四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK杯に四間飛車現る。

 本日のNHK杯は矢内女流プロと櫛田六段の一戦。期待通り四間飛車の将棋となり第1図。ここで▲3六歩と突いてあれば△4三飛と浮き、次に△4二角と引いて6四に覗く筋を見せるところだが……。

第1図  第1図以下の指し手
        △6四銀 ▲2六飛 △6三金
 ▲3六飛 △4四飛 ▲8八銀 △5五歩
 ▲7七角 △4六歩 ▲同 歩 △3五歩
 ▲2六飛 △5四飛 (第2図)

 △6四銀~△6三金型も好形である。対する先手は▲2六飛~▲3六飛と3四の歩を狙うが、△4四飛でたいしたことない。▲8八銀に△5五歩が当然ながら手筋の一着。以下▲7七角に△4六歩。これを▲同飛は△同飛▲同歩△5六歩で次の△5七歩成が早そうだ。本譜は手順に振り飛車が好形を築いて第2図。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲2四歩 △同 歩 ▲5五歩 △4四飛 
 ▲2二歩 △同 角 ▲7五歩 △同 銀
 ▲5四歩 △6六歩 ▲7六歩 △6四銀
 ▲6六角 △5五歩 ▲3六歩 △5四飛
 ▲3五歩 (第3図)

 後手の四段目の飛車が好位置で、▲2四歩~▲2二歩の手筋の攻めも△同角で効果はない。▲7五歩で一度切った歩を再び▲7六歩と打つなど、ちぐはぐな印象も否めない。第3図で振り飛車らしい軽手が出る。第3図

  第3図以下の指し手
        △4七歩 ▲3七桂 △6五歩
 ▲7七角 △4八歩成▲4五桂 △5八と
 ▲5六歩 △6六歩 ▲同 角 △6八歩
 ▲2三歩 △3一角 ▲5五歩 △同 銀
 ▲同 角 △同 飛 ▲2二歩成△6四角
 ▲2四飛 △6九歩成(第4図)

 △4七歩が手筋の垂らし。▲2八飛と引くようでは利かされとみて▲3七桂だが、△6五歩▲7七角△4八歩成とと金を作られてしまった。

第4図 ▲4五桂と跳ねても後手陣に対する響きは薄い。△5八と▲5六歩にも△6六歩がぴったりで、▲同角に△6八歩で二枚目のと金ができることが確定した。▲2三歩は飛車先を重くして気が進まないがこのくらいか。以下先手は暴れるものの、第4図となっては駒得が大きく後手の優勢は明らかだ。以下懸命に粘ったものの、結局は四間飛車の勝ちとなった。

 『矢内理絵子の振り飛車破り』は立ち読みだけですませた筆者であるが、この将棋を見る限りではとても買う気にはなれない。いかに堅陣に組もうとも、やはり飛車と角だけでは手を作れない。さりとて▲3六歩~▲3七桂型に組むと△6四角のような筋が生じる。先手の作戦は優秀とは思えないが、皆さんはいかがお考えだろうか。
 ちなみに放送中ほとんど筆者はうたた寝していたので、何か変な意見を言っているかもしれませんがご容赦頂きたい。
スポンサーサイト

プロならではの手順

 2月10日に行なわれたB級2組順位戦第十回戦の神谷-杉本戦を取り上げる。お互いに銀冠の堅陣に組み、飛車交換が行なわれお互いに大駒を敵陣に進出させて第1図。ここからの手順がいかにもプロ風であった。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5六歩 △2二飛成▲4四飛 △3六銀
 ▲4六歩 △5七歩 ▲6五歩 △5八歩成
 (第2図)

 ▲5六歩は次に△5五桂と打たれる筋を消したものと思われるがいかにも渋い一着だ。対する後手も△2二飛成と自陣竜で対抗する。▲4四飛△3六銀と銀をそっぽにやってから▲4六歩と後手の角筋を止めたものの、△5七歩~△5八歩成とと金が出来てはやはり後手ペースの展開だろうか。
第2図 以下も熱戦が展開されたものの軍配は後手に上がり、杉本六段はこれで六勝三敗と星を伸ばし、昇級戦線に踏みとどまった格好となった。一方の神谷七段は二勝七敗となり、降級点が決定してしまった。

 第1図からの数手の応酬はいかにもプロ好みの渋い手順で、我々アマチュアにはなかなか真似できるものではない。特に第1図での▲5六歩はいかにも順位戦らしいすぐには負けない手、といった雰囲気である。結果的には実らなかったものの、先手の辛抱が印象に残った一局。

互いに玉頭に傷を抱える

 26日に放送された銀河戦本戦Aブロック5回戦の佐々木-真田戦より。佐々木四段の四間飛車に対して真田七段は角筋を止めないまま端玉銀冠に構えて第1図。比較的長い中盤戦が続いたが、ここからいよいよ本格的な戦いが始まる。

第1図  第1図以下の指し手
 △8七歩 ▲2五歩 △8八歩成▲2四歩
 △同 角 ▲同 角 △同 銀 ▲6五歩
 △8六飛 (第2図)

