四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

2年ぶりの更新、右玉流行の兆し

 前回と比較して、およそ半分の間隔での更新となり安堵している筆者である。果たして次の更新は、何年後になることやら。
 軽口はさておき、角道を止める従来通りの四間飛車の近況についてであるが、取り立てて目ぼしい変化は見られない、といった感が強い。
 かつてはタイトル戦においても、羽生-谷川といった名物カードで後手が飛車を4筋に振り、居飛車が急戦や穴熊に構えるといった場面が当然のように見受けられたものである。
 現在で対抗形といえば、ゴキゲン中飛車か角交換振り飛車、あるいは石田流といったところが相場であろう。「どの筋にいようと、振り飛車はみんな友だち」(『石田流を指しこなす本【急戦編】』P243より引用)という言葉通り、無論それらの棋譜も四間飛車を指す際には大いに参考になるわけだが、序盤の細かい手順や定跡に関しては不勉強なため、筆者にとっての見どころは中盤以降、という場合がほとんどである。
 『振り飛車最前線 四間飛車VS居飛車穴熊』、及び最新刊の『堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊』なども興味深く拝読させて頂いたが、実戦で棋書通りの局面になるかといえば未知数な部分も多い。仮に社団戦で相手が銀冠穴熊模様を指向したら、第11回朝日杯将棋オープン戦一次予選の井出-鈴木アマ戦を参考に、右玉風の陣形にでも組み替えるつもりだ。

 然り。時代はノーマル四間飛車ではなく、右玉である。
 先日行なわれた第75期名人戦七番勝負第4局において、後手番となった佐藤天彦名人は一度4二に上がった玉を7筋に移動させ、馬付きの堅陣を活かして稲葉陽八段の穴熊を粉砕し快勝した。そして本日(6月17日)、第88期棋聖戦五番勝負の第2局でも、挑戦者の斎藤慎太郎七段は△7二玉型の、筆者にとってはおなじみの構えで羽生棋聖に相対している。
 コンピュータ将棋が△6三銀(▲4七銀)型の駒組みを高く評価していることもあり、角換わり腰掛け銀模様から後手が変化することが多い、という背景事情があるとはいえ、まさかタイトル戦の大舞台に、短期間で立て続けに右玉が登場するとは夢にも思わなかった。
 最近では第58期王位戦挑戦者決定リーグ紅組の最終局(木村一-澤田戦)、あるいはアマチュア棋戦に目を向ければ、第40回朝日アマチュア将棋名人戦三番勝負にも右玉は登場している。そのどちらもが右玉側の勝利に終わっており、非常に勝率が高いように思えるのは、筆者の身贔屓であろうか。
 矢倉に代わってツノ銀型の雁木などが流行の兆しを見せ始めているようだが、その構えから玉を右に配置するのもやはり有力、と個人的には考える次第である。読者諸兄姉に置かれましても、プロの実戦や『右玉伝説』『南の右玉』、及び『とっておきの右玉』(肝心の著者は朝日杯将棋オープン戦で怪しげな対抗形の将棋を制したが)といった数少ない棋書を参考に、この機会に右玉を試してみてはいかがだろうか。自玉が薄く心細い思いをするのと引き換えに、受けの力と攻めを切らす(余す)技術が習得できること請け合いである。
スポンサーサイト

