銀右
 ▲5三歩成△同 銀 ▲8六歩 △3三桂
 ▲8五歩 △4五桂 (第3図)

 先手はとにかく手を作らなくてはいけないが、7筋を突き捨てて▲5七角にも△5六歩▲3九角△2四角と再度角を覗かれ、飛車の縦の利きを止めて▲5八金上と金取りを受けるようではつらい。△5五銀右で完全に中央を制圧される形となってしまった。
第3図 ▲5三歩成△同銀▲8六歩は必死の手作りだが、△3三桂~△4五桂と活用されてしまい駒損が確定してしまった。数手後に△5七歩成が実現して以下は後手の完勝、石橋女流四段は手痛い二敗目を喫するとともに、次の最終局も矢内女流四段との直接対決を制されてしまい清水女流名人への挑戦権を逃す残念な結果となってしまった。

 怪しげな△2四角にお付き合いした▲4六角が敗着とも言える一手になってしまうとは…序盤の恐ろしさを再認識させられた一局。

お互いに銀を前線へ

 C級1組順位戦の第7回戦、中田功-神崎戦より。▲7六歩△6二銀の出だしから中田功七段が中飛車に振って迎えた第1図、3筋の位を取った後手に対して先手はそれを目標に動く。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5五銀 △5四歩 ▲4六銀 △6四銀
 ▲3五銀 △6五銀 ▲7八金 △7六銀
 ▲6八角 △4五歩 (第2図)

 ▲5五銀△5四歩▲4六銀と3五の歩に狙いをつけるのが工夫した構想。△3四金なら5筋が薄くなるので▲5五歩と合わせればよい。後手も△6四銀~△6五銀~△7六銀とやはり一歩かすめ取り、局面の均衡を保つ。
 △4五歩と角筋を通されて第2図、ここでどう受けるか。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲6六歩 △3四歩 ▲2六銀 △6六角
 ▲7七歩 △6五銀 ▲1五歩 △同 歩
 (第3図)

 単に▲7七歩ではなくいったん▲6六歩と突き、△3四歩▲2六銀△6六角と6筋の歩を切らせるのはいかにも軽く指しているという印象を受ける。▲7七歩△6五銀と撤退させ、▲1五歩と振り飛車から端攻めをするのは珍しい。△1五同歩の一手に筆者は▲1四歩(取れば▲2五銀)だと思っていたのだが…。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲1三歩 △同 香 ▲4六歩 △2四歩
 ▲4五歩 △3三角 ▲6九飛 △5六銀
 ▲1二歩 △2三玉 (第4図)

 先手の指し手は▲1三歩だった。△同香と取らせて▲4六歩と一歩入手を図る。このまま▲1四歩~▲2五銀を実現させてはまずいので、▲4五歩と取らせている間に△2四歩~△3三角と後手は端を守り、△5六銀と先手陣に圧力をかける。▲1二歩△2三玉で歩切れとなった先手の後続手段は?
第4図  第4図以下の指し手
 ▲7六歩 △5五歩 ▲7七角 △4六歩
 ▲4八金 △6二飛 ▲6七金 △4五銀
 (第5図)

 ▲7六歩が名人戦棋譜速報でも「勝負手」と称されていた一手。△9九角成なら▲7七角とぶつけて香損でもさばくことができ先手も指せそうだ。そこで後手も慎重に△5五歩と止める。
 ▲7七角と飛車先を通す手にはいったん△4六歩が入るのが大きい。▲4八金と受けさせてそこで△6二飛と回っておく。
第5図 ▲6七金のぶつけにも△4五銀と手順に取ることができ第5図。後手は1二に歩を垂らされ、また6二に飛車を移動させられるなど色々利かされているが、4六歩が大きく歩損の先手陣を押さえ込んでいる。中田功七段といえば軽いさばきの三間飛車で有名だが、本局は結果的に軽く動きすぎた印象を受ける。
 実際に第5図以下、後手が良くなる順も控え室の検討で指摘されたが神崎七段はそれを逃して混戦に、最後は先手が華麗な寄せを決めて中田功七段の勝利、四連敗の苦しい出だしから連勝と星を伸ばした。一方の神埼七段は三勝三敗に。