 △8七歩は遅いようだが次のと金作りを受ける手はなく、先手は▲2五歩と攻め合う。△8八歩成に▲2四歩の取り込みも大きいが、△同角以下角交換となりお互いの玉頭に傷ができる形となった。▲6五歩は手筋の一着だが、ここで△8六飛と走ることが出来るのが結果的に大きかった。
第2図 第2図で▲6八角の両取りが見えるが、△7八とと切り返せば▲同銀△8八飛成と手順に飛車を逃げつつ銀取りで迫ることができる。実戦は▲6四歩△7九と▲6八飛△8九飛成と進み、一方的に飛車を成り込むことができては後手優勢と思われる。この後△3九角▲2七玉に△2六歩と打たれる手が致命傷となり佐々木四段の敗北、銀河戦での連勝が止まる結果となった。

 銀河戦の放送及び銀河クラブを見たわけではないので詳しいポイントはわからないのが、△8七歩で間に合うという真田七段の大局観が光った一局。

二枚飛車+受け切り模様となるも…

 22日に放送されたNHK杯の久保-森下戦より。久保八段の四間飛車に対して森下九段は銀冠を採用、第1図は次の▲6四歩を受けるべく後手が△5三金と寄ったところだが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6四歩 △同 歩 ▲6五歩 △7五歩
 ▲6四歩 △7六歩 ▲8八角 △7七歩成
 ▲同 角 △同飛成 ▲同 桂 △4六歩
 (第2図)

 それでも▲6四歩と突く手があった。△同歩の一手に▲6五歩と継ぎ歩で攻める。後手も△7五歩と突き以下は一直線の展開となった。▲6四歩△7六歩▲8八角にも△7七歩成以下飛車角交換を果たし、△4六歩と急所を突いて第2図を迎える。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲5七金 △3五歩 ▲6三歩成△4三金寄
 ▲5三と △同 金 ▲6一飛成△3六歩
 (第3図)

 ▲4六同金は△7九角の筋があるので▲5七金と避わすが、薄くなった桂頭を突いて△3五歩が嫌味な一手。▲6三歩成△4三金寄を決めて難しい局面を迎えるが、先手はできたばかりのと金を▲5三と△同金と捨てて▲6一飛成と成り込む手順を選んだ。後手に△3六歩と取り込まれて困ったかに見えるが…。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲4五桂 △同 銀 ▲4一飛 △3七角
 ▲同 銀 △同歩成 ▲同 玉 △3六銀打
 ▲2八玉 △3一歩 ▲3七歩 (第4図)

 ▲4五桂と跳ねるのが気がつきにくい一手。△同銀に▲4一飛が両取りとなって厳しい。▲4五飛成と要の銀を取られてしまってはまずいため、△3七角と非常手段に出て以下3七の地点で清算し、△3六銀打と4五の銀にヒモをつけてから△3一歩と受けたものの、▲3七歩と攻めを催促された第4図では先手ペースと思われる。
第4図 以下も久保八段の堅実な指し回しの前に先手の優位は広がるばかりと見えたが、最終盤で信じられない逆転劇があり結果的には森下九段の勝ちとなった。事の顛末はせんすぶろぐに掲載されているのでそちらを参考にして頂きたい。筆者も本譜▲1五銀のところでどう指すのが最善なのかは悩ましいところである。

 最後の最後に一失あったとはいえ、久保八段の巧みなさばきのみならず薄い自陣を補強する一連の手堅い受けが参考になった一局であった。

ミレニアムに対して玉頭戦となる

 C級1組順位戦第9回戦の神崎-窪田戦より。窪田五段の四間飛車に対して神崎七段はミレニアムで対抗、右銀を寄せる前に▲3五歩△同歩▲同角と動き、これに対して後手が△6三金と桂頭を守って第1図。先手の陣形は『島ノート』P318~に掲載されている陽動カマボコに似ている構えだが、果たしてここからどのような戦いが展開されていくのであろうか。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲7五歩 △3四銀 ▲2六角 △3五歩
 ▲7四歩 △同 金 ▲3七角 △4六歩
 ▲同 角 (第2図)

 ▲7五歩で本格的な戦いが始まった。△7五同歩は▲7四歩とされこれを取れないので、△3四銀~△3五歩と角筋を止めて▲5三角成の筋を防ぐ。先手は7筋を取り込んだ後に▲3七角と4筋を受けたが、それでも後手は△4六歩と突いてきた。▲同角と取らせて次の狙いは果たして何であろうか。
第2図  第2図以下の指し手
       △4六同飛▲同 歩 △4九角
 ▲5九銀 △7六歩 ▲5八銀 △7七歩成
 ▲同金直 △5八角成▲同 飛 △7七桂
 (第3図)

 飛車を切って△4九角があるいは勝負手か。これに対して▲7六歩と受けるのではあまりに弱気と見たか、▲5九銀と上がり△7六歩▲5八銀と角を殺す方針に出た。以下は△7七歩成~△5八角成で角と銀桂の二枚替えとなり第3図を迎える。
第3図 後手は歩切れだがミレニアムの急所である玉頭から襲いかかっており、形勢自体はいい勝負か。ここで金を逃げる手もありそうだが本譜は▲7八飛と回り、以下も難しい戦いが続いたが十数手後に後手に「次の一手のようだ」と絶賛された好手が飛び出し、後手の窪田五段が五勝目を上げる結果となった。

 筆者は対ミレニアムには△4四銀型を得意としているため第1図のような局面になることはまずないと言って良いが、飛車切りからの後手の攻めが参考になった一局であった。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。