3年ぶりの逆襲、4年ぶりの更新

 ブログの更新がおよそ4年ぶり、という事実に一番驚いているのは他ならぬ筆者かもしれない(小賢しい生存報告、などはカウントしたくない所存である。お見苦しいところを露呈してしまい申し訳ない)。
 ノーマル四間飛車が廃れてはや数年、『よくわかる』シリーズのような級位者向けの内容のものを除けば、『四間飛車激減の理由』を最後に、3年ほど角道を止める四間飛車に関する定跡書は上梓されていなかった。
 同書は「藤井システムなどの対策が整備された居飛車穴熊に対して勝ちづらいため、(角交換型や穴熊はともかく)通常の四間飛車はプロの実戦であまり登場しなくなった」という趣旨のもと、300ページ近い分量のすべてを対四間飛車の居飛車穴熊に費やしたものとなっている。必ずしも居飛車有利の手順ばかりを紹介しているわけではないため、読んでいて不公平感のようなものは感じなかったが、最終的には居飛車穴熊が良くなる変化に帰結するよう終始しており、もともと筆者が用いることの少なくなっていた後手四間飛車を完全に封印する決め手となるには充分な内容であった。
 それでも先手四間飛車は採用せざるを得ず、「対松尾流の変化の時に美濃囲いの端歩(▲1六歩)が突いてある」「一手早いため銀冠に組めることが多い」などの細かい違いを利用して孤軍奮闘(?)してきたわけだが、ここにきて心強い味方が現れた。
 8月18日に発売された『四間飛車の逆襲』である。著者は新進気鋭の石井健太郎四段、「四間飛車を愛用しており、この戦法のおかげで三段リーグを抜けることができた」とまえがきで語る頼もしい存在である。発売日に購入し、熟読させて頂いた。
 『四間飛車激減の理由』と同じく、一冊まるごと対居飛車穴熊の手順を紹介したものとなっている。ここ2・3年ほどの定跡書(立ち読みがほとんどであるが、いちおう3冊ほど所持している)は次の一手や実戦編などを盛り込み、良く言えばバラエティに富んだ内容、悪く言えば中身を薄めたものが多いが、本書は実戦解説に40ページ弱を割くに留まっており、ボリューム的にも不足は感じない。実力向上に向けたアマチュアへのアドバイスや自身の取り組みなどを描いたコラムからも真摯な人柄が見て取れ、筆者としては好感を抱いた。
 特徴的なのは主に先手四間飛車を題材としている点であり、後手四間飛車は△5四銀型と△3二銀型のみの紹介となっている。「△4四銀型は、先手四間飛車の▲6六銀型に比べて純粋に一手損しており、後手番の良さを生かすことが難しいからである」と理由も添えられており、先手限定で四間飛車を使い続けてきた筆者としては、自身の愚考に裏付けが取れた形となり嬉しい限りだ。
 留意すべきは「途中まで先手藤井システムの駒組みを進めた上で▲6六銀型に組む」と序章で述べられているところだろう。藤井システムを見せることによって、居飛車穴熊側の2枚の金を3二と4三に固定できるメリットがあり、なおかつ1筋は詰めた(▲1五歩型)状態のみの手順の解説となっていることにも気をつけられたい。
 藤井システムを採用しない筆者のような四間飛車党にとっては、居飛車の金は必ずしも3二とは限らない(3一の場合もある)、常に1筋を突き越しているとは限らない(▲1六歩に△1四歩と受けているか、単に▲1六歩の状態で端攻めが難しい)という二点に注意して読み進める必要がある。特に本著第1章の対△8四角型で最初に登場する変化1では、3二金型でなら確かに成立するが3一金型だと微妙と思われる手順について言及されており、そのまま鵜呑みにするのではなく形の違いに気を配った上で手順を吟味しなければいけないだろう。
 以上のような理由もあり、この一冊のみを読破すれば居飛車穴熊に対抗できる、などとは無論のこと言えない。予め紹介した『四間飛車激減の理由』の他に、少なくとも『鈴木大介の将棋 四間飛車編』あたりには目を通しておく必要があるだろう。
 筆者が更新を滞らせている間に、当ブログをご覧頂いている振り飛車党の読者諸兄にも「角交換四間飛車や石田流、ゴキゲン中飛車がメイン」という方が増加したことは想像に難くない。若年層に至っては「そもそも角道を止める振り飛車に馴染みがない」場合も大いに考えられるだろう。
 こうした通常の振り飛車でも「居飛車穴熊対策さえ立てることができれば、まだまだ充分に戦える」と個人的には思う次第である。たまには原点に帰って角道を止めて飛車を振り、本著を引っ下げて堅陣を切り崩そうとしてみるのも悪くはないのではないだろうか。その結果「やはり居飛穴は手強い」「その穴熊に組まれづらい戦法は優秀だ」と再度認識する結果となったとしても、振り飛車党にとっては収穫があったと言えるだろう。
 ただし従来の振り飛車を採用する場合、居飛車穴熊のみならず急戦・左美濃・位取りなどといった居飛車の様々な作戦に幅広く対応する必要がある。特に四間飛車に対する作戦は多様を極めているため、居飛車穴熊と決め打ちしていたら棒銀などの見慣れぬ形に誘導され、定跡が分からず惨敗したなどという顛末にならぬよう用心するべきなのは言うまでもない。