 どちらかというと受け身で腰の重い(鈍重とも言う)筆者にとって、中田功七段のようなタイプの将棋は見ていて新鮮味がある。三間飛車主体の中田先生に限らず、ゴキゲン中飛車ではない通常の中飛車は最近比較的珍しくなったが、やはり指し手の節々に「コーヤン流」らしさを感じることができた。個人的にはこういう将棋を指して勝つことに憧憬を抱いているのだが、筆者の棋風を鑑みるに難しい相談であろうか。

対右玉の穴熊に関する一考察

 C級1組順位戦の第7回戦に戻って、竜王戦七番勝負と重なったため日程が調整され11月2日に行なわれた山崎-渡辺戦を取り上げる。竜王戦第一局に続いて後手番の渡辺竜王が一手損角換わりを採用、対する先手は早めに1筋を突き越す形から右玉へと駒組みを進め、持久戦模様となり第1図を迎える。

第1図 渡辺明ブログでは「端の位が生きないように穴熊を目指しました」とあるが、この一文に違和感を覚えてしまった。
 右玉は言うまでもなくバランス重視の受け身の戦法であり、相手がどのような囲いかに関わらずガンガン攻めるというわけにはいかない場合が多い。穴熊に組んでくれれば玉は堅くとも駒が偏るため敵陣のバランスが悪くなり、角の打ち込みの隙などが出来やすくなり(第1図でも▲8三角が目につく。△5二角と受けられてしまいそうだが)有り難い、というのがかつて右玉使いだった筆者の考えなのだが如何であろうか。
第2図 局面は進んで第2図。ここで後手は△4三金と力強く受けたが、▲同金△同銀引に▲2三歩と打たれてみるとどうしても「2二玉型ならこんな手はないのに」と思ってしまう。無論のこと相手が穴熊でなければ先手も別の攻め方をするのであろうが…。
 穴熊を指さない(どころかむしろ目の敵にしている)身としてはよく分からないが、先手の攻めを後手が受けるという展開も穴熊の立場としては不本意ではないだろうか。もともとが角換わりの後手番である以上それは仕方ない、とも言えるかもしれないが。
第3図 右玉に穴熊は損、というややもすれば偏った筆者の固定観念はどこから来ているのか。考えているうちに数年前の一局に思い当たった。
 大会の将棋ではなく内輪の公式戦だが、持ち時間も40分あり筆者なりに気合いを入れて臨み、局面は第3図。この▲4一角が痛打で、3二の金が不安定なこともあり6三の地点が受けづらい。△6二飛なら▲6五桂△8二銀▲8四歩がある。
 本譜は△6四歩だが▲6五歩△2二玉▲6四歩△同銀▲7四角成と馬を作りはっきり先手良し。以下そのまま押し切って勝利をものにした。

 渡辺明ブログに詳しい解説が掲載されているため山崎-渡辺戦には軽く触れるに留めておくが、「右玉に対して穴熊は有効なのか」ということを考えさせられた一局であった。偶然にも銀河戦の本戦Cブロック2回戦 堀口弘-村田戦でも一手損角換わりから後手が右玉に組み、対する先手が矢倉から穴熊に囲い直している(▲8八金~▲8六銀~▲7七桂と玉の裾を自ら開けるというかなり特殊な駒組みだったが)。
 「右玉に穴熊は損」というのはやはり間違った感覚なのか。損得は時と場合によりけりという柔軟な思考で対処するのが一番という気もするが、皆さんの御意見を伺ってみたいところではある。

棒金の力強い進出

 C級1組順位戦の第7回戦、二局目は石川-豊川戦を見て行きたい。ここまで五戦全勝の石川六段は先手三間飛車から石田流へと駒組みを進め、対する豊川六段は玉を固める将棋にはせず△7二金と上がって第1図を迎える。
 銀を7九のまま動かず、△8三金の瞬間に▲7八飛と引くのが近年久保八段が開発した有力な棒金対策である。本局はそこに至る手順こそ違えど、『島ノート』P136の第1図より△9四歩と突いた形と同一局面となった。同著ではここで▲7七桂と跳ねる手に対して「森内流引き角棒金」と称された戦法が掲載されているが、実戦はどのような進行を見せるのだろうか。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5六歩 △5四歩 ▲6八銀 △7四歩
 ▲同 歩 △8三金 ▲6七銀 △8六歩
 ▲同 歩 △7四金 ▲7五歩 (第2図)

 ▲5六歩△5四歩▲6八銀と、先手はあくまで桂馬を跳ねない方針で指す。対する後手は△6五歩と仕掛ける手もありそうだが、△7四歩▲同歩△8三金と棒金の意思表示を見せた。
 ▲6七銀は自然な一手だが△8六歩▲同歩とさらに突き捨てて△7四金。次に△7五歩を許すわけにはいかず先手から▲7五歩と打つが…。
第2図  第2図以下の指し手
       △6五金 ▲7八飛 △8七歩
 ▲7七角 △7五金 ▲6五歩 △4四歩
 ▲5九角 △7四歩 ▲7六歩 △8六金
 (第3図)

 △6五金が力強い進出。▲7八飛の一手に△8七歩▲7七角△7五金で金を五段目に送り込むことに成功した。▲6五歩に△4四歩、▲5九角にも△7四歩と後手は抑え込みの方針に徹する。▲7六歩は飛車先が重くなり打ちたくない歩だが、何かまずい筋でもあるのだろうか。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲3六歩 △3五歩 ▲5五歩 △同 歩 
 ▲7五歩 △4五歩 ▲6四歩 △同 銀
 ▲6八飛 (第4図)

 ▲3六歩で3七に角を転換する含みを見せたが、後手はすかさず△3五歩。お互い傷となりうる箇所だけに怖いところだ。ここで8六金の圧力を活かして△4五歩と突く手も角筋が受けづらく考えられるが、その瞬間に▲6四歩△同銀▲3七角が気になるか。ここでじっと△6三歩には先手も▲6六歩と受ける。
参考1図 以下△8八歩成▲同飛△8七金▲6八飛△8八歩の攻めはさすがに重く、▲6五歩△7三銀▲7五歩の反撃を受けてしまう(参考1図)。△8四飛に▲7六銀と出る手もあり、あくまで仮想手順だがこのような展開は振り飛車に暴れられてしまい後手がまずい。とはいえ▲6六歩の局面で居飛車がのんびりしていると、今度は▲2六角と覗かれて▲7一角成を狙われる。
 以上のような変化を想定しての本譜の△3五歩であろうか。以下指し手は進むが、▲7四歩と取り込んでも△7七歩と飛車先を止められてしまうため、先手は▲6八飛と回って第4図。
第4図  第4図以下の指し手
       △8八歩成▲同 飛 △8七金
 ▲6八飛 △6六歩 ▲同 銀 △7八金
 ▲同 飛 △8九飛成▲6八飛 △5六歩
 (第5図)

 △8八歩成~△8七金は飛車を6筋に動かしたタイミングだけにこう指したくなるところ。△8八歩ではやはり重いと見たか△6六歩▲同銀に△7八金と思い切って捨て、後手は飛車成りを実現した。△5六歩と伸ばされた第5図では先手駒得ながら動きづらい。▲6五銀には二歩持っているので△6七歩~△6六歩がぴったりだ。
第5図
  第5図以下の指し手
 ▲3四金 △4三銀 ▲同 金 △同 玉
 ▲4六歩 △2四桂 ▲2五銀 △3六桂
 ▲同 銀 △同 歩 (第6図)

 ▲3四金は上部を厚くして味の良い一着だが、これに対する△4三銀が強手。不安定そうに見えるが玉が広く、振り飛車の攻めに大駒の参加しない現状ではなかなか捕まらない。
 3筋で歩がぶつかっているだけに△2四桂は余計に厳しい。▲2五銀と受けたが3六の地点で清算され、先手は駒得も消えてしまった。
第6図 第6図以下は▲7七銀△6三歩▲8八飛と銀損覚悟で飛車を交換しにいったものの、さすがに無理筋だったようだ。以下は後手の着実な攻めにあって土俵を割り、石川六段は手痛い初黒星。一方の豊川六段は三勝三敗と星を五分に戻した。