生存報告

右玉に関する言及箇所だけでも買い?~定跡書のような、実戦集のような~

 2011年に入ってから、いやここ2・3年、四間飛車(穴熊はともかくとして)に関する棋書がまったくと言って良いほど上梓されず、筆者にも何となくフラストレーションのようなものが蓄積されている感は否めない。
 角交換型や石田流、ゴキゲン中飛車が振り飛車の主体となった現状では仕方のないことなのだが……と半ば諦めていたら、思わぬところから伏兵が現れた。
 先月発売された『南の右玉』である。
 そもそも右玉を題材としているという点だけでも希少価値が高い。早速書店にて購入、拝読させて頂いた。
 あらかじめお断りしておくが、本書は全編が右玉を題材としているわけではない。右玉に対する速攻を意識しての袖飛車に続き、後半は陽動に類する振り飛車が主体となる。
 また、いわゆる「定跡書」とは一線を画しており、著者の実戦をもとに、序~中盤(ないしは終盤の入り口あたり)までを解説したものとなっている。こう述べると「実戦集」のような印象を受けるが、こういった棋書にありがちな「巻末に対局相手及び棋譜の掲載」という形式も取っておらず、寡黙で「地蔵流」と称される南九段の人柄をあたかも具現化したかのように、何やらつかみどころがない。
 「定跡書」ではないが「実戦集」でもない。どっちつかず、中途半端な印象を受けるかもしれない。そもそもタイトルに「右玉」とあるのに、肝心の当該戦法に関する記述は全体の半分以下である。どことなく肩透かし、期待外れといった印象を受けるかもしれないが、筆者の感想は違った。
 そもそも「右玉」という戦法自体、振り飛車感覚をそのまま発揮できる居飛車の戦法・振り飛車党からの転向を試す場合に居飛車の感覚を取り入れるための試金石・あくまで純粋に振り飛車へこだわる指し手にとっては変化球的な戦法のストック、といった意味合いがある。この点を踏まえれば、本著が後半に「振り飛車」へ関する記載へとつながるのはしごく当然の流れとも言える。
 この一冊のみでは、右玉に関する知識は不足(『とっておきの右玉』どころか、絶版の『右玉伝説』まで遡って補完する必要があるだろう)。さりとて振り飛車に関する箇所も、流行形はおろか今やすっかり廃れてしまった角道を止める四間飛車のような戦法にも、そのまま即座に応用することは難しい。
 だが、拙ブログの内容についてきて頂いたレベルの読者の方々なら、既存の棋書から得た知識ないし実戦経験を踏襲して、新たに南流の感覚(△2七桂や△2八銀と打って桂香を拾いにいき相手を焦らせる一方、攻め合いを急ぐ場合は9筋の突き越しを利用して△9三~△8五桂と跳ねる筋もいとわない、緩急自在のもの)を取り入れることは充分に可能かと思われる。もしこれが実現さえすれば、文字通り一冊で二冊かそれ以上の価値を、この著書は持つこととなるだろう。
 最新定跡に精通した若手やタイトルホルダー、ある戦法におけるスペシャリストなどの棋士による出版が大半を占める中、五十路が近づいた南九段による今回の一冊。いかにも玄人好みであり、読み手を選ぶきらいはあるが、「右玉に関する知識を少しでも得たい」「力戦と称しながら結局は手順が体系化されるのに飽きたらず、本当の力勝負での振り飛車を貫きたい」こういった嗜好を持つ方には強くおすすめできると言えよう。



四間飛車穴熊対棒銀の一変化における素朴な疑問

 一年以上も更新を怠ってしまっていた。読者諸兄におきましては、お久しぶりであると言う他ない。
 近況であるが、実戦からはめっきり遠ざかったものの、気が向いた時くらいは棋書にいちおう目を通してはいる。
 ただし角道を止めるノーマル四間飛車がすたれた影響で、定跡書よりも自戦記などの読み物を好むようになってしまっているのが現状である。

 そんな中、広瀬王位著『四間飛車穴熊の急所』は、圧倒的に美濃囲いの採用率が高い筆者にとっても大変興味深い一冊であった。
 同著で取り上げられているのは「急戦編」と「銀冠編」であり、肝心と思える相穴熊などに関しては「続編で取り上げる」と明記されている。今から非常に楽しみである。