 石田流に対する棒金は玉が薄く勝ちにくい印象がある。本局も居飛車の抑え込みをどこかで打ち破る順が振り飛車にはあったかもしれないが、結果的には△6五金の進出、玉の露出を恐れない受けと、後手の豊川六段の力強い指し回しが光った一局。

「緩手がある」というヒント

 引き続きC級2組順位戦第六回戦より、中尾-大平戦を取り上げる。▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩とゴキゲン中飛車模様の出だしから、▲2二角成△同飛と角交換型向い飛車の将棋となり第1図。後手は角を手放す代償に一歩を得しているが、これが今後の展開にどう影響するか。

第1図  第1図以下の指し手
       △8四歩 ▲6七銀引△8三銀
 ▲5六歩 △4五歩 ▲4七金 △7二金
 ▲4五桂 △同 桂 ▲4六歩 (第2図)

 駒組みが続く中、△4五歩と突いたのは直前の▲5六歩で銀が5六に出る筋がなくなったのを見計らったものか。代わりに先手は▲4七金と上がり、▲4五桂△同桂と先に捨てるものの▲4六歩と打ち、桂馬を取り返すとともにあわよくば歩損も解消しようとする。しかしこの瞬間が怖いところだが…。
第2図  第2図以下の指し手
       △4四歩 ▲3五歩 △同 歩
 ▲5五歩 △同 歩 ▲4五歩 △同 歩
 ▲2五歩 △同 歩 ▲3三角 △2一飛
 ▲5五角成(第3図)

 △4四歩は歩得を維持した穏やかな一手。しかし先手は単に桂馬を取るだけではなく、突き捨てを入れるだけ入れて▲3三角と打ち込んだ。5五の好所に馬を作った第3図では、後手の生角との差を鑑みても先手が指しやすい形勢ではないだろうか。歩損もそれほど響くとは思えない。
第3図 以下も細かいやりとりが続いたものの、△7四歩~△7三桂と組んだ手に対して▲6六桂が急所となり玉頭戦に持ち込まれてしまった。そうなると後手は4三の銀(終局まで動くことはなかった)に働きがないのも痛い。

 大平の本音では本局を振り返り「出だしはまずまずでしたが、明らかな緩手をやってしまい、以下は苦戦でした」と述べられている。これを元に筆者なりに考えてみるに、第2図での△4四歩がその「緩手」ではないだろうか。傍目には代わりに△2五歩が目につく(参考1図)。
参考1図 ▲2五同歩なら△2六歩と垂らしておいて次の△2五飛が受からない形だ。参考1図では先手も▲3三角と反撃する手が考えられる。△2一飛ならそこで▲2五歩と取り、△2六歩に▲4五歩△2五飛▲1一角成△2七歩成▲5五歩のような展開は、飛車先を破ったものの微妙な形勢か。戻って▲4五歩では▲1五角成のような手もあるかもしれない。
 ▲3三角にはあえて△2三飛と逃げた方が先手の手を限定できるか。以下▲1一角成△2六歩▲4五歩△2七歩成▲5五歩と進めば先ほどの手順に比べて先手に一歩渡さずに済む(参考2図)。
参考2図 とはいえ局面自体は大変か。次に▲5四歩と取り込まれるのは後手も面白くなさそうだが、△5五同歩▲同馬は手順に馬を引き付けられてしまう。かといって先に△2八とを入れると▲5九飛と手順に回られてやぶへびであろう。
 どうも自信がないが、2筋突破という代償なく馬を作られた第3図よりはこちらの順を個人的には選びたいのだが…。第1図以前、あるいは第3図以降に緩手が潜んでいる可能性ももちろんある。プロの目には「明らか」でも、アマチュアの視点からは難しいということだろうか。

 プロの将棋を並べる際、自戦記や観戦記、あるいは解説でポイントとなった指し手や主要変化などが述べられていれば素人目にもわかりやすい。だが今回は棋譜のみが提示され、解説などは一切ないケースのはずである。ところが大平の本音の存在によって「後手の指し手のどこかに緩手がある」というヒントを得た。
 こうした状況はかなり特殊な部類に入ると思われるが、なかなか新鮮な気持ちで考えることができた。ただし手を読むというよりは推理するという感覚に近く、棋力向上にどれだけ役に立つかは未知数である。
前のページ 次のページ