 四間飛車は四間飛車でも穴熊であるから、美濃党かつ実戦感覚から遠ざかっている筆者としては、明快な手順で「振り飛車よし」「振り飛車ペース」「いい勝負」などという結論に対して、いちいちなるほど、と感心するのが精一杯である。
 しかし対棒銀だけは、対四間美濃とはいえ棒銀好きの血が騒いだのか、そもそも自分は対四間穴には角田流なのだがなどと思いつつ、一つだけ心の中でひっかかる変化があった。
 それは今から十年以上前の、二十世紀の記憶であった。必死にその糸をたぐりよせ、保管してある将棋部部内誌のバックナンバーをめくる。
 そしてついに発見した。それが第1図の局面である。
 ただし筆者の実戦ではない。先輩の一人が、大学時代のリーグ戦(団体戦)で他大の方と指した一局である。1998年だからまぎれもなく二十世紀だ。
 しかし局面そのものは、『四間飛車穴熊の急所』P68第6図から後手が△4二金と上がったものとまったく同一である。十年以上の時を経て、世紀を超えて、寸分たがわぬ盤面が出現する。温故知新、将棋の奥深さを改めて実感した気分だ。
 同著では第1図以下▲4五歩の仕掛けに対して△3三金と上がり、十数ページもの項を費やして双方最善を尽くせば「いい勝負」「穴熊が堅いので実戦的には後手が勝ちやすいと思う」と述べられている。その詳細は筆者の専門分野ではないこと、また王位に敬意を表してここでは割愛、同著をご覧頂きたい。
 だが、尊敬する先輩の一人である先手は、本では一言も述べられていない手順で居飛車良しとしてしまった。

第1図 第1図以下の指し手
 ▲1五銀 △3三金 ▲2四歩 △同 歩
 ▲2八飛 △4五歩 ▲同 歩 △3五歩
 ▲4四歩 △同 金 ▲2四銀 (第2図)

 第1図で▲1五銀は、対美濃棒銀にもしばしば出現する筋である。これに対して△1四歩は構わず▲2四歩でまずい。次の▲2三歩成を防ぐ必要があり、銀を取っている暇がないのであれば何のために端を突いたのか分からない。
 △3三金は『四間飛車穴熊の急所』にも出てくる手で妥当な受けと思うが、2筋を突き捨てて▲2八飛がいかにも好調。第2図
 以下振り飛車はさばこうとするも、▲4四歩で角交換の狙いを事前に阻止したのがうまく、▲2四銀と進出に成功し、2筋突破が確約された第2図は居飛車成功であろう。以下の棋譜は筆者の手元に残されていないが、結果は先手勝ち。

 穴熊側としてはどこで変化すればいいのだろうか。▲1五銀に開き直って△3五歩と取り、▲2四歩△同歩▲同銀に△3四飛は考えられそうだ。▲2三銀不成なら△2四飛▲2二銀成(不成)に△2九飛成でさばけた上に二枚替えとなりそうでうまいが、冷静に▲3五銀で押さえ込まれダメか。変化1図
 そもそも先輩は第1図まで遡り、「△4二金に替えて△1四歩としても、▲4五歩△同歩▲2二角成△同飛▲3四歩(『四間飛車穴熊の急所』P69A図の類似形に今度は合流した。同著では「簡単に先手よし」。本手順では金が4一のためさらに居飛車の条件が良い)△3二飛▲6六角△4四角▲同角△同銀▲6五角(変化1図)で良いと思う。つまり、振り穴側は手が間に合わない訳である。」と一刀両断。
「加藤一二三先生ではないが、僕も言いたい。『何故、棒銀を(対四間穴に)指さないのですか?』と。」自戦記の締めくくりの言葉も見事である。

 いかに実戦から遠ざかっているとはいえ、段の実力くらいは保持してしかるべき筆者が疲れた頭で少し考えても、この一連の手順における居飛車棒銀良し、をくつがえすのは容易なことではないと思う。
 それならばなぜ『四間飛車穴熊の急所』で触れられていないのだろうか。本格的な一冊であり、内容も基本から高度な定跡まで一通り網羅されていると思われるというのに。
 最新定跡にめっきり弱く、また四間飛車穴熊は専門外ということもあり、筆者にはさっぱり分かりかねる。何か振り穴側に決定版とも言える対策でもあるのだろうか。一年以上ものブランクを経ての更新早々で恐縮であるが、もしご覧頂いた読者の中でご意見及び知識のある方がおられれば、是非ご教授願いたいものである。
次のページ